• ミュージック
  • 【インタビュー】TAMTAM “ダブバンド”が示した新機軸 大きな可能性を持つ進化の証
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2014.09.17

【インタビュー】TAMTAM “ダブバンド”が示した新機軸 大きな可能性を持つ進化の証

本格的なダブを軸にしながら、ポストロック、クラブミュージックなどを融合した個性的なバンドサウンド。そして、女性ボーカル・Kuroが生み出すSF的イメージを持った歌の世界によって、大きな注目を集めているTAMTAM。音楽シーンをざわつかせ始めた彼らが、1stフルアルバム『Strange Tomorrow』を9月17日にリリースする。カラフルかつアグレッシブなサウンド、さらに深みを増したボーカルがひとつになった本作は、より幅広いリスナーに浸透することになりそうだ。メンバー全員が“手応えを感じている”と語る本作について聞いた。

文/森朋之

「肉体的、攻撃性みたいなものも入れようと。とことんこだわって作るっていうのもひとつの目標でした」

――前作のミニアルバム『For Bored Dancers』を大きく進化させた、素晴らしいアルバムだと思います。

Kuro(Vo/Trumpet) 自分たちとしても、またひとつジャンプアップできたかなっていう気がしてますね。前作をリリースしてからライヴの本数を増やしてきたんですけど、お客さんに対するアプローチも積極的になってきたんです。作品性はもちろんですけど、それプラス、グッと前に乗り出す感じもCDに込められてるんじゃないかなって。

Affee Takahashi(Dr) ライヴ感を高めることだったり、肉体的、攻撃性みたいなものも入れようと思ってたんですよね。あとは手間暇を惜しまず、とことんこだわって作るっていうのもひとつの目標でした。実際、密度の濃いフルアルバムになったと思いますね。

Tomomi Kawamura(Key) アルバムの流れで聴くと、自分でも“いいな”って思うんですよね。

Kuro それ、超いいじゃん(笑)。

Yuthke Suzuki(G) 俺も毎日聴いてますよ。再生回数も既に30回とかになってて、“じつは俺、TAMTAMのファンなんじゃないか?”って(笑)。

Junet Kobayashi(B) ハハハハハ。

Yuthke いままでの延長線上の曲もありつつ、ロックっぽい要素だったり、もっとカラフルな音も入っていて。

――意図的にサウンドの幅を広げた?

Yuthke 狙ってやってるところもあるし、バンドだから“音を出してるうちに、新しい要素が入った”っていうこともありますね。いろんな音が入ってるから、バランスを考えつつ、行くところは思い切って行くっていう感じで。

――アグレッシブな曲が多いから、ライヴでもパワーを発揮しそうですよね。

Junet 既にライヴでやってる曲も多いんですけど、以前よりも手を上げたり、踊ってくれるお客さんも増えてきて。じっと見てくれてる人もいるし、それぞれの楽しみ方をしてくれてるんじゃないかって、信じてます(笑)。

――特に思い入れがある楽曲というと?

Yuthke 僕は「ナッシング・バット・ア・ガール」が圧倒的に好きですね!この曲の再生回数は50回を超えてます(笑)。

Junet 本当にファンみたいだな(笑)。

Yuthke まず、歌詞がいいんですよね。寂しげに始まって、寂しいまま終わるっていう…。

Kuro 寂しい…(笑)。

Yuthke 儚いところもあるんですけど、楽曲自体はガッと盛り上がるところもあって。<遠くへ遠くへ>っていう歌詞があるんですけど、本当に遠くへ行っちゃうような感じがあって、そこも好きですね。何ていうか、ハードコアなエモーションが詰まってると思うんですよ。

Kuro 私は「エンジョイ・アワー・フリータム」ですね。始まりは物悲しいんですけど自分的にはすごいパーティ・ソングだと思ってるんです。ミラーボールが回っているようなイメージというか。サウンドの方向性も、この曲だけ少し違うんですよ。楽器の“生”感が出てるというか…。ボンゴとかコンガも入ってるよね?

Affee うん、入ってる。

Kuro 私が演奏するトランペットも入ってて、楽しいサウンドになってるんですよね。歌詞のイメージは大名行列です(笑)。

Tomomi 僕は「パーフェクト・ウェザーリポート」で。他の曲は攻めてる感じなんですけど、この曲はちょっと穏やかなイメージなんですよ。

Kuro もともと(Tomomiは)カラフルなコード進行が得意だからね。

Tomomi 自分の色を強く出しても、TAMTAMの音楽でなくなることはない、というか。そういう感覚はさらに強くなってますね。

Affee シューゲイザー(※ロックのスタイルのひとつ。フィードバック・ノイズやエフェクターなどを使用して作った歪んだギターサウンド、ミニマルなリフの繰り返し、ポップなメロディを際立たせた浮遊感のあるサウンド、囁くように歌い上げるボーカルなどが、シューゲイザーの一般的特徴といわれる)の要素もありますね、この曲は。サイケデリックでカラフルな感じというか。そこはYuthkeさんのセンスなんですけど。

Yuthke シューゲイザーっていうと、マイブラ(マイ・ブラディ・バレンタイン)がよく出てくるんですけど、僕はどっちかっていうとモグワイ、シガーロスのほうなんですよ。

「TAMTAM自体も進化してる途中。基本的に前向きで、未来を向いている」

――メンバー個々のセンスが強く出てるのも、このアルバムの魅力だと思います。

Junet 僕は「エンターキー」が印象的ですね。この曲にはすごく時間がかかってるし、音のなかにいろんな感情が入ってるんですよ。怒り、悲しみ、よくわからないゴチャゴチャした気持ちが詰まってるというか。

Affee じゃあ、僕は「ファンファーレ」で。このアルバムを作るにあたって、ブリストル・サウンド、トリップ・ポップ(※両方とも音楽のジャンル。ヒップホップから
から影響を受け発展した音楽であり、幅広い意味での電子音楽の総称として使われている。イギリスのブリストルが発祥地といわれる音楽であることから、ブリストル・サウンドとも呼ばれる)を聴き直したんですよ。マッシヴ・アタックのライヴ映像を見て、“バンドとして、こういうスタイルの音楽を更新してみたい”と思って。「ファンファーレ」は、その感じがいちばん出てるんじゃないかなって。

Kuro 「ファンファーレ」は私も思い入れがありますね。歌詞もメロディもトラックも、好きな世界観をゴリッと出せたと思うし、満足度が高いんですよ。

――“無意味なことを肯定したい”という想いが込めれらた歌詞も印象的でした。

Affee Kuroちゃん、“パンク精神だ”って言ってたよね。

Kuro 言ってましたっけ?(笑) 何ていうか、合理的なものとか整ったもの、社会的、経済的に価値を持っているものの裏には、意味がないもの、グダってるものがあるんですよね。そこにも賛辞を送りたいんですよね、私は。その両方で世界が成り立ってるというか…。それはアルバムを通して表現していることなんですが、特に「ファンファーレ」はそこが強く出たんじゃないかな、と。

――なるほど。『Strange Tomorrow』というアルバムタイトルについては?

Kuro けっこう悩んで、最後の最後に決めたんですよ。全部の曲を通した世界観を表わす言葉がなかなか見つからなくて…。まず、“Tomorrow”とか“Future”のどちらかを絶対入れようと思ってたんです。TAMTAM自体も明日はどうなるか分からないというか(笑)、いまも進化してる途中だと思うんですよ。そういう不安定さはありつつも、基本的に前向きで、未来を向いてるんですよね。歌詞のなかにも、無意識的に“未来がある”という感じが出てるし。

Affee うん。

Kuro “明るい明日”っていうことでもないし、かといって“暗い明日”というわけでもなく。そこに“Strange”という言葉がハマったというか。

――Straneには、変わってるという意味だけではなくて、“未知”というニュアンスがありますからね。際立った個性を持ったTAMTAMのサウンドにもピッタリだと思います。

Kuro まあ、変わってますからね(笑)。“ダブ”という言葉を使った瞬間に貼られるレッテルもあるだろうし…。

Affee コアなことをやってるというか、“こだわるところはしっかりこだわろう”という意識でやってるので。僕が初めてダブ゙を聴いたときもそうだったんですけど、“何だかわからないけどスゴイ。おもしろい!”って感じで楽しんでほしいなって。それが最終的に“ダブ”ってところに繋がったら嬉しいし。

Kuro ジャンルって、わりと無駄なものだと思ってるんですよ。もともと私たちはダブのシーンのなかでも浮いてたし。

――ジャンルで括れないオリジナリティがありますからね、TAMTAMは。音楽のスケールもアップしてるし。

Kuro うん、そこは自分たちも手応えがあって。

Junet デカい場所でライヴをやりたいですね、ぜひ。

関連リンク

公式サイト
RECOMMEND

TAMTAM・Kuroが大好きなマンガBEST3

本格的なダブを軸にしながら、ポストロック、クラブミュージックなどを融合した個性的なバンドサウンド。そして、女性ボーカル・Kuroが生み出すSF的イメージを持った歌の世界によって、大きな注目を集めているTAMTAM。音楽シーンをざわつかせ始めた彼らが、1stフル . . . 続きを読む

テスラは泣かない。・實吉祐一が大好きでハマっているカレーショップBEST3

本格的なダブを軸にしながら、ポストロック、クラブミュージックなどを融合した個性的なバンドサウンド。そして、女性ボーカル・Kuroが生み出すSF的イメージを持った歌の世界によって、大きな注目を集めているTAMTAM。音楽シーンをざわつかせ始めた彼らが、1stフル . . . 続きを読む

【インタビュー】テスラは泣かない。心の内面を鋭く描く新進気鋭 頭脳派ロックバンド

本格的なダブを軸にしながら、ポストロック、クラブミュージックなどを融合した個性的なバンドサウンド。そして、女性ボーカル・Kuroが生み出すSF的イメージを持った歌の世界によって、大きな注目を集めているTAMTAM。音楽シーンをざわつかせ始めた彼らが、1stフル . . . 続きを読む

【インタビュー・後編】cinema staff 『進撃の巨人』で話題のロックバンド ニューアルバムで見せる僕らの道筋

本格的なダブを軸にしながら、ポストロック、クラブミュージックなどを融合した個性的なバンドサウンド。そして、女性ボーカル・Kuroが生み出すSF的イメージを持った歌の世界によって、大きな注目を集めているTAMTAM。音楽シーンをざわつかせ始めた彼らが、1stフル . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense