• ミュージック
  • 【インタビュー】M!LK「自分たちらしい姿を見せられるようになってきた」“ボクラなり”に成長してきた証がここにある!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2018.03.09

【インタビュー】M!LK「自分たちらしい姿を見せられるようになってきた」“ボクラなり”に成長してきた証がここにある!

20180309M!LK

M!LKが、3月14日にシングル「ボクラなりレボリューション」をリリース。子どもと大人の狭間を行き来する彼ら自身の衝動や葛藤が重なる表題曲には、思春期のリアルが満載。中でも好きなフレーズを挙げてもらうとともに、アーティストとして成長著しい彼ら自身が感じているグループの変化や、今回はインタビューに参加できなかった佐野勇斗への想い、こんな革命を起こしたい!という意欲にも迫りました。また、ホワイトデーの思い出も見逃せません!
※今回欠席の佐野勇斗は、3月12日から掲載される映画『ちはやふる ー結びー』インタビューに登場!

文/杉江優花

【M!LKサイン入りチェキ プレゼント企画開催】
5日〜9日に掲載されるランキング&インタビュー記事下に5つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、9日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

グループとリンクする歌詞に共感!メンバーが感じる佐野勇斗の大きな愛とは?

――シングル「ボクラなりレボリューション」は、表題曲をはじめとして、大人と子供の狭間を行き来する中で生まれる衝動や感情がリアルに描かれているので、きっとみなさん自身、気持ちが重なる部分が多いのではないでしょうか。
瑞生 本当にそうで、「ボクラなりレボリューション」の<気持ちがOverFlowした感情が正解なんだ>っていうサビの歌詞なんかは、すごく共感できるんですよ。例えば、マンガ家になりたいっていう夢を持っていたとしても、そういうのってなかなか言い出しづらいじゃないですか。でも、“ボクレボ”が一歩を踏み出すきっかけになったらいいなとも思います。
悠稀 僕も、歌っていてすごく気持ちが重なります。1番と2番では<悟ったふりじゃ何も見えない><分かったフリじゃ何も言えない>と歌っているんですけど、3番では<悟ったふりじゃキミが見えない>になっていて。いきなり自分のことを言われているような気がして、すごくグっときます。
太智 僕は、<一番大事なのはただひとつ 自分をごまかしたりしないことかなぁ>というフレーズが好きです。日々生きている中でどうしても自分をごまかしてしまうことってあるし、ハっとさせられたりもします。
仁人 僕がすごく印象的だったのは<もしもボクに魔法があるなら 今すぐキミをさらってどこまででも>というフレーズ。そんなこと、これまでのM!LKはなかなか歌ったことがないですからね。
――確かに、これまでになく頼もしさを感じるフレーズでもあります。
仁人 そうなんですよ。積極的な背中、成長した面を見せられるフレーズかなと思います。
――自分自身でも、お互いを見ていても、それぞれに成長を感じる場面があったりして?
瑞生 これまで、例えばライヴのMCだったら台本に沿ってみんなでしゃべっていたけど、最近はフリートークでガンガンしゃべることができるようになってきたりとか。み!るきーずのみんながいてくれたから、そういうふうに成長できているんだろうし、取り繕った姿じゃなく自分たちらしい姿を見せられるようになってきたんじゃないかなとも思います。
太智 うんうん。あと、見た目的に子どもっぽい顔から大人っぽい顔になってきているし、メンタル的にも強くなったよね。自分を知らない人の前に立って歌って踊るということが僕はずっと苦手だったんですけど、最近はアウェイであってもありのままのM!LKを見せられるようになってきたんじゃないかと思います。
仁人 確かに、大きなフェスとかどんな場所であっても、メンバーひとりひとりが変に気負うことなく、常に素でいられるようにはなってきたよね。
悠稀 リリースイベントひとつとっても、最初の頃はワタワタしてしまうところもあったけど、最近はやらなきゃいけないことを全力でやるだけじゃなく、落ち着いて臨めるようになったもんね。
――今回はインタビューに参加できなかった佐野勇斗さんに対しても、変化を感じていたりするのでしょうか。
仁人 もちろん、成長はみんな一緒にしているんですけど、僕は佐野くんに対して、よく変わらないでいてくれているなと思うんですよ。ドラマや映画の撮影もあってものすごく忙しい中でも、M!LKやみ!るきーずに対しての姿勢が全然変わらないですから。そこに佐野くんのM!LK愛、み!るきーず愛を感じるし、強い精神力だなとも思います。
悠稀 忙しいから、M!LKのワンマンライヴのレッスンもほかのメンバーの半分くらいしか来られなかったりもするんですけど、そういうとき、できなくて当たり前って思うんじゃなくて、できないところを必死に練習するんですよ。そういう姿を見たら、助けたいなって思うし。
太智 どんなに忙しくても、“僕は忙しいからできません”じゃなく、忙しいからこそ取り戻すために全力で臨む人だからね。そういう勇斗の姿を見て、僕も頑張らないと!って思うんですよ。
――刺激を受けたりもするわけですね。
瑞生 それは、役者目線で見たときにもあって。ドラマや映画の話題作に次々と出演している佐野くんの演技を見て、すごく勢いあるな、頑張っているなって思うし、自分ももっともっと頑張ろうと思えます。
悠稀 それに、勇斗くんがM!LKのことをすごく大切にしてくれるから、自分たちも大切にしないとなって、改めて思ったりもするよね。

ホワイトデーのお返しはどうする?メンバーのモテ男度をチェック!

――お互いの信頼感、5人のM!LK愛は本当に深いですね。大きな可能性を秘めたM!LKですが、タイトルにちなみ、これからどんな“革命”を起こしていきたいと思っていますか?
瑞生 これまで地上波のバラエティ番組には出させていただいたことがないので、トークの得意なメンバーが出させていただけるようになったらいいなと思うんですよね。
太智 そうだね。リリースとライヴだけじゃなく……バンジージャンプとか。
仁人 いきなりそれ!?(笑)。
太智 うん、僕は高いところが好きだし(笑)。歌って踊っている僕らだけでなく、いろんな面を知っていただきたいので、そういう変わったチャレンジをどんどんしていきたいです。
悠稀 そして、そういういろいろなチャレンジや、勇斗くんが出ているドラマや映画をきっかけにM!LKを知ってもらったときに、それまでアイドルに興味がなかった人たちにも魅力が伝わるようなグループになっていきたいです。
仁人 「コーヒーが飲めません」から始まり、子どもっぽいポップな曲もあれば、最近は“BLACK M!LK”でのカッコいい曲もあったりして、いろいろな表現ができるようになってきたと思うんですけど、振り幅をどんどん広げていきながら大人になる準備をしていきたいと僕は思います。二十歳になっても、「コーヒーが飲めません」を恥ずかしがらずに全力でパフォーマンスしたいし、そのためには技術ももっともっと磨いていきたいなって。
――挑戦心に満ちたみなさんの更なる開花を、楽しみにしております。ちなみに、「ボクラなりレボリューション」はホワイトデーにリリースされますが、みなさんのホワイトデーの思い出というと?
太智 小学生の頃は、バレンタインデーにクラスの女子全員が男子全員に友チョコをくれて。プラス、僕は兄弟4人で男は僕と弟のふたりなんですけど、お姉ちゃんと妹が僕たち男兄弟への友チョコをたくさんもらってくるから、誰からもらったか忘れないように名前をメモに書いておいて、ホワイトデーにはちゃんとお返しをしていました。
悠稀 メモるって大事だね。僕は中学の頃、ほかのクラスの人や先輩とも仲が良かったりしたから、たくさん義理チョコをもらったんですよ。でも、太智くんみたいにちゃんとメモをしておかなかったために、誰からもらったかわかんなくなっちゃって。ホワイトデーには、とりあえずたくさんのお返しを持っていっていろんな人に渡したんですけど、チョコをもらっていない人にも渡しちゃって、ひとりでめっちゃ恥ずかしくなった記憶があります。
瑞生 でもさ、僕は小中学生の頃は学校が厳しくて、学校にチョコを持ってくると没収されちゃうレベルだったから、そんなにたくさんもらうってすごい。義理チョコをくれた人には、ちゃんと買ってお返しはしたけどね。
太智 僕は、地元のケーキ屋さんで、クッキーとかマカロンとかの詰め合わせを買っていたな。
瑞生 ちゃんとしているね、すごい!
仁人 僕も厳しい小学校だったんですけど、こっそり義理チョコをもらって、そのほとんどが手作りチョコだったから、ホワイトデーには料理やお菓子作りが好きな父と一緒に僕も手作りをして、こっそり返していましたね。あと、通っていたダンススクールでは大量に義理チョコをもらったので、そこではチョコを箱買いしてお返ししていました。
太智 そのとき、パッケージにメッセージとか書いた?
仁人 いや、それは恥ずかしいけど……「○○ちゃんへ」っていうのは書いたかな。
悠稀 うん、僕も。あと、もらったチョコに何かメッセージが書いてあれば、僕もメッセージを書いたりとか。友だちとの交換ノートみたいな感じで楽しかったな。思い返すと、なんか青春感あっていいね!(笑)。


【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
5つ目→「中

応募の詳細>>【プレゼント企画】M!LK サイン入りチェキ プレゼント


RECOMMEND
M!LK_pacifikoyokohama01

【ライヴレポ】結成から3年、M!LKが自身最大キャパの会場で成長ぶりを見せつける!ファンへの感謝、メンバーの大切さを胸に次のステージへ!!

M!LKが、3月14日にシングル「ボクラなりレボリューション」をリリース。子どもと大人の狭間を行き来する彼ら自身の衝動や葛藤が重なる表題曲には、思春期のリアルが満載。中でも好きなフレーズを挙げてもらうとともに、アーティストとして成長著しい彼ら自身が感じているグ . . . 続きを読む

M!LK2018Calendar01

【会見インタビュー】M!LKが2018年のカレンダー撮影の思い出を明かす!6月の佐野勇斗がセクシー!?

M!LKが、3月14日にシングル「ボクラなりレボリューション」をリリース。子どもと大人の狭間を行き来する彼ら自身の衝動や葛藤が重なる表題曲には、思春期のリアルが満載。中でも好きなフレーズを挙げてもらうとともに、アーティストとして成長著しい彼ら自身が感じているグ . . . 続きを読む

m!lk_bokurevo

M!LK×スイーツパラダイスのコラボカフェが決定!!

M!LKが、3月14日にシングル「ボクラなりレボリューション」をリリース。子どもと大人の狭間を行き来する彼ら自身の衝動や葛藤が重なる表題曲には、思春期のリアルが満載。中でも好きなフレーズを挙げてもらうとともに、アーティストとして成長著しい彼ら自身が感じているグ . . . 続きを読む

m!lk_bokurevo

M!LK、春のニューシングルリリース決定!爆裂POPな新ビジュアルも同時解禁!!

M!LKが、3月14日にシングル「ボクラなりレボリューション」をリリース。子どもと大人の狭間を行き来する彼ら自身の衝動や葛藤が重なる表題曲には、思春期のリアルが満載。中でも好きなフレーズを挙げてもらうとともに、アーティストとして成長著しい彼ら自身が感じているグ . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense