• ミュージック
  • 【インタビュー】CUBERS「みんなの心に寄り添える“愛”を届けたい!」“枠に収まりきらない”個性が溢れる5人組!!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2017.10.23

【インタビュー】CUBERS「みんなの心に寄り添える“愛”を届けたい!」“枠に収まりきらない”個性が溢れる5人組!!

“枠に収まらず”枠から飛び出していけるようなグループになれるようにという意味を込めて名付けられたCUBERSというグループ名が象徴するように、個性豊かな5人のメンバーが様々なジャンルにアプローチしながら、自らの可能性を拡大し続けている、聴けるボーイズユニット・CUBERS。10月4日に2nd EP『マゼンタ』リリースし、さらに11月5日には東京・Shibuya WWWでワンマンライヴを開催と、勢いを加速している彼らがランキングBOX初登場!

文/星野彩乃

【CUBERS プレゼント企画開催!】
10月23日〜28日に掲載されるインタビュー&ランキング記事にキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、28日掲載のプレゼント企画記事をチェック!お楽しみに♪

かわいい笑顔の裏では厳しいジャッジが!?グループの影のリーダーは誰?


――まずはメンバー紹介をお願いします。では、最年少の優さんについて、隣のTAKAさんがどんな人なのか教えていただけますか?
TAKA 優はCUBERSの最年少で一見、かわいらしい見た目なのですが、実はマッチョで。
 強い男ってカッコいいなって思って、ずっと鍛えているんです。
TAKA 僕らにも筋肉をアピールしたいのか、着替えるとき、上裸の時間がやたら長くて。
綾介 さりげなく見せつけてくるよね。たまに鏡越しに見せつけてきます(笑)。
TAKA この間、学力テストというのを企画でやったのですが、優は見事に赤点を叩き出しまして(笑)。勉強はできないけれど、頭の回転がすごく早くて、なおかつお笑いのセンスもあるんです。
綾介 まだ今は猫をかぶっていておとなしいんですけど、ライヴのMCでも一番笑いを取るし、地頭のいい優秀な最年少です。反面、地頭の悪いのが最年長の春斗で(笑)。ひと言でいえば、ポンコツですね。
――では、前振りをいただいたので、優さんから春斗さんについて、どんな人なのか教えていただけますか?
 ポンコツではあるんですけど(笑)、メインボーカルだけにずば抜けた歌唱力がありますし、料理もプロ並みに上手なんです。
春斗 (満足気に大きく頷く)。
 決めるときはちゃんと決めるんですけど、外すときは思いきり外しまくるという。
――落差が激しいと。
 ギャップNo.1ですね。あと、意外に熱いところがあって、ツイッターにたまに熱い想いを書いたりしているんですけど、文章がむちゃくちゃで。
綾介 せっかくいいこと書いているのに惜しいんですよね。
 この間もマネージャーをMGって略して書きたかったと思うんですけど、MJになっていて。
綾介 マイケル・ジャクソンかよって(笑)。常にツッコミどころが満載なんです。 ――ある種、CUBERSの癒し的な存在にもなっているのでは?
春斗 (満面の笑顔で)そうですね!
TAKA 自分で言っちゃうんだ(笑)。
――この笑顔ですべてが許されちゃうみたいな。
TAKA そうなんです。まさに天然の愛されキャラですね。
――では、綾介さんについて春斗さん、どんな人なのか紹介してください。
春斗 綾介はダンス担当で、今回のEPの収録曲「PINK」の振り付けもつけてくれたんです!
綾介 人間性にまだ触れられてない(笑)。
春斗 じゃあ(笑)、綾介はすごいわんぱくで、ムードメーカー的な感じで、優とはまた違った角度でみんなを笑わせてくれますし、MCでも率先してリードしてくれるので頼りになります。あと、自分の世界観を持っているし、表現の仕方が上手くて、すごいなぁ~と思いますね。
綾介 そうそう、そういうのが欲しかったんだよ!
春斗 でも、ちょっと行き過ぎたところもあって。みんなで草津温泉に行ったときに全員一緒の部屋に泊まったんですけど、朝の4時まで僕を襲い続けるという。
綾介 ちょっと誤解を生んじゃうようなこと言うのやめて。
春斗 全然大丈夫!(笑)。
綾介 笑っている場合じゃないから。ちなみに僕は何のNo.1?
春斗 えっ!?……(しばらく考えて)笑う踊り子No.1。
TAKA 笑わせる、だから。
綾介 自分で笑っちゃってどうするんだよ。
春斗 (スルーして)あと、たまに空回りもします。
綾介 むしろ今、僕があなたに言いたいことだから(笑)。
――今のやり取りを見ているだけでも、普段のみなさんの光景がなんとなく想像できます。
綾介 実は僕が春斗を襲い続けたのには理由があって。このあと、紹介する人が絡んでいるんです。
――ということは、末吉9太郎さんが絡んでいると。では、9太郎さんについて、教えていただけますか?
綾介 僕のスマホに「今から春斗を襲って」ってメールが来て。9太郎はCUBERSの参謀なんです。
――なるほど。だから、先ほどからみなさんが話しているときに、遠目から「うん、うん」って頷いていたんですね。
TAKA 9太郎ジャッジがありますからね。
――しかも、厳しそうですね。
 (即答で)はい!
末吉9太郎 いやいや、そんなことないです!
綾介 ライヴ後の反省会のときにも先陣切ってここは良かった、ダメだったって言いますし。言い方を変えれば、それだけ意識が高くて、自分の見せ方もわかっているプロフェッショナル。よく言えば地頭が良くて、悪く言えばずる賢い(笑)。
一同 そうそうそう~。
末吉9太郎 何それ~!
TAKA あと、ステージに立つ前は誰よりも「緊張する~」とか言っているんですけど、いざステージに立ったら誰よりも笑顔で弾けていて。
綾介 お茶目でかわいいキャラクターに見せかけて、実は努力家ですし。
末吉9太郎 もう、やめてよ~。
綾介 あと、9太郎は女性アイドルが好きで、とくにハロプロさんを敬愛しているんですけど、CUBERSの振り付けにちょいちょい女性アイドルさんのノリが入ってきて。
末吉9太郎 ハロプロさんは、つんく♂さんからの教えで、常に16ビートを刻んでいるんですけど、子供の頃からずっと見ていたので、僕の中にも16ビートを刻むという教えが自然と体に染みついていて。
綾介 リハ中にもその教えを僕らに伝授してきて(笑)。なので、9太郎はアイドル好きな真面目な男No.1ということで。
末吉9太郎 僕は顔がずば抜けてかわいいNo.1で!
――では、9太郎さん、TAKAさんについて教えてください。
末吉9太郎 TAKAは背が高くて、まつ毛が長くて、僕的にはキリンに似ていると思うんですけど、ファンの方からは“王子様”と呼ばれていて。あと、TAKAのインスタはすごく映えているんです。本当にカッコ良くて、僕もインスタ映えするようにTAKAのインスタを見ていろいろ学ばせてもらっています。
――ご自身でもこだわりを持ってやっているんですか?
TAKA そうですね。インスタをあげるときは必ずフレームをつけるようにしていますし、服が好きなので、今日のファッションとかを載せたりしています。
末吉9太郎 あと、性格的にはすごく優しいんですよ。度を超えた優しさと言いますか、気遣いも人一倍できるし、人の気持ちを考えた上で行動してくれるんです。例えば、リハのときに、ここはこうした方が良くない?とか言い争いになったときにも、TAKAが中心に立って、バランスをとってくれる貴重な存在ですね。
綾介 一見ドSに見えるんですけど、ギャップ王子No.1ですね。

いろんな表情を観て欲しい!デート気分を味わえるMVは必見!!


――そんな個性溢れる5人ですが、歌い出すと、それこそギャップ満載で。発売中の2ndEP『マゼンタ』が好評を得ていますが、今作の聴きどころを教えてください。
末吉9太郎 今回のテーマは“愛”ということで、会えるアイドルの方たちがたくさんいる中で、僕たちも会えるアイドルではあるんですけど、会えない時間も聴いてくださるファンの方みなさんの心を埋められたり、寄り添えるようにと思って制作しました。前作の『シアン』は、“夢”をテーマにした青写真とか青春系の曲がメインだったんですけど、今回は “愛”をテーマにした恋愛系の曲も歌っているのでぜひ注目して聴いていただけたらと思います!
綾介 カッコいい曲からかわいい曲まで入っていますし、今までにないCUBERSをお届けできたと思います。
春斗 恋愛系だけに限らず、シティ感だったり、人生観だったり、いろんなジャンルが入った楽しい1枚になっています。
TAKA リード曲の「君に願いを」はMUSIC VIDEOも撮らせていただいたんですけど、CUBERSイチ踊っているMVになっていますし、ダンスでカッコ良く見せる部分もあれば、全員がセルカバーを持って横浜の観光スポットを巡るシーンでは、親近感を感じてもらえると思うので、いろんな僕たちの表情を観ていただけたら嬉しいです。
 『シアン』はバンドサウンドだったんですけど、今作ではブラックミュージックもあったりと、この2作が出たことで僕たちの楽曲の幅がさらに広がったと思います。会えない時間も楽しんでもらえるようにこの作品を作ったんですけど、ぜひこの作品を聴いてライヴにも遊びに来ていただけたら嬉しいです!
末吉9太郎 11月5日には、東京・Shibuya WWWでワンマンライヴを行うのですが、結成初期の頃に会場の前を通ったときに「ここでいつかライヴができるようになったらいいね」ってみんなで話していた憧れの会場だったんです。なので、すごく楽しみですし、この日は来てくれたみなさんがCUBERSで身も心もいっぱいになってくれるような1日にしたいと思います!
TAKA 普段応援してくださっているみなさんには、初めて観るような新しいCUBERSの姿をお見せしたいと思っていますし、初めていらっしゃった方にも僕たちのことをこれから応援していきたいなと思えるような盛り沢山のライヴにしたいと思っているので、ぜひ11月5日はShibuya WWWに集合してください!

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
1文字目→「ギ」




あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【ライヴレポ】超特急、2年ぶりの野外フリーライヴは“超”満員!カイ&タカシのバースデーサプライズも♪

“枠に収まらず”枠から飛び出していけるようなグループになれるようにという意味を込めて名付けられたCUBERSというグループ名が象徴するように、個性豊かな5人のメンバーが様々なジャンルにアプローチしながら、自らの可能性を拡大し続けている、聴けるボーイズユニット・ . . . 続きを読む

【インタビュー】Da-iCE「“好き”って言えていない片想いにすごくハマる」 夏の終わりにぴったりの切ないサマーソング完成!

“枠に収まらず”枠から飛び出していけるようなグループになれるようにという意味を込めて名付けられたCUBERSというグループ名が象徴するように、個性豊かな5人のメンバーが様々なジャンルにアプローチしながら、自らの可能性を拡大し続けている、聴けるボーイズユニット・ . . . 続きを読む

【インタビュー】M!LK「グループとしてまだまだ成長していくという決意表明」 NEXTステージ目指して突っ走る!

“枠に収まらず”枠から飛び出していけるようなグループになれるようにという意味を込めて名付けられたCUBERSというグループ名が象徴するように、個性豊かな5人のメンバーが様々なジャンルにアプローチしながら、自らの可能性を拡大し続けている、聴けるボーイズユニット・ . . . 続きを読む

【インタビュー】FlowBack「メジャー初ワンマンを経て、ここからがスタート」 ファンやスタッフ、メンバーの団結力で壁に立ち向かう!

“枠に収まらず”枠から飛び出していけるようなグループになれるようにという意味を込めて名付けられたCUBERSというグループ名が象徴するように、個性豊かな5人のメンバーが様々なジャンルにアプローチしながら、自らの可能性を拡大し続けている、聴けるボーイズユニット・ . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense