• ライフスタイル
  • ハリウッド出演は学びの宝庫!森崎ウィンがこれまでの人生の中で印象的だった出来事BEST3
CONTENTS
Home
  • ランキング
  • 2018.06.20

ハリウッド出演は学びの宝庫!森崎ウィンがこれまでの人生の中で印象的だった出来事BEST3

morisaki-win

1st visual&interview book『Win-Win』(SDP)を発売した森崎ウィン。俳優のほか、ダンスボーカルユニット・PrizmaXのメインボーカルとしても活躍している彼が、ミャンマーで生まれ育った幼少期から、現在に至るまでを赤裸々に語っている。そこで、これまでの人生の中で印象的だった出来事を直撃!森崎らしく、素直な想いを語ってくれました!!

文/杉江優花

【森崎ウィン サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
この記事下にキーワードが出ています。そのキーワードを応募フォームに入力しご応募ください!!詳しい応募方法は、掲載中のプレゼント企画記事をチェック!

映画『レディ・プレイヤー1』への出演



『レディ・プレイヤー1』という大作でダイトウ役を演じられたこともそうだし、映画公開時にいろいろなバラエティ番組に出演させていただいたことにしても、やっぱりこれまでの人生の中で一番大きな出来事ですね。単独で稼働することも多くなって、いろいろな経験ができているなと思います。変装せずに街を歩いても全然声をかけられなくて、むしろ寂しいくらいですけど(笑)。ちなみに、PrizmaXのメンバーからは「おもしろい作品だね」とか、誰もが言いそうなことしか言われていません(笑)。

「抱きしめて行く」発売


REBORN(黄盤)
4thシングル「REBORN」に収録の「抱きしめて行く」は、僕が作曲をし始めた頃に生まれた曲で、ライヴで初めて披露した自作曲だけに思い出深いんです。失ってしまった大切な人への想いを綴っている歌詞で、「これって実話なの?」ってよく聞かれますけど……ひとつ言えるのは、経験しないと書けないこともあるということ。そして、曲を作るというのは自分と向き合って、新しい表現が見つかる楽しい作業なので、これからも続けていきたいです。

『Win-Win』(SDP)発売


Win-Win_Cover
弱冠27歳にして自分の人生を振り返る本を出すなんて、印象的すぎて。家族にはまだちゃんと報告していないものの、一緒に住んでいながらも生活リズムが違ってなかなか会えない父親は、Facebookを通じて「本を出すんだよね、すごいね」って言ってくれました。メンバーは、「おめでとう」とか相変わらず誰もが言いそうなことを言ってくれていますけど(笑)。『Win-Win』にしても、PrizmaXをよりたくさんの人に知ってもらえるきっかけになったら嬉しいです。

森崎ウィンから書籍『Win-Win』についてコメントが到着!

「グループとしてではなく単独で書籍を発売するって聞いたときには“僕でいいんですか!?”って驚きました。実際に人生を振り返るインタビューが始まってみると、自分がどういう人間なのかを知ることもできる反面、過去の自分と改めて向き合って、時には触れられたくない部分もあったりするわけで……正直言って怖いな、しんどいなと思う瞬間もあったんですよ。でも、信頼関係で結ばれているスタッフの方が僕に真っ直ぐ対峙して話を聞いてくれるのだから、僕が自分をさらけ出さないと、聞き手もデッサンできないだろうなと覚悟をしまして。いろいろな出来事やそのとき感じたことをだいぶ正直に、赤裸々に語ったし、27年の中で僕が変わってきたいくつもの瞬間を感じ取ってもらえるのではないかなと思います。

そして、この本が読んでくださる方にとっての息抜きになったり、ちょっとした隙間を埋めるものになったりしたらいいなと願っています。今後も、表現する人間としていろいろなチャレンジをしていきたいわけですが……10年後、もしアカデミー賞を受賞できていたら、『Win-Win』からの10年を語る『Win-Win 2』を出したいですね」

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
「光栄」

応募の詳細>>【プレゼント企画】森崎ウィン サイン入りチェキ プレゼント




あなたへオススメの記事


RECOMMEND
PrizmaX_morisaki-win

ギャップ萌えに好きが止まらない!PrizmaX・森崎ウィンが女性だったら付き合ってみたいEBiDANメンバーBEST3

1st visual&interview book『Win-Win』(SDP)を発売した森崎ウィン。俳優のほか、ダンスボーカルユニット・PrizmaXのメインボーカルとしても活躍している彼が、ミャンマーで生まれ育った幼少期から、現在に至るまでを赤裸々に語ってい . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense