• エンタメ
  • 【インタビュー】山崎育三郎「観ている人に心の中でどんどんツッコんで欲しい」少し愛せる部分があるムカつくプレイボーイ役を好演!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2018.02.23

【インタビュー】山崎育三郎「観ている人に心の中でどんどんツッコんで欲しい」少し愛せる部分があるムカつくプレイボーイ役を好演!

20180223yamazaki-ikusaburo

抜群のプロポーションだけが取り柄の地味なOL(知英)と、年商500億のワンマン社長(竹中直人)の心と身体が入れ替わってしまう爆笑必至のエンターテインメント映画『レオン』(2月24日公開)。「何の知識もなくフラッと観に行っても“楽しかった!”と思って帰れる作品。どの人物にフィーチャーしてもらっても楽しめます」と太鼓判を押す山崎育三郎が演じるのは、“恋心を弄ぶプレイボーイ税理士”日下役だ。まさしくどの瞬間を切り取ってもおもしろい日下役を熱演した彼に、撮影裏話をたっぷりと聞きました。

文/松木智恵

【山崎育三郎 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
2月23日~24日に掲載されるインタビュー&ランキング記事下に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、24日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

「笑わずに受け止めた」竹中直人が本番中に披露した衝撃のアドリブ!

――日下は、とてもとても癖の強い役どころですね。
山崎 すごいですよね(笑)。塚本(連平)監督からは「もう、やっちゃって」と言われていました。「やっちゃって」の意味がよくわからないんですけど(笑)、日下がすごくナルシストで自分に自信があり、常にバラを持っているというところから膨らませていきました。この物語はちょっとファンタジーな世界観もありますし、これまでにない悪役を作りたいということ、そしてミュージカルというグラウンドで育ってきた僕がキャスティングされたということを最大限に生かしたいなと思って。ただシンプルにキザな男でカッコよくやるだけではない、ちょっと振り幅を持ったお芝居を心掛けました。
――立ち方や歩き方ひとつひとつにもこだわりが感じられました。
山崎 日下くんは自分が美しく見える角度を常に探しているんですよ。ちょっとした隙にも誰かに観られているんじゃないかって意識を持っている。みんなと同じでいたくない、自分が人と違う何かでいたいという想いもあるから、いつも何かしらのアクセントを付けたがる。椅子の座り方もこだわりのひとつですよ。ものすごく浅く、低く座っていますので、そこにもぜひ注目していただければ(笑)。
――劇中での動きは山崎さんから監督に提案されていたのですか?
山崎 そうですね、基本的には全て自分から。「とにかく自由にやってみて」と言われていたので、リハーサルの段階で監督に「自分はこういう風に考えてきたので見てください」と言ってやってみて、監督から「いいね!それでいこう!」とOKをもらうという繰り返しでした。監督がいつも「もっとやって」とおもしろがってくれるので、じゃあ僕ももっと…という感じでエスカレートしていって。現場のスタッフのみなさんに向けてやっていた部分もありますね、みなさんがウケてくれたらそれでいい、みたいな(笑)。
――かなり笑いが絶えない現場だったのでは?
山崎 笑いは多かったですね。一回、知英ちゃんが僕の芝居にハマっちゃって、7、8回くらいテイクを撮り直したこともありました。僕が「無駄パイ」って連呼することがツボに入ったらしいです(笑)。何回やっても笑っちゃって、本人も「ホントやばい、ホントやばい」って、ひとりで最後まで笑っていました。僕は台本通りのことを言っていただけなんですけどね。決してアドリブで言ったわけではないというのはお伝えしておきたい(笑)。あと逆に、僕は竹中さんに笑わされまして。竹中さんは自分の口でおならの音を出すのが得意で、カメラが回っていないときにずっとされていたんですけど、それを本番中にもいきなりアドリブでされたんです。めっちゃおもしろかったですけど、それを笑わずに受け止めるのはめちゃくちゃ大変でした(笑)。

男性ではできないことに挑戦?女性に入れ替わったらやってみたいことを直撃!

――「このシーンはツラかった」などはありますか?
山崎 うーん……なんにもツラくなかった(笑)。監督がとにかく自由にさせてくださったこともあって、本当に楽しかったです。
――大人数の女性に囲まれたり、超巨大パネルが現れたりと、特に終盤に日下の見どころシーンがギュッと詰まっていますね。
山崎 女性に囲まれるのはすごかったですね(笑)。すごい勢いで睨まれて、芝居でも怖かったです。ただ、その後の日下の行動には自分でも笑わずにやるのが大変でした。そして巨大パネル……(笑)。尋常じゃないデカさなので、それを見るだけでもおもしろいと思います。日下はムカつく男ですが、ムカつく中にも少し愛せる部分もあったらいいなと思って作りました。映画の世界の中では誰もツッコんでくれないので(笑)、観ている人に心の中でどんどんツッコんでほしいなと思います。
――今回の役はドラマ『お義父さんと呼ばせて』(フジテレビ系)、『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系)などでの役どころに少しフラッシュバックする部分がありました。
山崎 そうですね、確かに(笑)。こういう役をやらせていただくようになったのは、テレビに出させていただくようになってからだと思います。僕、お笑いとコメディ番組が大好きでして。小さい頃はずっとお笑い動画を観ているような子供だったんです。とにかくおもしろいことが大好きなので、こういう役をいただくのは光栄です。ミュージカルを観て僕のことを好きになってもらった方には、かなり新鮮に映ると思いますが。
――映像世界での山崎さんの演技のひとつとして確立されている感じがします。
山崎 あはははっ(笑)。竹中さんはもちろん、ムロツヨシさんや佐藤二朗さんなど、これまでたくさんのおもしろい先輩方と共演させていただいたことにかなり影響を受けている気がします。今回も自分にしかできない色を出したいなと思って挑んでいたので、そう言っていただけると嬉しいです。
――最後にもしも山崎さんが今回の映画のように女性に入れ替わったとしたら、何をしてみたいですか?
山崎 そうですね……歌かな。ミュージカルで女性の役をやってみたいです。“この役、いいなぁ”と思ってもやっぱり男性では歌えない曲が多いので。例えば『レ・ミゼラブル』でエポニーヌが歌う「On My Own」などを歌ってみたいですね。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1つ目→「自



【作品情報】
映画『レオン
2月24日(土)公開

出演:知英 竹中直人 山崎育三郎 大政絢 吉沢亮 斉藤慎二(ジャングルポケット)ミッツ・マングローブ
監督:塚本連平
脚本:吉田恵里香
原作:清智英・大倉かおり「レオン」(講談社KCデラックス)
配給:ファントム・フィルム
©清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会 

<STORY>
磨けば美人でナイスバディの持ち主だが、消極的な性格で地味な派遣OL・小鳥遊玲音(知英)。彼女が務める会社の社長は、年商500億の女好きなワンマン社長・朝比奈玲男(竹中直人)。ある日、ふたりは同じ車の事故に巻き込まれる。翌朝目が覚めると、玲男の体にはある異変が…!なんと、心は朝比奈玲男のままだが、身体が小鳥遊玲音になってしまっていた──!!外見は女で中身は男。とんでもない事態に陥りながらも何とか会社に辿り着いた玲男(知英)だったが、当然誰も自分が社長だとは信じてくれない。しかもそれに乗じて、社長の身内が会社乗っ取りを企む大事件も勃発。さらには社長と社員の禁断の恋も始まる予感…?!果たして、ふたりが巻き起こす騒動の結末は?



あなたへオススメの記事


RECOMMEND
20180221yoshizawa-ryo

【インタビュー】吉沢亮「パッチリした澄んだ瞳にはドキっとしてしまいます」男(!?)に恋する愛しのピュアボーイに全力投球

抜群のプロポーションだけが取り柄の地味なOL(知英)と、年商500億のワンマン社長(竹中直人)の心と身体が入れ替わってしまう爆笑必至のエンターテインメント映画『レオン』(2月24日公開)。「何の知識もなくフラッと観に行っても“楽しかった!”と思って帰れる作品。 . . . 続きを読む

20160511_01_banner_yamazaki-ikusaburo

【インタビュー】山崎育三郎 ミュージカル界のプリンスが映像の世界へ 注目の個性派俳優が魅せる役者魂

抜群のプロポーションだけが取り柄の地味なOL(知英)と、年商500億のワンマン社長(竹中直人)の心と身体が入れ替わってしまう爆笑必至のエンターテインメント映画『レオン』(2月24日公開)。「何の知識もなくフラッと観に行っても“楽しかった!”と思って帰れる作品。 . . . 続きを読む

yamazakiikusaburou

『下町ロケット』で注目度UP!1月期ドラマ2作品に出演するミュージカル界の新プリンス・山崎育三郎の活躍がすごい!!

抜群のプロポーションだけが取り柄の地味なOL(知英)と、年商500億のワンマン社長(竹中直人)の心と身体が入れ替わってしまう爆笑必至のエンターテインメント映画『レオン』(2月24日公開)。「何の知識もなくフラッと観に行っても“楽しかった!”と思って帰れる作品。 . . . 続きを読む

20180111_kubota-masataka

【インタビュー】窪田正孝「いろんなものに興味を持って知る楽しみを増やしていきたい」最年少の現場が新たな一歩を踏み出すキッカケに

抜群のプロポーションだけが取り柄の地味なOL(知英)と、年商500億のワンマン社長(竹中直人)の心と身体が入れ替わってしまう爆笑必至のエンターテインメント映画『レオン』(2月24日公開)。「何の知識もなくフラッと観に行っても“楽しかった!”と思って帰れる作品。 . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense