• エンタメ
  • 林遣都のひと言に救われた!舟津大地の映画『野球部員、演劇の舞台に立つ!』共演者との思い出BEST3
CONTENTS
Home
  • ランキング
  • 2018.02.25

林遣都のひと言に救われた!舟津大地の映画『野球部員、演劇の舞台に立つ!』共演者との思い出BEST3

絶賛公開中の映画『野球部員、演劇の舞台に立つ!』に野球部のキャプテン・松永亮太役で出演している舟津大地。そんな彼に共演者との思い出BEST3を直撃!10年来の友人である林遣都との撮影秘話から、学生時代は野球部だった彼ならではのエピソードが飛び出しました。また、本作の見どころについても語ってもらったので、ぜひ劇場に足を運んでみてください!!

林遣都との初共演


2.25Funatsu Daichi.06

僕が俳優になる前から仲が良くて、10年越しで初めてお仕事ができて嬉しかったです。いざ現場で会ったらお互いに恥ずかしかったですけど(笑)。でも本当にいろいろと学ばせてもらいました。監督やスタッフから、芝居についての意見があって悩んでいたときに、「全部無視しろ、演じて生まれてきた感情が正しいから、お前のやっていることは間違ってない」と言ってくださって、すごく救われました。ただ、アドリブを結構ぶちこまれましたね。上半身裸になったときに叩かれたり、腹式呼吸で苦しいときにセリフを伸ばしてきたり。とはいえ楽しかったですし、それらが全部本編で使われているのが凄い(笑)。

久留米大学・準硬式野球部との野球シーン


2.25Funatsu Daichi.02

僕自身、高校まで野球部でキャッチャー以外のポジションを経験していたのに、なぜかキャッチャー役を演じています(笑)。野球シーンでは、久留米大学の準硬式野球部のみなさんが協力してくださっていて、撮影後に彼らとキャスト&スタッフ陣で練習試合をしたのですが、結果勝っちゃったんです(笑)。その時に監督さんが「これを機にさらに練習を頑張って、全国で結果残しますね」とおっしゃっていたのですが、後日見事に大会で準優勝したそうです。とにかく野球のシーンは楽しすぎて、演じていることを忘れてしまいそうでした。

年下のキャストとのコミュニケーション

2.25Funatsu Daichi.03

林遣都さんが現場に合流するまで、学生キャストの中で僕が一番年上だったんです。ただ、自分は先輩にかわいがられてきたタイプなのでどう接したらいいかわからなくて、とりあえず夕食に行きました(笑)。だけど、音楽の話とかさりげない話題でも年の差で合わなかったりして…。“これはヤバい”と思い、演劇部の部長役(佐々木萌詠)に相談して、撮影の合間もみんな一緒にコミュニケーションを取るようにして、ようやくまとめられたのが思い出深いし、勉強になりました。ちなみにその後合流した林さんも苦労していましたね(笑)。

映画『野球部員、演劇の舞台に立つ!』へのコメントが到着!

この作品は、本当に10代の一番難しい時期の想いを等身大で描いていて。例えば、大人にも、仲間にも見栄を張りたい、でも本当の自分はこうなんだっていうのを表に出せない苦しさとか。僕の役はムードメーカーで気丈な性格ですけど、実は一番いろんなことを我慢していると思うんです。エースのジュン(渡辺佑太朗)に気を使って、チームに迷惑をかけたカズマ(川籠石駿平)をフォローしたり、そして演劇部に対してもしかり。全てと向き合うことの大変さ、葛藤を感じながら演じましたね。

僕的には、お父さん、お母さん世代にもぜひ観てもらいたいんです。家ではなんの心配も感じさせない顔で過ごしているけど、さっき言ったみたいな葛藤を抱え込んでいるかもしれないことを、少しでも気にかけてもらえたら、苦悩している子供たちが減っていくと思うんですね。僕も、家では全然何も問題ないよっていう顔で高校生活を過ごしてきたように、変に大人びている子たちが多いと思う。

そして、10代のみなさんには、ひとりじゃないし、あなたを応援してくれる人が必ずいるから、自分が思ったことをやってほしいっていう想いが伝わるといいですね。いろんな思いやり方があるし、もっと周りを見て信頼して言葉で想いを伝えてみて、ということに気付いてもらえる作品なので。

あと、観終わった後にこの作品は実話なんだってことを改めて考えてもらえたら、“あれ、やれないことなんてないんだ”って思えるはずなので、ぜひ観てほしいです!



【作品情報】
『野球部員、演劇の舞台に立つ!』
2018年2月24日(土)公開

<ストーリー>
甲子園出場を有力視されていた八女北高校野球部。中でもエースピッチャーのジュン(渡辺佑太朗)は、特に注目され期待されていた。しかし、県大会予選一回戦で8回までパーフェクトに押さえながら、最終回ファーストのエラーをきっかけにまさかの逆転敗退。敗北の責任をめぐってチーム内に広がる不協和音。そんな時、男性部員がほとんどいない演劇部顧問三上先生(宮崎美子)から野球部員を助っ人にほしいという申し出があった。 「野球だけの人間になるな」という指導理念を持つ八幡監督(宇梶剛士)はこれ受け、ジュンとキャッチャーでキャプテンのリョータ(舟津大地)と、エラーをしたファーストのカズマ(川籠石駿平)の三人を演劇部の助っ人に送り出した。「俺たちにそんなヒマはない」と反発する野球部員たち。突然の助っ人に役を奪われた演劇部員。とりわけ反発を示したのが 三人と同級のミオ(柴田杏花)であった。“なんで野球部なんかに”という声に演劇部OB田川(林遣都)が応えた…。演劇部の目指すコンクールまで2ヶ月、とまどい、反発しあう日々の中で、何かが確かに動き始めた。

オフィシャルサイト:http://yakyubuin-vs-engekibuin.com



あなたへオススメの記事


RECOMMEND

ラーメンと肉が最高にウマい!!滋賀県出身の林遣都が御用達の地元店BEST3

絶賛公開中の映画『野球部員、演劇の舞台に立つ!』に野球部のキャプテン・松永亮太役で出演している舟津大地。そんな彼に共演者との思い出BEST3を直撃!10年来の友人である林遣都との撮影秘話から、学生時代は野球部だった彼ならではのエピソードが飛び出しました。また、 . . . 続きを読む

あの秘境が気になる!!林遣都が今、行ってみたい場所BEST3

絶賛公開中の映画『野球部員、演劇の舞台に立つ!』に野球部のキャプテン・松永亮太役で出演している舟津大地。そんな彼に共演者との思い出BEST3を直撃!10年来の友人である林遣都との撮影秘話から、学生時代は野球部だった彼ならではのエピソードが飛び出しました。また、 . . . 続きを読む

【インタビュー】窪田正孝「いろんなものに興味を持って知る楽しみを増やしていきたい」最年少の現場が新たな一歩を踏み出すキッカケに

絶賛公開中の映画『野球部員、演劇の舞台に立つ!』に野球部のキャプテン・松永亮太役で出演している舟津大地。そんな彼に共演者との思い出BEST3を直撃!10年来の友人である林遣都との撮影秘話から、学生時代は野球部だった彼ならではのエピソードが飛び出しました。また、 . . . 続きを読む

【インタビュー】岡田将生「ダメと言われていたことができる毎日が刺激的でした」 俳優を続けてきたからこそ出会えた“痛男”役!

絶賛公開中の映画『野球部員、演劇の舞台に立つ!』に野球部のキャプテン・松永亮太役で出演している舟津大地。そんな彼に共演者との思い出BEST3を直撃!10年来の友人である林遣都との撮影秘話から、学生時代は野球部だった彼ならではのエピソードが飛び出しました。また、 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense