• ミュージック
  • 【ライヴレポ】UVERworld、6人編成となり初ライヴ 「嬉し泣きが出来るくらい幸せ。仲間と夢を大事にな」
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2014.04.02

【ライヴレポ】UVERworld、6人編成となり初ライヴ 「嬉し泣きが出来るくらい幸せ。仲間と夢を大事にな」

UVERworldが6人編成となっての初ライヴを、1日東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで敢行。変わらない熱い波動は、幸運にもチケットをゲットできた700人のオーディエンスを熱狂&興奮させ続けた。

痺れを切らせたファンからの“誠果コール”が巻き起こる中、開演から遅れること約10分、メンバーがステージ登場。記念すべき夜のオープニングナンバーは「Don’t Think. Feel」。ノッケからグルーヴはたくましい。2階から観ると、ステージとフロアが近いのが一目でわかる。至近距離で体感するUVERworldのライヴは怖いくらい刺激的だ。「♪Don’t Think Feel~」と連呼するファンの声が胸に響く。曲が終わり、誠果のサックスをフィーチャーしてバンドが演奏する中、
「Wizard CLUB」がスタート。楽器陣5人が
打楽器を叩くこの曲は、爽快で痛快のひとこと。サウンド的にもビジュアル的にもとにかくカッコいい曲だ。バンド全体がフリーキーな空間を作り出していた。そして「最高にブチあがりたい夜はこの曲をやるしかないでしょ!」とTAKUYA∞が叫んで「UNKNOWN ORCHESTRA」へ。いつもならライヴの中~後半にやる曲を、前半に持ってくるとは!新鮮な驚きを隠せない中、ここにも今夜が特別な夜というのを感じた。ライヴでおなじみの曲だけに、コール&レスポンスが気持ちよく決まった。

TAKUYA∞は「楽しんでいこうぜ。2度とはこない、たった1回しかない今日という日、この目にしっかり焼き付けていってください」とメッセージし「Fight For Liberty」へ。6人全体が作り出す疾走感がたまらなく気持ちいい。生き急いでいるとも感じられるビートとリズム、メロディはリアルな空間で輝き続けた。力強いサウンドから“そう、今日という日は2度とない。だから今を精一杯生きるんだ”とバンドが宣言していると感じた。

そしておなじみの真太郎のMCへ。「増税された日に(笑)、こんなに集まってくれてありがとうございます!メンバーが増えました。というか、元に戻った1発目のライヴが4月1日、エイプリルフール。全部ウソちゃうかと(笑)。冗談はさておき、誠果が戻ってきました。最後まで楽しく、盛り上がっていきましょう」彼のMCは緊張をほぐしてくれる。
続いてTAKUYA∞は「24日、仙台でライヴをやってきたんだよ。そこもキャパ700人で今日も明日(2日)も700人。で、この3日間で3万を超える応募が来たらしいんだ!君たちは2%の確率でここにいるんだよ。おれ達がライヴやりたいと思ったらすぐ来てくれるお前ら、本当に最高だよ!本来の形に戻ったUVERworldの1発目のライヴ、最高の夜にしようぜ!」と熱く叫んだ。

中盤戦は「KINJITO」から始まり、「GOLD」「LIMITLESS」「REVERSI」を演奏。バンドとオーディエンスの結びつきは本当に見事なもので、ここぞというところで手拍子が起こり、声をあげ、手を掲げるファン。この太い絆こそ、ひとつひとつのライヴにこだわり、大切にしてきたUVERworldの財産に違いない。

「…ライヴの時、おれの来てる服とかアクセサリーって全部、先輩が作ってたりするものや、後輩からもらったものなんだ。ライヴは仲間の気持ちを背負ってステージに立ちたいんだよ。カッコよくならなくたっていい、しかし、カッコいい生き方をすべきだろ、なあ兄弟!」という言葉に導かれて「23ワード」が披露された。男気、男の生き様が滲み出ていた。

そして「7日目の決意」へ。ここ最近のライヴで演奏している未発表曲だ。演奏する前にTAKUYA∞は「5年くらい前に行った愛媛の学園祭ライヴの後、真太郎と温泉に行ったんだ。そこで76歳のおじいちゃんに出会って。戦争とか孫のこととかいろんなことを話したんだけど「もし、明日死ぬとしたら怖い?」って聞いたんだ。そしたらおじいちゃん「死にたくねえなあ、いい世界だからねぇ」って言ったんだよ。おれ、めっちゃ嬉しくってさ。おれも言っていたいんだ、76歳になった時に。いろんなイヤなことあるし、なくしていくことたくさんあるけど、希望とか、夢とかを求めて歌っていきたいと思う」と曲に込めた想いを話した。UVERworldのもうひとつの側面、繊細で優しいメロディと深いメッセージを併せ持つこの曲は、心に刺さる曲だ。音源化が待ち遠しくてしかたない。会場中がピースフルな空気で溢れかえった。

その空気は劇的に変わる。彰(G)、克哉(G)、信人(B)、真太郎(Dr)、誠果(Manu&Sax)、楽器陣5人によるインストチューン「Massive」が放たれた。曲タイトル通りの“どっしりした、がっちりした”サウンドは頭を振らせ、腰を揺らせ続けた。

後半戦は「6つの風」から。左右に揺れるオーディエンス。この曲でもコール&レスポンスが決まりまくる。気が付くと真太郎はTシャツを脱ぎ上半身裸で熱演する。そのまま「Born Slippy」へ。場内はレイブパーティー、クラブ空間へと様変わり。ライティングがバンドのグルーヴを後押ししていた。そして「Core Pride」「7th Trigger」「ナノ・セカンド」を演奏。この3連発は問答無用に全身を刺激し続けた。唯一無二のロックバンドであり、表現力豊かなライヴバンドであることを曲そのものが物語っていた。

「14年前この6人でバンドを結成しました。5年間インディーズで活動してきて、ぶっちゃけた話、メジャーデビューするときに周りがサックスの誠果に疑問を抱いたんだ、6人でいる意味はあるのかって。もちろんおれ達は反対したけど、でも誠果は言ったんだよ。「おれはメジャーの中で自分でメッセージする、そこに値する人間になったら戻る」って。そう言って9年間ずっとサポートでおれ達と一緒に歩んできたんだ。…おれ達にとっては誠果が戻ってきた日、発表できた日は、嬉し泣きが出来るくらい幸せだったんだよ。あるべき形のこの6人で、こういうバンドが出来てるっていうのが幸せなんだ。…ありきたりな言葉だけど、おれ達が言うと真実味があると思うんだ、仲間と夢を大事にな。最高の夜をありがとう」TAKUYA∞がこう語りかけて、ラストソング「MOND PIECE」が演奏された。曲が持つメッセージを誰もが深くかみしめ、感動をともなってエンディングを迎えた。

誠果が正式加入し6人編成となったUVERworld。“あるべき姿に戻った”バンドの志は、想像をはるかに超えるものに違いない。今夜のライヴを体感してそう確信した。彼らの作り出す未来に期待せずにはいられない。

写真/dRⅡ

関連リンク

公式サイト
ソニーミュージック公式サイト
UVERworldの楽曲をMusic Unlimitedでチェック!
RECOMMEND

UVERworldに誠果、正式加入「14年前見た夢を この6人で追いかけられる事が嬉しい」(TAKUYA∞)

UVERworldが6人編成となっての初ライヴを、1日東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで敢行。変わらない熱い波動は、幸運にもチケットをゲットできた700人のオーディエンスを熱狂&興奮させ続けた。痺れを切らせたファンからの“誠果コール”が巻き起こる . . . 続きを読む

UVERworld、初の京セラドーム大阪ライヴ決定!「またドームクラスのステージに立てるのが幸せ」

UVERworldが6人編成となっての初ライヴを、1日東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで敢行。変わらない熱い波動は、幸運にもチケットをゲットできた700人のオーディエンスを熱狂&興奮させ続けた。痺れを切らせたファンからの“誠果コール”が巻き起こる . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense