• エンタメ
  • 【インタビュー】高杉真宙×葉山奨之 友だちを通り越して、家族並みの関係に!急速に距離を縮めた仲良しコンビがここに誕生!!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2017.10.25

【インタビュー】高杉真宙×葉山奨之 友だちを通り越して、家族並みの関係に!急速に距離を縮めた仲良しコンビがここに誕生!!

20171025takasugi_hayama

現在放送中のドラマ25『セトウツミ』(テレビ東京ほか)で、寡黙でクールで博識な内海想を演じている高杉真宙と、社交的でお調子者な瀬戸小吉を演じている葉山奨之。本格的な共演は初にして、高校2年生男子が放課後の河川敷で繰り広げる関西弁のかけ合いを主体とした作品そのまま、インタビューでもテンポよく言葉を重ねていくふたりは、すっかり気の置けない仲になってしまった様子。撮影の中で見つけたこと、気になる恋愛観、3話以降の展開など、お互いにあれこれ引き出し合ってくれた。

文/杉江優花

【高杉真宙×葉山奨之 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
25日〜27日に掲載されるインタビュー&ランキング記事下に3つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、27日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

初共演で家族のような仲に!変わりゆくお互いの関係性についてを告白!!

setoutsumi01――ドラマ25『セトウツミ』の撮影が進むうちに、高杉さんと葉山さんの距離感や関係性に変化が起きていたりもするのでしょうか。
高杉 すごく変わりましたよね。
葉山 うん。最初はお互いガッチガチに緊張していたもんね。まずエピソード量が多いし、その中でセリフ量もかなり多いから、お互いセリフを覚えて、どう演じるかを考えるのに必死で。しかも、設定が関西の高校生なので、真宙くんは慣れない大阪弁をしゃべらなきゃいけないっていう。
高杉 だから、なかなかコミュニケーションする余裕がなくて(苦笑)。
葉山 でも、毎日一緒にいるので……。
高杉 ほんと、ずっと一緒ですもんね。
葉山 友だちを通り越して、家族かと思うくらいにね(笑)。
高杉 そうそう。悪い意味じゃなく、一緒にいてなんとも思わないですもん。
――そのくらい、気の置けない仲になっているんですね。まさに、瀬戸くんと内海くんですね。
葉山&高杉 そうですね。
――見事にハモりましたね、息ピッタリ(笑)。
葉山 僕が言いたいことを言って、真宙くんがそれに乗っかってきてくれたり。
高杉 支度部屋にいても、ずっとしゃべっていますから。
――一緒にいて、居心地がすっかり良くなっていると。
葉山 現場でも、僕がずーっとくだらないことや冗談を言うんですけど、真宙くんがちゃんと受け止めてくれたりとか。
――葉山さんが、そのまま瀬戸くんのような。
葉山 あ、そうですね。僕、ほぼ瀬戸です(笑)。
高杉 しかも、奨之くんは知識量がすごくあって、僕が知らないことを教えてくれたり、いろいろ旅行したときの話をしてくれたり。
――楽しいお話が、とめどなく出てくるわけですね。
葉山 僕、無言が好きじゃないんですよ。なんか緊張して笑っちゃうから。そういう僕のとりとめのない話を、真宙くんは「うるせぇよ」って言わないで聞いてくれるから、すごく嬉しい。嫌じゃない?(笑)。
高杉 全然。新たに知ることもあって、いつも楽しませてもらっています。
――なお、先ほど葉山さんは「ほぼ瀬戸」とおっしゃっていましたけど……?
葉山 真宙くんは真宙くんで、役通り内海じゃないですかね。
――わりと寡黙でクールなわけですね。
葉山 ですね。でも、たまにわけわかんなくなるとき、あるよね。いきなり解き放たれるというか(笑)。
高杉 それは……ありますね(笑)。
葉山 そういうところも、頭が良すぎてたまに暴走する内海と同じだなって思う(笑)。
高杉 すみません、たまに糸が切れちゃって(笑)。そして、僕がそうなると、奨之くんが厳しいツッコミを入れてくるんです。
葉山 そこも、『セトウツミ』と同じだよね。いつもは瀬戸がボケで内海がツッコミなんだけど、内海がたまにボケると、瀬戸が凄まじい速さでツッコむっていう。

瀬戸と内海が一番まとも!?こじらせ女子から見える理想の告白スタイルとは?

setoutsumi02――なんと、奇跡的なキャスティングですよね。演じていく中で、見つけるもの、気付くこともあったりするのでしょうか。
高杉 最初、奨之くんは内海っぽいのかなと思ったら、すごく明るくて現場を引っ張ってくれる人で。確かに瀬戸っぽいんですけど、実は周りの状況を見て行動できたり、兄貴気質でもあるなと思いますね。
葉山 最近は自分が一番年下の現場が多くて、諸先輩方を見ていろいろ学べたから、得たものを今回の現場で活かしたいなとは思っていて。
高杉 自分はみんなを引っ張っていくタイプではないから、そうやって現場を明るく盛り上げて引っ張ってくれる奨之くんにすごく救われているし、とても頼もしいです。
葉山 そう感じてもらえているなら良かった。僕は大阪出身なんですけど、ひと口に大阪弁といっても地域によってニュアンスが異なるんだなと、今回改めて気付きましたね。『セトウツミ』は大阪でも南寄りの地域の設定で、ちょっとキツめでテンポが速いから、真宙くんは相当大変だと思うんですけど……見事にしゃべりこなしていて、すごいなと思います。
高杉 まだまだですけど……ありがとうございます(照)。
――ちなみに、『セトウツミ』には樫村一期(清原果耶)や八ツ美(片山友希)といった、ひと筋縄ではいかないこじらせ女子が登場しますが……。
葉山 演じていて、僕らふたりが一番マシなんじゃないかって思うくらい、強烈なキャラクターがどんどん出てくるよね。
高杉 そうそう。濃すぎて胸焼けしちゃうんじゃないかっていう(笑)。
――でも、LINEでしか告白できないとか、ほかの人越しにじゃないと話しかけられないという女の子が、かわいいなと思ったりも?
葉山 僕たちはもう、笑わないで耐えるのに必死で(笑)。
高杉 それどころじゃないですよね(笑)。
葉山 あらためて考えてみると、LINEで告白とか……わかる?
高杉 いやぁ、直接伝えたほうがいいですよね。
葉山 ね。僕は相手の顔を見られないのって嫌だな。
高杉 わかる。会ったほうが、熱意が伝わりそうだし。でも……3話以降、瀬戸と瀬戸に恋するハツ美にまさかの展開が訪れて、心が動いたりするのかなぁ。
葉山 え、今の段階ではわりと雑な扱いをしているハツ美と、そんな展開あり!? ま、雑っていえば同級生の田中くん(森永悠希)が一番雑にされているけど(笑)。
高杉 ほんとに。瀬戸も内海も田中くんにひどい(笑)。
葉山 それに田中くんが気付いていないところがまたね、ジワジワくる(笑)。
――そこかしこで人間関係が噛み合わないようで噛み合っているようで、この先も見逃せません。
葉山 途中からでも全然楽しめる作品でもあるし、約30のエピソードがあって、きっとそれぞれに好きな話があると思うので。どんなタイミングからでも、ぜひ観ていただきたいなと思います。
高杉 わりとシュールな回もありつつ、金曜の夜に何も考えずに観てクスっとしてもらえるだろうし。瀬戸と内海の軽快なかけ合いや強烈キャラクターたちとの絶妙な絡み具合を、ぜひお楽しみください。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1つ目→「仲


【番組情報】
ドラマ25『セトウツミ』(テレビ東京ほか)
毎週金曜日 深夜0:52〜


出演:高杉真宙、葉山奨之、清原果耶、片山友希、田中偉登、髙橋里恩、森永悠希

©此元和津也(秋田書店)/「セトウツミ」製作委員会




あなたへオススメの記事


RECOMMEND
20170901takasugi-mahiro

【インタビュー】高杉真宙 ひとつのことに夢中になれる今が楽しい!叫んで、漕いで、仲間と作り上げた青春の日々

現在放送中のドラマ25『セトウツミ』(テレビ東京ほか)で、寡黙でクールで博識な内海想を演じている高杉真宙と、社交的でお調子者な瀬戸小吉を演じている葉山奨之。本格的な共演は初にして、高校2年生男子が放課後の河川敷で繰り広げる関西弁のかけ合いを主体とした作品そのま . . . 続きを読む

20161130_banner_Hayama

【インタビュー】葉山奨之 「役者以外の仕事は考えられない!」 小栗ら先輩俳優が開拓した道をしっかり受け継ぎたい

現在放送中のドラマ25『セトウツミ』(テレビ東京ほか)で、寡黙でクールで博識な内海想を演じている高杉真宙と、社交的でお調子者な瀬戸小吉を演じている葉山奨之。本格的な共演は初にして、高校2年生男子が放課後の河川敷で繰り広げる関西弁のかけ合いを主体とした作品そのま . . . 続きを読む

20160820_01_banner_Takeuchi

【インタビュー】竹内涼真 夢に向かって走りだせ!! 最高のエールが呼び起こしたキセキ

現在放送中のドラマ25『セトウツミ』(テレビ東京ほか)で、寡黙でクールで博識な内海想を演じている高杉真宙と、社交的でお調子者な瀬戸小吉を演じている葉山奨之。本格的な共演は初にして、高校2年生男子が放課後の河川敷で繰り広げる関西弁のかけ合いを主体とした作品そのま . . . 続きを読む

20161022_01_banner_Mamiya_bk

【インタビュー】間宮祥太朗 「特殊メイクは自分が鰐戸三蔵になるための魔法でした」 強烈キャラを演じる上で心がけたこととは

現在放送中のドラマ25『セトウツミ』(テレビ東京ほか)で、寡黙でクールで博識な内海想を演じている高杉真宙と、社交的でお調子者な瀬戸小吉を演じている葉山奨之。本格的な共演は初にして、高校2年生男子が放課後の河川敷で繰り広げる関西弁のかけ合いを主体とした作品そのま . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense