• エンタメ
  • 【インタビュー】磯村勇斗×杉野遥亮 “イノハリ”幼馴染みコンビが語る音楽の魅力「不安なんてどうでもよくなるくらいのめり込んでいた」
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2017.11.24

【インタビュー】磯村勇斗×杉野遥亮 “イノハリ”幼馴染みコンビが語る音楽の魅力「不安なんてどうでもよくなるくらいのめり込んでいた」

20171124isomura_sugino

人気少女マンガを映画化した『覆面系ノイズ』の劇中バンド・in NO hurry to shout;(通称:イノハリ)のメンバーを演じた磯村勇斗と杉野遥亮。劇中で仲の良い姿を見せてくれたふたりは、インタビューでも息ピッタリの“掛け合い”を繰り広げ、心を許し合っている感じに思わずほっこり♡映画を通じて実感した音楽の魅力やライヴの快感、さらにプライベートで夢中になっているものなど、それぞれの素顔が垣間見えたリアルトークをまるっと紹介しちゃいます。

文/若松正子

【磯村勇斗×杉野遥亮 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
23日~25日に掲載されるランキング&インタビュー記事下に3つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、25日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

お互いのバンドパフォーマンスを賞賛!音楽の魅力にどハマり中♪

fukumenkeinoise01――劇中バンド・in NO hurry to shout;(通称:イノハリ)を演じるにあたり杉野さんはベース、磯村さんはドラムを一から練習したそうですが、互いの演奏シーンを見てどう思いましたか?
杉野 磯村くんのドラマー姿は“この人、ヤバい”って本当に震えた。音楽センスもすごいし、見入っちゃいました。
磯村 恐縮です(照笑)。ドラムって動きが大きいから、その分迫力が出るんだよ。
杉野 いや、ドラムってリズム感命でしょ?僕はできないから。
磯村 裏(リズム)、取れないもんね(笑)。でも、杉野くんは身長が高いから、ベースを抱えているだけでめちゃくちゃ映えるし絵になる。顔もギターってよりはベースが似合うしね。
杉野 ベース顔なんだ(笑)。
――言われてみればベース顔(?)かも(笑)。練習する際、参考にしたミュージシャンはいます?
磯村 高校生のバンドって設定だったから10代のドラマーの動画をたくさん観ました。まだ熟練されていないけど勢いのある感じとか、10代らしい動きを研究したかったんですよ。
杉野 僕はDISH//さんとか参考にしました。
磯村 あ〜、そこもあったか!
――それぞれ自分の演奏力は何点だと思う?
杉野 20点。
磯村 低っ!
杉野 難しい曲がいっぱいあったけど、今思えばもっと練習できたなと…。
磯村 絶対20点じゃないって!杉野くんは日に日に技術が上がっていて多分、メンバーの中で一番成長幅があったと思う。演奏しながらジャンプする場面も最初はひとりだけタイミングが合わなかったけど(笑)、今となっては誰よりキマっているし、本当に努力家なんですよ。
杉野 優しいなぁ。で、自分は何点?
磯村 80点。
杉野 高っ!でも僕もそう思う(笑)。
磯村 もちろんテクニックはまだまだだけど、思い切ってやれたから、そういった意味では80点をあげたいなと。
――確かに、ラストの東京・豊洲PITのライヴシーンとか、迫力も臨場感もあって圧巻でした。1000人の前で演奏した気分はどうでした?
杉野 撮影前は「あと3週間、あと2週間…」って不安だったけど、実際にやったら楽しさが勝っちゃって。不安なんてどうでもよくなるくらいのめり込んでいました。
――杉野さんはグリーンボーイズ(映画『キセキ ―あの日のソビト―』で結成したユニット)として、さいたまスーパーアリーナで歌った経験もありますが。
杉野 あのときも最初は緊張して“トイレ行きたい”とかそんなことしか考えられなかったけど、終わった後は「もう一回やりてー!」って超興奮。アーティストさんの気持ちが少しだけわかるなって思ったんです。
磯村 わかる!舞台ともまた違う興奮があるっていうか。
杉野 お客さんの熱量もすごいから、アドレナリンが出まくるんだよね。

多忙なふたりがプライベートで夢中になれるものとは?

fukumenkeinoise02――劇中の“イノハリ”メンバーたちも音楽にのめりこんでいましたが、ふたりはプライベートで我を忘れるほど夢中になっていることはある?
杉野 夢中っていうか僕、温泉がすごく好きで、風呂から出た後はイチゴミルクを飲むっていうのにハマっていて…。
磯村 渋いけどかわいい(笑)。
杉野 で、まだ実現できていないけど、いつか友達と一緒に温泉でゆっくり語り合ってみたい。飲み屋で話すのもいいけど、温泉の方が変な間とか気にせずいられるのがいいでしょ。
磯村 そうだね。でも僕なら風呂上がりはやっぱり生ビールかな。
――お風呂の話になっちゃった(笑)。磯村さんが夢中になっているものは?
磯村 僕はチェキ。最近、買ったんだけど、あれってどんな写真になるか出来上がりが想像できない上に、フィルムも貴重だから1枚1枚すごく慎重になるじゃないですか。撮る前に明るさとか構図とか考えていると時間を忘れるくらい夢中になるし、想像以上のものが撮れたりするとすごく嬉しいんですよね。
杉野 チェキ、いいなぁ。僕も欲しくてなってきた。
磯村 友達といるときに撮っても盛り上がるよ。
――ちなみに、そんな夢中になるものとの出会いも含め、これまでに“運命を変えた出会い”ってあります?
磯村 僕はマイケル・ジャクソン。小学校低学年の頃に初めてマイケルの音楽や映像に触れたんだけど、ライヴでお客さんが絶叫しているのを観て、こんなスターがいるんだ!って衝撃を受けまして。自分もそれくらいの存在を目指したいなって思ったのがこの世界に入ったきっかけ。だから、今でもマイケルの映像を観ると刺激をもらうし、モチベーションが上がります。
杉野 僕は特定の誰かによってガラッと変わった経験はないんだけど、少しずつ自分が変わっている感覚はあって。特にこの1年は関わったすべての人や作品が自分の糧になっていると感じているので、全部の出会いが運命。誰ひとり欠けても今の自分はないと思っています。
磯村 いいこと言うねぇ。
杉野 恐縮です(笑)。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
2つ目→「会


【作品情報】
映画『覆面系ノイズ
2017年11月25日(土)公開

出演:中条あやみ 志尊淳 小関裕太
磯村勇斗 杉野遥亮/真野恵里菜
中島亜梨沙 渡辺大
監督:三木康一郎
脚本:横田理恵 三木康一郎
原作:福山リョウコ「覆面系ノイズ」(白泉社「花とゆめ」連載)
音楽監修/プロデュース:MAN WITH A MISSION
主題歌:in NO hurry to shout;「Close to me」(ソニー・ミュージックレコーズ)
エンディングテーマ:MAN WITH A MISSION「Find You」(ソニー・ミュージックレコーズ)
配給:松竹
©2017映画「覆面系ノイズ」製作委員会

<STORY>
歌うことが大好きなニノ(中条あやみ)は高2の春に転校先の学校で、幼い頃に出会った曲作りをする男の子・ユズ(志尊淳)に再会。ニノを想って曲を書き続けてきたユズは、思わぬ再会に戸惑いながらも気持ちを募らせる。一方、ニノは幼い頃に離れ離れになった幼馴染・モモ(小関裕太)に今でも想いを寄せていた…。いつかモモにこの歌声を届けたい!日々練習を重ねるニノは、とあるオーディション会場でモモらしき人物に遭遇!せっかく再会できたのにモモに気持ちを伝えられないニノ。そんな時、辞めてしまったボーカルの代わりにユズとクロ(磯村勇斗)、ハルヨシ(杉野遥亮)が組むバンドでボーカルを担当することに。それぞれの恋する気持ちが交差する中でニノが気付く本当に大切な人とは!?




あなたへオススメの記事


RECOMMEND
20170629kusakawa_sugino

【インタビュー】草川拓弥(超特急)×杉野遥亮「妹の友だちに愛されたい(笑)」兄弟、恋愛…兄系イケメンズの本音に迫る!

人気少女マンガを映画化した『覆面系ノイズ』の劇中バンド・in NO hurry to shout;(通称:イノハリ)のメンバーを演じた磯村勇斗と杉野遥亮。劇中で仲の良い姿を見せてくれたふたりは、インタビューでも息ピッタリの“掛け合い”を繰り広げ、心を許し合って . . . 続きを読む

20171029matsuo-taiyo

【インタビュー】松尾太陽「芝居はひとりでやるものじゃない、みんなでやるものなんだ」“けだもの男子”が教えてくれたもの

人気少女マンガを映画化した『覆面系ノイズ』の劇中バンド・in NO hurry to shout;(通称:イノハリ)のメンバーを演じた磯村勇斗と杉野遥亮。劇中で仲の良い姿を見せてくれたふたりは、インタビューでも息ピッタリの“掛け合い”を繰り広げ、心を許し合って . . . 続きを読む

20171025takasugi_hayama

【インタビュー】高杉真宙×葉山奨之 友だちを通り越して、家族並みの関係に!急速に距離を縮めた仲良しコンビがここに誕生!!

人気少女マンガを映画化した『覆面系ノイズ』の劇中バンド・in NO hurry to shout;(通称:イノハリ)のメンバーを演じた磯村勇斗と杉野遥亮。劇中で仲の良い姿を見せてくれたふたりは、インタビューでも息ピッタリの“掛け合い”を繰り広げ、心を許し合って . . . 続きを読む

20171020yoshizawa-ryo

【インタビュー】吉沢亮「役者人生の中で海藤瞬が一番のハマり役」笑いを極めた共演者との振り切り合戦!

人気少女マンガを映画化した『覆面系ノイズ』の劇中バンド・in NO hurry to shout;(通称:イノハリ)のメンバーを演じた磯村勇斗と杉野遥亮。劇中で仲の良い姿を見せてくれたふたりは、インタビューでも息ピッタリの“掛け合い”を繰り広げ、心を許し合って . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense