• ミュージック
  • 【インタビュー】イ・ジョンヒョン(from CNBLUE)「音楽をやるのは、みんなに幸せを感じてほしいから」 “ときめき”と“驚き”を与えてくれるソロアルバム完成!!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2018.01.24

【インタビュー】イ・ジョンヒョン(from CNBLUE)「音楽をやるのは、みんなに幸せを感じてほしいから」 “ときめき”と“驚き”を与えてくれるソロアルバム完成!!

20180124_02_banner_LEE JONG HYUN

CNBLUEのギター&ボーカル、イ・ジョンヒョンが2ndソロアルバム『METROPOLIS』を1月24日にリリースした。1stソロアルバム『SPARKLING NIGHT』のリード曲「Moonlight Swing」では、ギターを手放し、スウィングを踊るエンターテイナーを演じたが、本作では散りばめた星のような都会の夜景の中、ナイトクルーズに興じるスタイリッシュな都会の男に変身。そんな彼に音楽や人生への向き合い方などを伺いました。

文/坂本ゆかり

【イ・ジョンヒョン(from CNBLUE) プレゼント企画開催】
1月24日〜25日に掲載されるインタビュー&ランキング記事の中にキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、25日に掲載のプレゼント企画記事をチェック♪

アルバム制作のモチベーションは「ソロライヴがやりたくて」だった!


――1年半ぶりのソロアルバムですが、前回のソロ活動では、どんな収獲がありましたか。
ジョンヒョン やっぱり僕は、ライヴが好きなんだなぁ~って改めて感じました。実は最初、“ソロ活動やりたい!”ってノリノリな感じではなかったんです(笑)。だって、ひとりでやるのって好きじゃないし、基本的にギターを弾いている人なので、そっちの方が楽しいんですよ。でもやってみたら、ソロライヴが想像していた以上に楽しくて。実は今回も、ソロライヴをやりたくてアルバムを作ったようなものです(笑)。
――『METROPOLIS』、すなわち“大都会”というタイトルの2ndソロアルバムのテーマは“スタイリッシュ”ということですが、リード曲「Starry Places」もすごく洗練された曲ですね。
ジョンヒョン CNBLUEとは印象が違うでしょ?カッティングギターが効いた、ディープ・ハウスです。「Starry Places」って“星を散りばめた場所”って意味だけど、都会の夜景が似合う曲に仕上がりました。実は最初、英語詞で作っていたんだけど、リード曲にするならわかりやすい方がいいと思って、日本語の歌詞に書き直したんです。「Starry Places」は曲を作るときより、アレンジを考える方が大変だったかな。
――歌詞に“ときめき”という言葉がありますが、最近ときめいたことはありますか?
ジョンヒョン いっぱいありますよ。本を読んだり、映画を観たときとか。とにかく、本はすごく読んでいますね。でも、読むより買うのが好きなんです(笑)。本屋さんに行って、タイトルが気に入ったものとか、レコメンドされているものを買っています。
――そういえば、いつも本を読んでいますよね。でも、読んでいる本を見せてもらうと、哲学とか日本文学とか、ジャンルがバラバラなのが不思議で(笑)。最近、おもしろかった本を教えてもらえますか?
ジョンヒョン ジャンルは気にせず、気になったものをとりあえず買うんです。読み始めても、おもしろくないとすぐ止めちゃうから、読了してない本も多くて(笑)。家には読んでいない本が山積みです。最近読んでおもしろかったのは、中国のウィ・ジアンさんという方が書いた『今日、わたしが生きる理由』というエッセイです。作者は若くして名門大学の教授になったのに、人生の絶頂でがんの余命宣告をされるんです。自分の命の期限を知って、彼女は仕事を辞めて日常の中に幸せを求めるんだけど、僕も同じことをすると思うし、病気になってからの彼女の考え方や生き方がすごくステキだと思えて。
――あ~、ジョンヒョンさんは“幸せであること”にこだわっていますものね。
ジョンヒョン はい。厳密には“幸せであること”っていうより、誰かに“あなたは、幸せな人だね”って言われたいんだけど。今の時代って、笑顔の人が減っているじゃないですか。僕はみんなの笑顔が見たいし、みんなの幸せを願っているんです。音楽をやるのも、みんなに幸せを感じてほしいからだし。デビューした頃にはこんなこと考えていなかったのに、年をとったのかな?不思議ですよね(笑)。

「また日本の作品に出てみたい」日本映画初出演の思い出を語る!


――「ひかりのまちで(Acoustic Version)」は、まさにそんなジョンヒョンさんの考える幸せを曲にしたんじゃないかと思えますが。
ジョンヒョン そうですね。これは僕が出演している日本映画『生きる街』の挿入歌なのですが、映画の中で描かれている日常の温かさを曲にしたいと思って作りました。その気持ちは、<ただいま、おかえり>って部分の歌詞に集約できたんじゃないかな。
――初めての日本の映画出演ですが、いかがでしたか?
ジョンヒョン 韓国で俳優業をやるより、リラックスして臨めました。だって僕は、外国から来たお客さんの立場だから、みなさんが優しくしてくださるから(笑)。現場の雰囲気もすごく良かったですよ。また日本の作品に出てみたいな。
――宮城県石巻市で撮影したんですよね。
ジョンヒョン そうです。仙台の近くですよね?仙台で、CNBLUEのライヴをしたこともあったな~。僕は東京以外の場所にもプライベートで旅行に行ったりするけど、日本の地方ってステキな所が多いですよね。石巻もすごくキレイな場所でした。
――アルバム『METROPOLIS』には9曲が収録されています。作った立場では、全部が愛しいと思いますが、特に気に入っている曲を教えてください。
ジョンヒョン タイプは全然違うけど、リード曲「Starry Places」と映画の挿入歌の「ひかりのまちで」かな。この2曲は、曲ができるのがすごく早かったんですよ。流れのいい曲って、すぐにできるというか……。
――曲を作るときは、どんな感じで?
ジョンヒョン ギターで作ることが多いですね。家にいるときは、ギターをいじっている時間が長いです。
――インスタでも、いつもギターを弾いているところを上げてくれていますもんね。今回は、ランキング(1月25日掲載)でもギターのお話を聞かせていただいています。さて、アルバムリリース後、2月には横浜と大阪でソロライヴがありますが、どんなライヴになるのでしょう。
ジョンヒョン 前回はダンサーさんと一緒に踊っちゃったから、今回は何をしようかな?「Starry Places」がディープ・ハウスだから、クラブみたいにするのもいいかも(笑)。みなさんが驚いてくれるものにしますので、期待していてください!

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
1文字目→「幸」


RECOMMEND
6.24CNBLUE01

【ライヴレポ】CNBLUE、ツアー最終日の大阪城ホールでファンからヨンファにサプライズHappy Birthday!「今日のことは死ぬまで忘れない」

CNBLUEのギター&ボーカル、イ・ジョンヒョンが2ndソロアルバム『METROPOLIS』を1月24日にリリースした。1stソロアルバム『SPARKLING NIGHT』のリード曲「Moonlight Swing」では、ギターを手放し、スウィングを踊るエンタ . . . 続きを読む

20170510bannar_CNBLUE

【インタビュー】CNBLUE「働く人たちを癒して、楽しい気持ちになってほしい!」 心も体も“SHAKE”させるダンスチューン完成!!

CNBLUEのギター&ボーカル、イ・ジョンヒョンが2ndソロアルバム『METROPOLIS』を1月24日にリリースした。1stソロアルバム『SPARKLING NIGHT』のリード曲「Moonlight Swing」では、ギターを手放し、スウィングを踊るエンタ . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense