• ミュージック
  • 米津玄師、ドラマ『アンナチュラル』主題歌「Lemon」が7週連続1位!さらに3週連続で6曲がトップ10入り!<歌ネット週間ランキング>
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2018.04.03

米津玄師、ドラマ『アンナチュラル』主題歌「Lemon」が7週連続1位!さらに3週連続で6曲がトップ10入り!<歌ネット週間ランキング>

米津玄師がまたしてもトップ3を独占。これで「Lemon」は7週連続1位を獲得しており、まだまだこの勢いは衰えそうにない。なお米津の楽曲は6曲がトップ10内に同時ランクインしており、この結果も3週連続となっている。2017年11月リリースのアルバム『BOOTLEG』を経て、3月リリースのシングル「Lemon」で人気を不動のものにしたことが窺える。

注目したいのは、8位の「春雷」と9位の「ピースサイン」。いずれも『BOOTLEG』収録曲で、上位3曲の圧倒的な人気に引っ張られて、徐々にランクアップしてきている印象だ。「春雷」は、ワンフレーズの中に言葉をぎゅっと詰め込んだ実に米津らしい1曲。<揺れながら踊るその髪の黒><真っ白い肌>を持つ<あなた>は、まるで春の雷のように<僕>の心を惑わす。<あなた>の存在により、<僕>の心は<深い惑い 痛み 憂い>で満たされ、<深く深く迷い込んだ>状態に。激烈な恋に支配される様子が鋭い言葉で綴られており、なんとも心を揺さぶられる。一方「ピースサイン」は、ハンドクラップが印象的なリズミカルなナンバー。憤りや戸惑いを歌うことの多い米津が、本作ではそれでも前を見て進んでいく姿を描く。<君が弱くないのはわかってた それ以上に僕は弱くてさ>という、等身大の<僕>。けれども、<僕たちは きっといつか遠く離れた 太陽にすら手が届いて 夜明け前を手に入れて笑おう>と晴れやかな明日をしっかりと夢見る。思い通りにいかない日々を斜めから見て憂うのではなく、<おぼろげな街の向こうへ 手をつないで走っていけるはずだ>とストレートに表現しているのは実に清々しい。

どちらも1曲を通して心の中が変化していく楽曲であり、歌詞自体もとても読み応えがある。米津の世界に引き込まれるような言葉選びも魅力的で、多くの人の心を捉え続けているのも納得だ。

今週6位にランクインしたあいみょん「愛を伝えたいだとか」も、2月18日付ランキングからトップ10内をキープしている人気曲。2017年5月リリースながら、2月11日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)にて本作をセッションしたことで一気に話題になった。<健康的な朝だな こんな時に君の“愛してる”が聞きたいや><今日は日が落ちる頃に会えるの?>など、<僕>の<君>への愛しくてたまらない様子が綴られた魅力的な1曲だ。

また7位のAimer「カタオモイ」も最新曲ではなく、2016年9月リリースのアルバム『daydream』収録曲。andropのボーカル&ギター・内澤崇仁が提供・プロデュースした楽曲であり、3月7日リリースのandropアルバム『cocoon』にてAimerと1年半ぶりのコラボを果たして再び話題になったよう。本作も「愛を伝えたいだとか」同様、<僕>の<君>への気持ちが溢れた歌詞となっている。

NEW_utanet_logo文/木村桂子



あなたへオススメの記事


RECOMMEND

米津玄師、5週連続1位のドラマ『アンナチュラル』主題歌「Lemon」を筆頭に6曲がランクイン!<歌ネット週間ランキング>

米津玄師がまたしてもトップ3を独占。これで「Lemon」は7週連続1位を獲得しており、まだまだこの勢いは衰えそうにない。なお米津の楽曲は6曲がトップ10内に同時ランクインしており、この結果も3週連続となっている。2017年11月リリースのアルバム『BOOTLE . . . 続きを読む

米津玄師のドラマ『アンナチュラル』主題歌「Lemon」が3週連続1位!Little Glee Monster「ギュッと」が初登場!!<歌ネット週間ランキング>

米津玄師がまたしてもトップ3を独占。これで「Lemon」は7週連続1位を獲得しており、まだまだこの勢いは衰えそうにない。なお米津の楽曲は6曲がトップ10内に同時ランクインしており、この結果も3週連続となっている。2017年11月リリースのアルバム『BOOTLE . . . 続きを読む

【ライヴレポ】back number、自身最大規模のアリーナツアーを沖縄公演で完遂!「自分たちが良いと思う曲と歌詞を作り続ける」

米津玄師がまたしてもトップ3を独占。これで「Lemon」は7週連続1位を獲得しており、まだまだこの勢いは衰えそうにない。なお米津の楽曲は6曲がトップ10内に同時ランクインしており、この結果も3週連続となっている。2017年11月リリースのアルバム『BOOTLE . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense