• ミュージック
  • 【インタビュー】CNBLUE「過去を振り返るんじゃなくて、今を大事にしたい」 新たなことに挑戦した、バンド史上最もポップなアルバム到着!!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2017.10.18

【インタビュー】CNBLUE「過去を振り返るんじゃなくて、今を大事にしたい」 新たなことに挑戦した、バンド史上最もポップなアルバム到着!!

20171018_02_banner_CNBLUE

日本デビュー6年目、6枚目のアルバムが完成。“輝き続ける”ことを意味したアルバム『STAY GOLD』は、聴き手をポジティブな気持ちにさせてくれる。フロントマン、ヨンファ自身も「CNBLUE史上最もポップでキャッチーなアルバム」という本作に、今の彼らのモードが反映されているのだろう。常に“最高の今”を更新し続けるCNBLUEが、最新作に込めた想いを聞いた。

文/坂本ゆかり

【CNBLUE プレゼント企画開催】
10月18日〜19日に掲載されるインタビュー&ランキング記事の中にキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、19日に掲載のプレゼント企画記事をチェック♪

リクエストには応えられない!ジョンシンがジョンヒョンにお願いしたこととは?


――日本デビュー5周年のアニバーサリーを終え、10周年を目指す新しい区切の始まりを告げるアルバム『STAY GOLD』は、すごくポップでポジティブな内容ですね。
ヨンファ そう、『STAY GOLD』は、CNBLUE史上最もポップでキャッチーなアルバムっていえると思います。今回は、すごくJ-POPのカラーが強い曲が多いんです。モードはすごくポジティブで、新しいことに挑戦していきたくて。
ジョンヒョン うん、常に更新していきたいんですよ。過去を振り返るんじゃなくて、今を大事にしたい。CNBLUEは今、この瞬間がいつでもGOLD。そして、その輝きがずっと続いていくってことが言いたくて、『STAY GOLD』というタイトルを付けました。
ジョンシン 「いつも笑顔で、ポジティブに」ってことを伝えたくて、こういうアルバムが出来上がりました。
――J-POP色が強いのには、何か理由があるのですか。
ヨンファ 意識したわけじゃないんです。僕は夏に日本でソロツアーをしていたのですが、そのライヴで日本の先輩アーティストの曲をカバーして“いい曲だなぁ”って感じて、そういうテイストの曲を作ってみたくなったというところはあります。こういう曲調って、ジョンヒョンが得意なんだけど、最近はポップな曲が多くて、逆になっているね(笑)。
ジョンシン 僕、ジョンヒョンさんのJ-POPスタイルの曲、大好きなんです。もっと作って!
ジョンヒョン 何、勝手に言っているんだよ(笑)。
ジョンシン 「Lie」みたいな曲、作ってよ~。
ヨンファ 今回のアルバムでは「Only Beauty」が、ジョンヒョンらしいJ-POPスタイルの曲だよね。
ジョンヒョン 僕は“こういうテイストの曲を作ろう”とか考えないで、自分の中から湧いてくるものをそのまま受け入れているから、リクエストには応えられない(笑)。
――リード曲「Starting Over」は、“新たなる旅立ち”という意味ですが、CNBLUEにとっての「Starting Over」っていつでしたか?
ミンヒョク メンバーに初めて会ったときですね。あの時を起点に、僕たちの人生が変わったと思います。あれは10年前だったかな?16歳のときか!外から見たら変わっていないかもしれないけど、僕たち自身は、大きく変わったと思います。だいぶ大人になりました。
――「Starting Over」のテーマとは?
ヨンファ 「明日をスタートさせるための小旅行」です。生活していれば学校や会社、家庭、いろいろな場面で意識しないうちに毎日の小さなストレスが積もっていくじゃないですか。そんなストレスをリセットして、新しい気持ちで進んで行こうって曲です。

ヨンファとジョンヒョンはゴロゴロしてそう!?キャンプでの4人の役割分担


――小旅行にかけて、ビジュアルコンセプトがグランピングなんですね。もし、4人がキャンプに行ったら、誰がどんな役割を担当することになるんでしょう。
ジョンシン 多分、年下の僕とミンヒョクが全部やることになると思います。ヨンファさんとジョンヒョンさんの年上組は、「あれやってー、これやってー」って言いながらゴロゴロしてそう(笑)。
ミンヒョク でもみんな料理が得意だから、料理は全員でやるんじゃない?
ヨンファ そう、何でも作れます!
ジョンヒョン ヨンファさん、キャンプ場に電子レンジはないから(笑)。
ヨンファ 僕は、体にいい料理が得意です。ステーキもできるし、トリの胸肉を使った料理も得意だし。ポッサム(茹で豚)だって作れるし。
ジョンシン デリバリーじゃないの?
ヨンファ 何言っているんだ!ビールを入れて煮込むと肉が柔らかくなるんだから。
――ジョンヒョンさんは釣りが趣味だけど、ほかの3人はアウトドアのイメージがないなぁ。
ヨンファ 僕、アウトドア派ですよ。この前も、日本でサーフィンをしたし。ジョンシンは将来子どもができたら、家族でキャンプに行きそうな気がします。
――「Starting Over」はすごく楽しい曲ですが、ライヴでも盛り上がりそうですね。
ヨンファ この曲を書くときは、ライヴのことを想像しながら書いたんです。ここでみんなが一緒に歌ってくれて、ここでクラップをしてくれてって。
ジョンシン 僕、アルバムの中では「Starting Over」が一番好きだな。楽しいし、アルバムの雰囲気を作ってくれている曲ですよね。11月3日の大阪城ホールから『CNBLUE 2017 ARENA TOUR ~Starting Over~』が始まりますけれど、このツアーでみんな笑顔で「Starting Over」を歌いたいです。
ヨンファ うん。「ライヴで一緒に遊びたい」って気持ちが伝わるといいよね。覚えやすい曲なので、一緒に歌ってください。
ジョンシン アルバムを聴いて、覚えてきてください!
ヨンファ 絶対に!
――息ピッタリ(笑)。ヨンファさんとジョンシンさんは、本当に仲良しですね。
ジョンシン ヨンファさんが僕のこと好きなんです。僕は、まぁまぁだけど。
ヨンファ (ジョンシンをヘッドロックしながら)♪好きになってよかった~。(ヨンファのソロ曲「君を好きになってよかった」のサビを歌う)。
ヨンファ&ジョンシン みなさん、ツアーで待っています!

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
1文字目→「笑」




あなたへオススメの記事


RECOMMEND
6.24CNBLUE01

【ライヴレポ】CNBLUE、ツアー最終日の大阪城ホールでファンからヨンファにサプライズHappy Birthday!「今日のことは死ぬまで忘れない」

日本デビュー6年目、6枚目のアルバムが完成。“輝き続ける”ことを意味したアルバム『STAY GOLD』は、聴き手をポジティブな気持ちにさせてくれる。フロントマン、ヨンファ自身も「CNBLUE史上最もポップでキャッチーなアルバム」という本作に、今の彼らのモードが . . . 続きを読む

5.8CNBLUE

アメリカン◯◯がポイント!CNBLUEのジョン・ヨンファが女性に作ってもらいたい手料理BEST3

日本デビュー6年目、6枚目のアルバムが完成。“輝き続ける”ことを意味したアルバム『STAY GOLD』は、聴き手をポジティブな気持ちにさせてくれる。フロントマン、ヨンファ自身も「CNBLUE史上最もポップでキャッチーなアルバム」という本作に、今の彼らのモードが . . . 続きを読む

5.9CNBLUE

世の中のためになることがしたい!CNBLUEのイ・ジョンヒョンがいつかやってみたい職業BEST3

日本デビュー6年目、6枚目のアルバムが完成。“輝き続ける”ことを意味したアルバム『STAY GOLD』は、聴き手をポジティブな気持ちにさせてくれる。フロントマン、ヨンファ自身も「CNBLUE史上最もポップでキャッチーなアルバム」という本作に、今の彼らのモードが . . . 続きを読む

5.11CNBLUE

一緒に寝る“相棒”に夢中♡CNBLUEのイ・ジョンシンが心安らぐ“heven”な場所BEST3

日本デビュー6年目、6枚目のアルバムが完成。“輝き続ける”ことを意味したアルバム『STAY GOLD』は、聴き手をポジティブな気持ちにさせてくれる。フロントマン、ヨンファ自身も「CNBLUE史上最もポップでキャッチーなアルバム」という本作に、今の彼らのモードが . . . 続きを読む

5.12CNBLUE

とにかくスリルを味わいたい!CNBLUEのカン・ミンヒョクがこの夏にチャレンジしたいことBEST3

日本デビュー6年目、6枚目のアルバムが完成。“輝き続ける”ことを意味したアルバム『STAY GOLD』は、聴き手をポジティブな気持ちにさせてくれる。フロントマン、ヨンファ自身も「CNBLUE史上最もポップでキャッチーなアルバム」という本作に、今の彼らのモードが . . . 続きを読む

20170510bannar_CNBLUE

【インタビュー】CNBLUE「働く人たちを癒して、楽しい気持ちになってほしい!」 心も体も“SHAKE”させるダンスチューン完成!!

日本デビュー6年目、6枚目のアルバムが完成。“輝き続ける”ことを意味したアルバム『STAY GOLD』は、聴き手をポジティブな気持ちにさせてくれる。フロントマン、ヨンファ自身も「CNBLUE史上最もポップでキャッチーなアルバム」という本作に、今の彼らのモードが . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense