• ミュージック
  • 【インタビュー】さくらしめじ 1stアルバムから感じられる確かな可能性 貪欲なふたりが奏でる多彩なめろでぃー♪
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2018.04.04

【インタビュー】さくらしめじ 1stアルバムから感じられる確かな可能性 貪欲なふたりが奏でる多彩なめろでぃー♪

20180404sakurashimeji

高校生ふたり組ギターフォークデュオのさくらしめじが、4月4日に1stフルアルバム『ハルシメジ』をリリース。疾走感&日常感溢れる「スタートダッシュ」、それぞれが作詞を手掛けた個性溢れるナンバー、中学生時代からスタートした“菌活”による全国の旅を終えて生まれた初の自作曲「おもいでくれよん」など、成長著しいふたりの表現欲がぎっしり詰まった作品は実に彩り豊か。作品について、お互いについて語る彼らの言葉には、変わらない真っ直ぐさも滲んでいます!

文/杉江優花

【さくらしめじサイン入りチェキ プレゼント企画開催】
2日〜4日に掲載されるランキング&インタビュー記事下に3つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、4日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

田中雅功はプチ反抗期中!?お互いの作詞曲を大絶賛!!

――初のフルアルバムにはふたりの表現欲がぎっしり詰まっていて。疾走感&日常感溢れる「スタートダッシュ」に始まり、Every Little Thingの伊藤一朗氏とコラボした「靴底メモリー」、ロックに振り切った「ねこの16ビート」、それぞれが作詞を手掛けた個性溢れるナンバー、中学生時代からスタートした“菌活”を経て生まれた初の自作曲「おもいでくれよん」と、本当に彩り豊かな作品だなと。
雅功 結成から約3年半、初めてのフルアルバムで、これまで培ってきたものをギュっと詰め込めたし、いろいろな曲から僕たちの可能性も感じていただけるのではないかなと思います。
彪我 なおかつ、歌詞を読んでいただければわかる通り、さくらしめじらしさもちゃんとあるので。新しいようでさくらしめじらしい1枚にできました。
――作詞に参加されたリード曲「スタートダッシュ」の歌詞にしても、さくらしめじらしく登校中のリアルを綴っていたりして。
雅功 そう、リアルなんですよ。中でも自分の気持ちがすごく重なるのは、<頭の中流れてる メロディーに乗り飛び込むよ パラレル世界へと>というサビの部分。音楽を聴きながら歩くと、曲によって歩き方や歩幅、テンションも変わるし、まさにパラレル世界に飛び込んでいくようなワクワク感があるので。
彪我 うんうん、わかる。僕は、<学校までの道のりは いつでもなんか退屈だから 駅まで伸びる歩道で一人 絡まるイヤホン解いたら 両耳にあふれ出す物語 ページをめくるように コピペしたような日々の 色を変えてくれる>という、1番のAメロが好き。ロックな曲を聴いた朝とバラードを聴いた朝では空の見え方が違ったりもするし、そういう僕の日常がすごく表されているなと思います。
――そんなふたりは貪欲でもあって、「夕空小道」では彪我さんがノスタルジックな歌詞を、ファンキーなロックチューン「でぃすとーしょん」では雅功さんが反抗期真っ盛りな歌詞を書いていますが、お互いにどう感じているのでしょうか。
雅功 「夕空小道」は、彪我にしか書けない歌詞ですよ。“夕陽”をテーマに、夕陽が沈み月が出るところまでの時間の流れや景色の移ろい、その音も匂いも全部言葉で表現しているから、聴きながら情景が見えるし、匂いも感じるっていう。勉強になるところしかないし、僕は彪我の書く情緒ある歌詞が本当に好きですね。
彪我 いやぁ……もう、雅功さんの説明が素晴らしい!(笑)。「でぃすとーしょん」の歌詞は、プチ反抗期中な今の雅功ならでは。サビの最後が<今日のところは ひとまず撤退>っていうのがまた、雅功っぽかったりする(笑)。ちなみにこれ、お母さんに読まれても……。
雅功 うちはね、反抗期ウエルカムな感じだから大丈夫。彪我は、反抗期じゃないの?
彪我 自分ではまだだと思っているんだけど……一度にふたつのことができないタイプだからひとつのことに没頭していると、お母さんが話しかけてきても気付かなかったりして。そうすると、無視していると思われて、「反抗期なの?」って疑われます(笑)。
――弁明はしないんですか。
彪我 そうじゃないんですけどね、って心の中で思いますね。変に弁明しちゃうと、それこそ大惨事になるので(笑)。
雅功 これまでに大惨事になったことがあるんだね(笑)。
彪我 うん(笑)。「でぃすとーしょん」は、そんな僕が聴いてもモヤモヤが解消される曲です。

髙田彪我の“スピード”が昔に逆戻り!?日常で成長したこととは?

――そして、作品の最後を飾る「おもいでくれよん」は、47都道府県を巡るフリーライヴツアー“菌活”を経て生まれた曲なんですよね。
雅功 “菌活”をしていたのは、中学生のとき。初めてふたりで作詞・作曲した「おもいでくれよん」には、その時期だからこそ感じられたこと、想いが詰まっています。
彪我 中3の頃にこの曲を作って、この4月には高2になる僕らですけど、根本にあるのはこの曲みたいな真っ直ぐな気持ち。この先も、さくらしめじの大切な曲として、「おもいでくれよん」を歌っていきたいなと思っています。
雅功 うん、胸を張ってね。
――歌にも演奏にも言葉にも表現する人としての成長が著しいなと感じる作品ですが……日常の中でもお互いに成長を感じたりしますか?
雅功 食べるの早くなった?
彪我 いや、逆に遅くなった。クラスの子と一緒にお弁当を食べていると、これまでは最初に食べ終わっていたのに、この頃は最後から2番目くらい。
雅功 それはほら、大人になって味わって食べるようになったからじゃない?
彪我 なるほど!じゃあ、それは成長かも(笑)。
雅功 僕は、前はできるだけ歩きたくなかったんですけど、なるべくたくさん歩くよう心掛けているうちに、最近は歩くのが楽しくなってきて。歩きながら曲や歌詞のヒントが生まれてきたりもするから、そういう時間を大切にしたいですね。
――7月28日には、昨年夏からスタートした初のライヴハウスツアー“菌育”を締め括る“菌育ファイナル”が東京・日比谷野外大音楽堂にて開催されますが、どんな想いで臨みますか。
雅功 初の野外ライヴ、これまでで一番大きな会場なので、ワクワクドキドキしつつ……先輩であり野音経験者のDISH//さんから「真夏の野音はめちゃめちゃ暑い!」と聞いているんですけど、暑さをしのぐ熱いライヴをしたいね。
彪我 そうですね。観てくださる方が多ければ多いほど、ひとつになるのは難しくなると思うんですよ。でも、とにかく思いきり楽しんで楽しませて、みんなでひとつになれるライヴをしたいと思います!

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
3つ目→「性

応募の詳細>>【プレゼント企画】さくらしめじ サイン入りチェキ プレゼント




あなたへオススメの記事


RECOMMEND
20170823sakurashimeji

【インタビュー】さくらしめじ「こんなに仲良いグループないんじゃない」一歩大人に近づいたふたりが背中を押す!

高校生ふたり組ギターフォークデュオのさくらしめじが、4月4日に1stフルアルバム『ハルシメジ』をリリース。疾走感&日常感溢れる「スタートダッシュ」、それぞれが作詞を手掛けた個性溢れるナンバー、中学生時代からスタートした“菌活”による全国の旅を終えて生まれた初の . . . 続きを読む

20170321sakurashimeji

【インタビュー】さくらしめじ 「雅功さんはもう、素晴らしくて見習うべき存在」 1stミニアルバム制作で感じた成長と変化

高校生ふたり組ギターフォークデュオのさくらしめじが、4月4日に1stフルアルバム『ハルシメジ』をリリース。疾走感&日常感溢れる「スタートダッシュ」、それぞれが作詞を手掛けた個性溢れるナンバー、中学生時代からスタートした“菌活”による全国の旅を終えて生まれた初の . . . 続きを読む

sakurashimeji_bounenkai01

【ライヴレポ】さくらしめじが毎年恒例の“忘年会”を開催!カラオケ大会では超特急の楽曲も披露!!

高校生ふたり組ギターフォークデュオのさくらしめじが、4月4日に1stフルアルバム『ハルシメジ』をリリース。疾走感&日常感溢れる「スタートダッシュ」、それぞれが作詞を手掛けた個性溢れるナンバー、中学生時代からスタートした“菌活”による全国の旅を終えて生まれた初の . . . 続きを読む

sakurashimeji_kiniku01

【ライヴレポ】さくらしめじがELT・伊藤一朗とコラボ!来夏、日比谷野音も決定!!

高校生ふたり組ギターフォークデュオのさくらしめじが、4月4日に1stフルアルバム『ハルシメジ』をリリース。疾走感&日常感溢れる「スタートダッシュ」、それぞれが作詞を手掛けた個性溢れるナンバー、中学生時代からスタートした“菌活”による全国の旅を終えて生まれた初の . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense