• ミュージック
  • 【ライヴレポ】遊助が全国に夢を届けた“最高の出会いの場”が終幕!「俺の使命はみんなを笑顔にすること」
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2014.09.08

【ライヴレポ】遊助が全国に夢を届けた“最高の出会いの場”が終幕!「俺の使命はみんなを笑顔にすること」

6月から約3か月に及んで行われた遊助の全国ツアー『あの・・最高の出会いを一緒につくりたいんですケド。』。各会場を熱狂の渦に染め、たくさんの出会いをもたらした同ツアーは、前半線に行われた7月15日東京国際フォーラム ホールA公演でも大きな盛り上がりを見せていた。

会場に入ると、遊助がデザインしたカラフルな垂れ幕がステージを覆い、まるでここはサーカスの入り口!?と錯覚。ネオンライトが煌びやかに光り、これからはじまる夢の時間にワクワク指数が上昇していく。そして、ピエロがステージに登場し、玉乗り芸を見事に決めると、雷音とともに幕が下降。ステージ上段、金の椅子に俯いて座る遊助の姿が!1曲目の「ルーレット」では、4つ打ちのビートに合わせ、頭でリズムを刻みながらクールにラップを放つ遊助。顔を上げるとおもむろに椅子から立ち上がり、「かかってこんかい!」と客席に向けてひと言。観客との距離を一気に縮め、「雄叫び」では全員でタオルを真上に投げキャッチする恒例の光景に、早くも大きな一体感が場内を包み込んだ。

「ただいま、東京!2時間半、おもちゃ箱をひっくり返したようなパフォーマンスを詰め込んであるから。今日も気持ちを込めて、最高の元気と幸せをお届けします!」

この日は、3月に発売されたアルバム『あの・・旅の途中なんですケド。』の楽曲を中心に全24曲を披露。「とうもろこし」では力強い歌声で、内から湧き出る想いを場内に響かせた。と思いきや、「伝達ゲーム」のラストには遊助の首が突然下に落ちるイリュージョンや、人体切断マジックを展開。さらに「モンスター」では、男性ダンサーがトランポリンでハイジャンプをし高揚感を高めるなど、楽曲とリンクさせた演出の数々に圧倒。

中盤には「銀座線」「たんぽぽ」などのほのぼのチューンが続き、「全部好き。」では、手話を交えながら心の内をさらけ出し温かな空間を構築。多彩な感情が交錯する遊助のライヴ。その直後のMCでは「なんかここ(と床をさし)俺の汗ですごいことになってる。このままだと誰かこけて危ない」とステージ袖に行き、タオルを自ら持ってきて床を拭き出したり(そのタオルでそのまま自分の汗もぬぐい、会場からどよめきが起こると「ちゃんと裏返したわ」と反論!)、「一瞬、待って!」と言った後、「はさみない?髪の毛が長くてうっとうしいから、今切ろうと思ったんだけど」と言い出し、当然のごとくスタッフからNGが。「久しぶりにダメって言われた(笑)。俺、いつもこうやって勝手なことばかりしているから(笑)」と、自由奔放な自然児、遊助らしい言動に観客は時折ヤキモキさせられながらも、等身大の彼の言葉、歌……に自身の想いを重ねていった。

「みんなが驚いてくれたり、ありがとうって言ってくれると嬉しいし安心する。俺の責任が果たせているんだと思って。俺の使命はみんなを笑顔にすることだから」

そんな彼の想いを集約した「いるよ」でお互いの存在の大きさを確認した後は、ギアを入れ替え、お祭りモード全開!「明日も元気になれますように」と、「Yellow Bus」からラストスパート。「ミツバチ」までをノンストップで駆け抜けた。そして、本編ラストは最新シングルの「Sunshine」。「いろんなことがあるけど、声を大にして言いたいのは、夢や目標は絶対叶うってこと。まず俺が“この空間を作りたい”という夢を叶えているから!」と、たった一人佇み、渾身の力を込めて<絶対 絶対 夢は叶うさ>と熱唱し、ステージを後にした。

会場が暗転すると、ファンの夢が書かれた紙が次々とスクリーンに映し出され、最後に「俺の夢 アンコールやりてぇなぁ 神奈川県・遊助」と書かれた紙が登場。大歓声に包まれる中、再び遊助がステージへ。「アンコールありがとう。夢が叶いました(笑)。いろんなことあるけど、前向きに今を一生懸命生きてほしい。もちろん大人も夢を持って、諦めないでほしい。ここを出たらまたいろいろあるかもしれないけど、今日のこの最高の空間を作ったみんなだから大丈夫!これからも一緒に歩いていきましょう!」温かな手拍子と笑顔に包まれながら約2時間半のフェスティバルは「みんなのうた」で幕を閉じた。

「みんなへ!!次に会うときまで、笑って過ごせますように。あ、絶対に夢は叶うから。だって、あなたは心が元気な人だから!!!いつまでも届け 元気☀ 遊助より」と彼が綴った手紙が最後に投影され、清々しい5千人の笑顔が場内を支配した。その瞬間、遊助の想いはしっかりと届いていると確信!そして、彼がテーマに掲げていた“最高の出会いを作ること”。名前も知らない、生活環境も異なるもの同士が、遊助の歌によって心をひとつに通わせ、声を枯らして叫び、歌い、踊り、いつもは抑えている衝動的な想い、喜怒哀楽を露わにすることができる……なぜなら、その想いを遊助はじめ、同じ空間にいる仲間たちが受け止めてくれ、共有してくれるから。一瞬にして、こんなにもかけがえのない最高の出会いを導き出すシチュエーションを作り上げた遊助。改めてただ者ではない夢追い人、彼の魅力を痛感したのだった。

文/星野彩乃

RECOMMEND

【インタビュー】遊助 絶対に夢は叶う!! 今、届けたいリアルな想い

6月から約3か月に及んで行われた遊助の全国ツアー『あの・・最高の出会いを一緒につくりたいんですケド。』。各会場を熱狂の渦に染め、たくさんの出会いをもたらした同ツアーは、前半線に行われた7月15日東京国際フォーラム ホールA公演でも大きな盛り上がりを見せていた。 . . . 続きを読む

【インタビュー】遊助 “リアル”を追及した自信作 “旅の途中”の人にオイラの歌届けます

6月から約3か月に及んで行われた遊助の全国ツアー『あの・・最高の出会いを一緒につくりたいんですケド。』。各会場を熱狂の渦に染め、たくさんの出会いをもたらした同ツアーは、前半線に行われた7月15日東京国際フォーラム ホールA公演でも大きな盛り上がりを見せていた。 . . . 続きを読む

いつまでも変わらない愛されキャラ・遊助の魅力

6月から約3か月に及んで行われた遊助の全国ツアー『あの・・最高の出会いを一緒につくりたいんですケド。』。各会場を熱狂の渦に染め、たくさんの出会いをもたらした同ツアーは、前半線に行われた7月15日東京国際フォーラム ホールA公演でも大きな盛り上がりを見せていた。 . . . 続きを読む

遊助に聞いた野球を題材にした作品BEST3

6月から約3か月に及んで行われた遊助の全国ツアー『あの・・最高の出会いを一緒につくりたいんですケド。』。各会場を熱狂の渦に染め、たくさんの出会いをもたらした同ツアーは、前半線に行われた7月15日東京国際フォーラム ホールA公演でも大きな盛り上がりを見せていた。 . . . 続きを読む

遊助に聞いた好きな黄色い食べ物BEST3

6月から約3か月に及んで行われた遊助の全国ツアー『あの・・最高の出会いを一緒につくりたいんですケド。』。各会場を熱狂の渦に染め、たくさんの出会いをもたらした同ツアーは、前半線に行われた7月15日東京国際フォーラム ホールA公演でも大きな盛り上がりを見せていた。 . . . 続きを読む

遊助の過酷だった海外ロケBEST3

6月から約3か月に及んで行われた遊助の全国ツアー『あの・・最高の出会いを一緒につくりたいんですケド。』。各会場を熱狂の渦に染め、たくさんの出会いをもたらした同ツアーは、前半線に行われた7月15日東京国際フォーラム ホールA公演でも大きな盛り上がりを見せていた。 . . . 続きを読む

遊助の好きな和菓子BEST3

6月から約3か月に及んで行われた遊助の全国ツアー『あの・・最高の出会いを一緒につくりたいんですケド。』。各会場を熱狂の渦に染め、たくさんの出会いをもたらした同ツアーは、前半線に行われた7月15日東京国際フォーラム ホールA公演でも大きな盛り上がりを見せていた。 . . . 続きを読む

遊助が好きな乗り物BEST3

6月から約3か月に及んで行われた遊助の全国ツアー『あの・・最高の出会いを一緒につくりたいんですケド。』。各会場を熱狂の渦に染め、たくさんの出会いをもたらした同ツアーは、前半線に行われた7月15日東京国際フォーラム ホールA公演でも大きな盛り上がりを見せていた。 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense