• エンタメ
  • 【インタビュー】吉沢亮「役者人生の中で海藤瞬が一番のハマり役」笑いを極めた共演者との振り切り合戦!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2017.10.20

【インタビュー】吉沢亮「役者人生の中で海藤瞬が一番のハマり役」笑いを極めた共演者との振り切り合戦!

20171020yoshizawa-ryo

福田雄一監督が『銀魂』に続いて手掛ける話題の映画『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)にて、“漆黒の翼”として謎の組織と戦っているという設定の、どっぷり中二病な海藤瞬を演じている吉沢亮。山崎賢人はじめキャストの誰も彼もが奇抜すぎる中でリミッターを完全解除、端正なルックスからは想像もできない振り切った演技で驚かせる彼は、この作品で完全覚醒しまったらしい。「僕自身も中二病なんです」というまさかの衝撃発言にも注目!

写真/草刈雅之、文/杉江優花
ヘアメイク/内山多加子(commune)、スタイリスト/荒木大輔

【吉沢亮 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
10月20日~21日に掲載されるインタビュー&ランキング記事下に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、21日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

運命を感じた海藤瞬は楽しんだもの勝ち!吉沢亮も実は中二病だった!?

yoshizawa-ryo_KUS0085_syusei――吉沢さんは『斉木楠雄のΨ難』の原作を連載当初から毎週欠かさず読んでいて、「もし実写化するなら海藤瞬は自分がやりたい」と思っていたそうですね。
吉沢 そうなんです。『斉木楠雄のΨ難』は大好きなマンガで、しかも海藤瞬は一番好きなキャラクター。重度の中二病な彼は、闇を抱えていますみたいな顔をしておいて、めちゃめちゃビビリだったりもするし……すごくいいヤツなんです(笑)。実写化はあり得ないだろうけど、もし実写化するなら海藤は自分が演じてみたいなとずっと思っていたから、海藤を演じられることになってすごく嬉しかったし、運命的なものを感じました。
――ただ、海藤瞬は原作ファンにとても人気のあるキャラクター。プレッシャーはなかったのでしょうか。
吉沢 自分自身が大の原作ファンなので、原作ファンを裏切りたくないという気持ちはもちろんあるんですけど……今回は、あまりプレッシャーを感じなかったんです。
――裏切らないという自信と、作品やキャラクターへの深い愛があるからですかね。
吉沢 自分の中では海藤像が固まっていたから、あとはもう、楽しんだもの勝ちだなと思って。原作が大好きな自分が感じたまま、イメージしたままっていう感じなんです。その上で、動き方とか立ち方なんかは、現場で閃くままにやってみることも多かったです。
yoshizawa-ryo_KUS0009_syusei――海藤は常にテンションマックスなわけで、普通のテンションからいきなりそこに持っていくのは難しそうにも思うわけですが……吉沢さんにとってはいかがでしたか?
吉沢 意外と、そこの難しさみたいなものはなくて。外からパワーを取り入れて発散させるということでもなく、ただ自分の中でグツグツしているものをそのまま吐き出しているような感じだったんです。俺って中二病なんだなって思いながら(笑)、本当に楽しくやっていました。
――人目なんかまったく気にしないで妄想ワールド全開、ややこしい呪文を口にしながら全力で怪しげな祈祷をしたりとか。
吉沢 原作通りのあのシーンにしても、全然自然でした。呪文を覚えるのは大変でしたけど(笑)。いろんな場面での動きとか、反応するときの声とかなんかは、勝手に出てきた感覚はあります。実はふざけるのが好きなんだなって、自分で思ったりもしました。
――大真面目でふざけるから、観ている側としてはたまりません(笑)。必死の形相でボーリングの玉を7つも引きずって歩くところとか。
吉沢 あれ、全部本物ですから。結構重かったですよ(笑)。いやぁ、大真面目に普通のことを100倍くらいのテンションでやったりとか、おかしなことをキメキメな顔で言ったりとか、そんなことって芝居でも実生活でもなかなかないですよね。ふと冷静になる瞬間に笑いをこらえられなくなるくらい、演じていて楽しかったです。

4回目の福田雄一作品で初めて楽しめた!吉沢亮に刺激を与えた共演者とは?

yoshizawa-ryo_KUS0101_syusei――福田雄一監督作品に出演されるのは4回目ということですが、現場自体の空気も、楽しい雰囲気なのでしょうか。
吉沢 監督もスタッフさんもキャストもみんな笑っているし、とにかく賑やかです。ただ、福田監督はすごく素直に表現される方なので、本当におもしろいときは笑うけど、おもしろくないときは笑わないから、怖いなと思う瞬間は正直あるんです。福田組の人ってみなさんおもしろくて、みなさん爆笑をかっさらっていくのに、自分の芝居のときだけ笑いが起きなかったりすると不安になるし。でも、今回は初めてと言っていいくらい、恐怖を感じずに福田組の現場を楽しめた気がします。みなさんがめちゃめちゃおもしろいので、俺ももっとふざけてやろうって思ったりして。
――中でも、刺激を受けた方はいらっしゃいますか?
吉沢 見ていて、橋本環奈ちゃんは常にすごかったですね。もう、狂気すら感じましたもん。

saikikisuo_yoshizawa-ryo――確かに(笑)。
吉沢 そんなこともしちゃうのか!っていう(笑)。賀来賢人さんも、やっぱりコメディ上手いなと思って見ていたし……みなさんが本当におもしろさを極めていたから、自分も負けていられないなと。たくさん刺激を受ける現場でもありました。
――役者として、新しい扉を開けられたような感覚もあったりして?
吉沢 ここまで芝居でふざけたのは初めてですし、演じていてここまで気持ち良かったのも初めてだし。完成した作品を初めて観たときは、正直言って自分のことを正視できないくらい恥ずかしさがありましたけど(笑)。自分的には、これまでの役者人生の中で海藤瞬が一番のハマり役だなと、勝手に思っていたりもします!
――ちなみに、海藤は超能力が使えると思い込んでいますが、もしご自身が超能力を使えるとしたら、どんな技がいいですか?
吉沢 海藤瞬っていう名前、瞬間移動に由来しているんですけど……やっぱり、瞬間移動がいいな。ただ、旅行の場合は移動する楽しさがあるからなぁ。もし力を授かったら、(仕事の)現場移動にじゃんじゃん使いたいと思います(笑)。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1つ目→「運



【作品情報】
映画『斉木楠雄のΨ難
2017年10月21日(土)公開

出演:山﨑賢人 橋本環奈
新井浩文 吉沢亮 笠原秀幸/賀来賢人 ムロツヨシ 佐藤二朗
内田有紀 田辺誠一
脚本・監督:福田雄一
原作:「斉木楠雄のΨ難」麻生周一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
音楽:瀬川英史
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント=アスミック・エース
©麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

saikikisuo01<STORY>
生まれながらにしてとんでもない超能力を与えられた高校生・斉木楠雄(山﨑賢人)。楠雄は超能力を使わない普通の生活に憧れていた。しかし、そんな彼の願いもむなしく、クラスメイトはトラブルメイカーばかり!彼らの巻き起こす災難に巻き込まれてしまう楠雄は、仕方なくバレないように超能力を使って危機を回避していた。毎年恒例の一大イベントの文化祭当日。ワケありクラスメイトたちが大人しくしているはずがない!次々と災難が楠雄に襲いかかり、超能力を使わなければ解決できない。でも、周りには多くの生徒たち…。どんどん追い込まれていく楠雄。気が付けば、たかが文化祭が、地球滅亡の危機を引き起こそうとしていた。果たして楠雄は、無事に文化祭を乗り越えることができるのか?



あなたへオススメの記事


RECOMMEND
201606_yoshizawaryo_ookamisyoujyo

二階堂ふみも絶賛する吉沢亮のイケメンぶり!個性的なキャラを演じ分ける器用さと親近感に注目!!

福田雄一監督が『銀魂』に続いて手掛ける話題の映画『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)にて、“漆黒の翼”として謎の組織と戦っているという設定の、どっぷり中二病な海藤瞬を演じている吉沢亮。山崎賢人はじめキャストの誰も彼もが奇抜すぎる中でリミッターを完全解除、端正 . . . 続きを読む

20170929chibayudai

【インタビュー】千葉雄大「尊敬する先輩方のような姿を見せたい」命を削って挑む共演者の姿に刺激

福田雄一監督が『銀魂』に続いて手掛ける話題の映画『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)にて、“漆黒の翼”として謎の組織と戦っているという設定の、どっぷり中二病な海藤瞬を演じている吉沢亮。山崎賢人はじめキャストの誰も彼もが奇抜すぎる中でリミッターを完全解除、端正 . . . 続きを読む

20170727kitamura-takumi

【インタビュー】北村匠海「今回の【僕】はすごく自分に近かった」音楽とDISH//が“僕”を変えた大切な存在

福田雄一監督が『銀魂』に続いて手掛ける話題の映画『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)にて、“漆黒の翼”として謎の組織と戦っているという設定の、どっぷり中二病な海藤瞬を演じている吉沢亮。山崎賢人はじめキャストの誰も彼もが奇抜すぎる中でリミッターを完全解除、端正 . . . 続きを読む

20170721ogasawara-kai

【インタビュー】小笠原海「超特急という存在も引き上げたい」作品に向き合うことでより強まったグループ愛

福田雄一監督が『銀魂』に続いて手掛ける話題の映画『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)にて、“漆黒の翼”として謎の組織と戦っているという設定の、どっぷり中二病な海藤瞬を演じている吉沢亮。山崎賢人はじめキャストの誰も彼もが奇抜すぎる中でリミッターを完全解除、端正 . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense