• ミュージック
  • 【ライヴレポ】超特急が“男祭り”で新曲初披露!超レア曲「Bad Boyz」も罰ゲームで歌唱!!
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2018.03.22

【ライヴレポ】超特急が“男祭り”で新曲初披露!超レア曲「Bad Boyz」も罰ゲームで歌唱!!

メインダンサー&バックボーカルグループ、超特急が、3月21日に東京・渋谷CLUB QUATTROにて、男性限定ライヴ『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.04』を開催した。

2015年からスタートした超特急の『BOYS GIG』。今年で4年連続の開催となり、すでに超特急の恒例行事となっている。男性だけの8号車(ファンの呼称)が集結しての、パワーみなぎる男祭りが今年も展開。即完売となった本公演では、4月4日に発売される新体制初のシングル「a kind of love」が初披露された。

超満員の男8号車の野太い歓声の中、超特急のメンバーがステージに登場。ユーキが「お前ら、もっと声出せるだろう!野郎ども、今日は最高の1日にしようぜ!」と声を上げ、ファンキーなアップチューン「BREAK OFF」からライヴがスタート。続けざまに「Believe×Believe」、ユースケの雄叫びとともに「バッタマン」をたたみ込み、会場のボルテージは怒涛の盛り上がり。

MCで、タカシが「男8号車、今日は周りを気にせず、思う存分声出していきましょう!」と語ると、グルーヴィーなナンバー「DJ Dominator」を披露。間奏でメンバーがダンスソロを見せ、タクヤが「男!男!」のコール&レスポンス。「Bloody Night」で会場をミステリアスなムードに染め、さらに力強いエレクトロニックチューン「Kura☆Kura」で男8号車を熱狂させる。

ライヴ中盤戦は、男祭りにしかできないコーナー「押忍押忍押忍 押忍の心でお前を倒す!」が開催。会場から選ばれた男8号車6人が、超特急と直接対決を行うこととなった。1回戦は、「息を合わせて食べやがれ!シュークリーム二人羽降り」で、カイとユーキ、8号車2名がバトルし8号車が勝利。2回戦は「ハグして弾けろ!風船割り」で、リョウガとタカシが8号車と対戦。猛烈な勢いで風船を割る8号車タッグが勝利となった。3回戦は、「この一本でねじ伏せるぜ!腕相撲」で、ユースケと筋骨隆々な8号車が対戦。速攻で負けたユースケはリベンジマッチを要求。すぐに再戦するも、秒殺でユースケが完敗となった。そして4回戦は、「宝を探して粉まみれ!小麦粉飴ちゃん探し」で、タクヤが8号車と対決。両者粉まみれになりながら飴を探し、この勝負も8号車の勝ち。タクヤが全く飴を見つけられず、見かねたメンバー全員で飴を探し、気付けば全員の顔面は粉まみれになる展開に。

男8号車連合軍に完敗した超特急は、レア曲をワンフレーズ披露する罰ゲームとなる。ルーレットで選ばれた楽曲は、音源化されていないレア中のレア曲「Bad Boyz」。焦るメンバーは、カンペを見ながらグダグダになりながらもなんとか歌唱した。

一緒に楽しい空間を作り、ますます仲を深めた超特急と男8号車。「明日からも頑張っていくみなさんを応援する意味を込めて、この曲を送ります」というタカシの声から、「Yell」を爽快に歌唱。そして、ハイテンションの高速ロックチューン「PAPAPAPA JUMPERS」で会場は一気にヒートアップ。ユーキとユースケは客席に2回もダイブを敢行した。「浮つきWAVES」で、会場全体でタオル回してライヴの勢いはさらに加速する。燃え上がった超特急と8号車は、もはや暴走機関車のごとく止まらない。ラストチューンの「Burn!」でXポーズとジャンプの嵐となって本編は終了した。

男8号車の濃厚なアンコールに応えて、ステージに戻った超特急は、4月4日にリリースされる新体制初のシングル「a kind of love」を初お披露目。きらめく想いが詰まった爽やかなメロディを躍動感溢れるダンスで届け、会場は大きな拍手に包まれた。ラストチューンは「超えてアバンチュール」。メンバーの渾身のパフォーマンスと、8号車の「オイ!オイ!」の歓声が轟き、強烈な一体感が作り上げられライヴは締め括られた。

最後のMCで、タカシは「男どもの反応めちゃくちゃ楽しかったぞ!」とシャウト。リョウガは「今日は6人体制になって初めての新曲「a kind of love」を初披露させていただきました。ここにいる男8号車、いや、全8号車、いや、全人間に聴いてもらって、超特急の輪を広げていきたいです。そして、もっと男たちの絆をどんどん濃く熱く深く強めて、来年もっともっと大きな会場で、男たちと最高の祭りをしたいです。男8号車、これからのライヴも周りの目を気にしなくていいから、オレたちがいるから、盛り上がりましょう!」と声を上げ、会場から大きな歓声が送られた。

灼熱、汗だく、混じりっけなしの男性ホルモンが放出された、エナジーたっぷりのクレイジーな男祭りとなった。

写真/米山三郎、西村廣起 文/土屋恵介



<セットリスト>
1.BREAK OFF
2.Believe×Believe
3.バッタマン
4.DJ Dominator
5.Bloody Night
6.Kura☆Kura
7.コーナー
8.Yell
9.PAPAPAPA JUMPERS
10.浮つきWAVES
11.Burn!
-アンコール-
EN1.a kind of love
EN2.超えてアバンチュール


あなたへオススメの記事


RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense