• エンタメ
  • 【インタビュー】中条あやみ ティーンに人気の注目モデル 女優の登竜門・ホラー作で映画デビュー
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2014.09.25

【インタビュー】中条あやみ ティーンに人気の注目モデル 女優の登竜門・ホラー作で映画デビュー

スクリーンの中の中条あやみは、美しいけど憂いを秘めたちょっと近寄りがたい雰囲気を漂わせていた。しかし実際に会った彼女は、美しさこそそのままだったが、明るい等身大の17歳の女の子。そんな彼女が、映画『劇場版 零〜ゼロ〜』で、映画初出演にして主演に大抜擢された。モデルとしてこの世界に入り、これまでのドラマ出演作は2本と、決して演技経験が多いわけではないが、監督に怒られながらも、逃げ出すことなく体を張って演じきったという。彼女にとって初めて尽くしとなった作品の観どころから、自身の役どころについて、女の子ばかりの撮影現場での秘話などをたっぷりとお届け!彼女の素顔が見せるパーソナルな部分にも迫ってみた。

文/根岸聖子

現場は女の子だらけでキャピキャピ♥主演で演技の難しさを痛感

メインB_R

——主演映画『劇場版 零〜ゼロ〜』は、初めての映画出演で主演、そしてジャンルがホラーと、とにかく初めて尽くしな作品になりましたね。

中条 はい。階段から落ちたり、ワイヤーに吊されたり、女の子とのキスシーンがあったり水の中に潜ったりと、体当たりなことだらけでした。初めての体験が盛りだくさんでした。

——撮影に入る前に準備したことは?

中条 合唱のシーンがあるので、みんなで集まって歌の練習をしたんですけど、かなりスパルタでした(笑)。あとホラー映画は、普段は怖くてひとりじゃ観られないタイプなんですけど、勉強のために、『アナザー Another』『着信アリ』『リング』などを一気に観ました。

——現場に入るときも、緊張感やプレッシャーなどはありましたか?

中条 きっと怖い感じなんだろうなぁと思っていて、セットを見たときも十字架があったりしてドキドキしていました。こういうところで撮影したら、きっと怖いんだろうなぁって。それが始まってみたら、意外と現場はゆる〜い感じで(笑)。スタッフさんも明るいし、共演者も女の子ばかりで明るいから、結果、ずっとキャピキャピしていたっていう(笑)。監督も、カメラが回っているときは厳しかったけど、それ以外は優しかったです(笑)。ホラー映画を撮っているという感覚はあまりなかったです。

——お芝居の面で難しかったことは?

メインC_R

中条 設定上、前半と後半でお芝居を変えなければいけないんですけど、撮影する順番がバラバラだったので、人格的な変わり方は、やっぱり難しかったです。部屋に閉じこもっている前半のシーンを撮ったあとに卒業式のシーンとか、時間が経っていたりしたので、話の繋がりを意識しないといけない難しさがあり、よく指導されていました。

——かなり鍛えられたんですね。女の子たちはみんな可愛いし、フィルムで撮っていることもあり、映像はとても幻想的で美しかったです。中条さんは完成した作品を観て、どう感じましたか?

中条 シーンをバラバラに撮影していたので、こういうストーリーに仕上がったんだっていう驚きもありつつ、たくさんの人が関わってできた作品であり、主演ということでの不安、緊張があっただけに、すごく感動しました。エンドロールが流れたときは、ちょっとウルッとしちゃいました。

——体を張るシーンで特に大変だったのは?

中条 最初の方にやった階段から落とされるシーンです。実際、階段から落とされたことなんて経験ないから、どういう動きをしていいかわからなかったんです…。“もっと押されている感じで!”と監督に言われても、“えっ!?どういう…?”って。押されるのがわかっている上でのリアクションじゃなくて、突然押されましたっていう感じを出してと言われて、確かにそうしなきゃいけないんですけど、やるのは難しかった…。泳いでいるときも、お芝居をしているときはあまりバタバタしないようにって言われたんですけど、でも足着かない!って。とにかく大変でした(笑)。

——逆に楽しかったことは?

中条 私は森川(葵)さんとのシーンが多くて、他のメンバーとはあまり接点がなかったんですが、地方ロケでは同じホテルに泊まっていて。私と森川さんの部屋に、小島(藤子)さんと萩原(みのり)さんが遊びに来てくれて、みんなでお菓子を買って、おやつパーティをしたんです。女子校みたいで楽しかった♪

モデル&女優もこなす香里奈が憧れ ティーンに人気の中条あやみの素顔

サブ1_R

——モデルとして交流がありつつ、今回、初共演となった森川葵さんの印象は? キスシーンはドキドキしましたか?

中条 向かい合って演技をするシーンが多かったのですが、自分よりも演技の経験があるし、台詞への感情の込め方とか、いろんな部分で勉強になりました。キスシーンは、何回も撮るのかと思っていたら、意外と2回ぐらいでOKが出たので、“あれ、終わり?”って(笑)。

——映画の舞台は独特の雰囲気があるミッション系の女子校ですが、中条さんは女子校?共学?

中条 私は共学だったんですけど、周りには女子校の友だちもいて、彼女たちは“おじさん系女子”なんですよ(笑)。なので、女子校=キラキラしているって感じじゃないんだなって。私も男の子が少ないクラスだったので、なんとなくわかるというか。

——この映画に出てくるような、学校内の怪しい噂や都市伝説ってありました?

中条 小学校のときに、消しゴムに好きな子の名前を書いて、使い切ったら成就するみたいなおまじないはやりました。名前は書いてみたけど、使い切ったことはなかったです(笑)。そういうちょっとしたネタとか、流行には一応乗っていました(笑)。教室で“コックリさん”をやったり、肝試しに参加してみたり。でも、本当に怖い思いをしたことはないです。

サブ3_R

——実際に、周囲でナゾの事件が起きたら、中条さんは解決すべく行動を起こしますか?

中条 責任感というか、何とかしなきゃ!っていう思いは強いので、自分から動いていくタイプだと思います。そこは、演じたアヤと似ていますね。好奇心の方が勝って、ドキドキしながらも暗い部屋などに入っていっちゃうと思います(笑)。

——今回の役どころは“学園のカリスマ的存在”ですが、中条さんにとってカリスマ的存在の人はいますか?

中条 事務所の先輩の香里奈さんがすごい憧れです。モデルと女優の両方をやられているのもそうですし、カッコ良くて優しい先輩なので、香里奈さんみたいになりたいなって思います。ドラマ『SUMMER NUDE』(フジテレビ系)で共演させていただいたのですが、スタジオで会った時は「元気?頑張ってね!」って声をかけてくれたりして。

——最後に、この映画で中条さんのお気に入りポイントはどんなところ?

中条 フィルムで撮影しているところと、独特の制服やミッション系なところです。シーンで気に入っているのは、卒業のところです。細かく話すとネタバレになってしまうので、ぜひ映画館で観てください!

【主題歌を手掛けたJAMOSAから中条あやみへ】

JAMOSAweb

JAMOSA 呪いの当事者でもあり、学校内の女子全員から憧れられるアヤを演じる中条さんは、実際にお会いしたらやっぱりキレイでカリスマ性を感じました。映画の中である重大な真実を受け入れる場面での彼女の演技は、特に印象深いです

JAMOSAのインタビューはコチラ

RECOMMEND

【インタビュー】森川葵 人気ホラーゲームがついに映画化!物語のカギとなる女子高生役を熱演

スクリーンの中の中条あやみは、美しいけど憂いを秘めたちょっと近寄りがたい雰囲気を漂わせていた。しかし実際に会った彼女は、美しさこそそのままだったが、明るい等身大の17歳の女の子。そんな彼女が、映画『劇場版 零〜ゼロ〜』で、映画初出演にして主演に大抜擢された。モ . . . 続きを読む

【インタビュー】JAMOSA 描いたのは“女性からみた愛の形” 音楽の力を信じるシンガーが放つ決定打

スクリーンの中の中条あやみは、美しいけど憂いを秘めたちょっと近寄りがたい雰囲気を漂わせていた。しかし実際に会った彼女は、美しさこそそのままだったが、明るい等身大の17歳の女の子。そんな彼女が、映画『劇場版 零〜ゼロ〜』で、映画初出演にして主演に大抜擢された。モ . . . 続きを読む

4月期ドラマに2本出演!女優・有村架純のブレイクのヒミツは強い目ヂカラと露出戦略

スクリーンの中の中条あやみは、美しいけど憂いを秘めたちょっと近寄りがたい雰囲気を漂わせていた。しかし実際に会った彼女は、美しさこそそのままだったが、明るい等身大の17歳の女の子。そんな彼女が、映画『劇場版 零〜ゼロ〜』で、映画初出演にして主演に大抜擢された。モ . . . 続きを読む

【インタビュー】平田薫 監督に嫌われる覚悟で自分の想いをぶつけながら演じた

スクリーンの中の中条あやみは、美しいけど憂いを秘めたちょっと近寄りがたい雰囲気を漂わせていた。しかし実際に会った彼女は、美しさこそそのままだったが、明るい等身大の17歳の女の子。そんな彼女が、映画『劇場版 零〜ゼロ〜』で、映画初出演にして主演に大抜擢された。モ . . . 続きを読む

【インタビュー】桜田通 ストーカー役で新たな一面を開花 僕にくれた最高の出会い

スクリーンの中の中条あやみは、美しいけど憂いを秘めたちょっと近寄りがたい雰囲気を漂わせていた。しかし実際に会った彼女は、美しさこそそのままだったが、明るい等身大の17歳の女の子。そんな彼女が、映画『劇場版 零〜ゼロ〜』で、映画初出演にして主演に大抜擢された。モ . . . 続きを読む

【インタビュー】渡部秀 新人刑事、ただいま捜査中! 刺激だらけの充実した日々

スクリーンの中の中条あやみは、美しいけど憂いを秘めたちょっと近寄りがたい雰囲気を漂わせていた。しかし実際に会った彼女は、美しさこそそのままだったが、明るい等身大の17歳の女の子。そんな彼女が、映画『劇場版 零〜ゼロ〜』で、映画初出演にして主演に大抜擢された。モ . . . 続きを読む

下田美咲に聞いた好きな映画BEST3

スクリーンの中の中条あやみは、美しいけど憂いを秘めたちょっと近寄りがたい雰囲気を漂わせていた。しかし実際に会った彼女は、美しさこそそのままだったが、明るい等身大の17歳の女の子。そんな彼女が、映画『劇場版 零〜ゼロ〜』で、映画初出演にして主演に大抜擢された。モ . . . 続きを読む

家入レオがグッときたオススメの恋愛映画DVD BEST3

スクリーンの中の中条あやみは、美しいけど憂いを秘めたちょっと近寄りがたい雰囲気を漂わせていた。しかし実際に会った彼女は、美しさこそそのままだったが、明るい等身大の17歳の女の子。そんな彼女が、映画『劇場版 零〜ゼロ〜』で、映画初出演にして主演に大抜擢された。モ . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense