• ミュージック
  • 【インタビュー】BOYS AND MEN・誠 「この10人でいるとなんかあっても大丈夫」 7年で紡いだ“根拠のない自信”を胸に突き進む!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2017.08.02

【インタビュー】BOYS AND MEN・誠 「この10人でいるとなんかあっても大丈夫」 7年で紡いだ“根拠のない自信”を胸に突き進む!

20170802BOYSANDMEN_makoto

BOYS AND MENがこの夏贈るシングル「帆を上げろ!」は、作曲にヒャダイン、作詞にいしわたり淳治を迎えた意欲作。爽快感と前向きワードに彩られたこの曲は、ボイメンのこれまでとこれからのメッセージに溢れている。メンバーそれぞれの絆、そしてスピリッツ…誠の5人がいつもよりちょっと熱めにノンストップトーク!

文/田部井徹

【BOYS AND MENサイン入りチェキ プレゼント企画開催】
7月30日〜8月9日に掲載されるインタビュー&ランキング記事下に12個のキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、9日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

斜に構えていたタイプの吉原がボイメンに入って変わったことを告白!

――新曲「帆を上げろ!」、ヒャダインさん、いしわたり淳治さんによる楽曲。最初に聴いたときの印象は?
本田 僕は、元々ヒャダインさんのファンだったので、ヒャダインさんイズムが炸裂したこういう曲を歌えるんだ、と思ってとても嬉しかったです。今まで聴く側だと思っていたのに、歌う側に回れたという感動ですね。
勇翔 最初に聴いた時からテンション上がりました。1回聴いただけで、これはいい、好きだ!と思って、繰り返し聴いていました。
土田 ボイメンってどちらかというと、ガツガツしている雰囲気の曲が多いと思うんですけど、今回は爽やか。でも、歌詞を読み込むと、爽やかだけじゃないというメッセージ性もあって、好きですね。
平松 僕、音楽はヘッドホンで毎回聴くんですけど、この曲は、凄く音が多いし、いろんなところで鳴っているし、お耳遊園地だなって思いました。
本田 「お耳遊園地」。独特なワードきたね(笑)。
平松 良かったら、みなさんも使ってください(笑)。
吉原 歌詞もメロも、ボイメンに新しいものが来たなというという感じがしました。歌詞は、ボイメン、今まで頑張ってきたけど、もう1個上のステップ行こうぜみたいな意味合いが感じられて、気合が入りましたね。ケツ叩かれるような歌詞です。
――その歌詞でいうと、<デカい後悔すんならいっそ大航海>というフレーズは、まさにボイメンのスピリッツという感じがします。
本田 BOYS AND MENって、一度でも在籍した人を全部合わせると100人くらいいると思うんですけど、多くの人は辞められて。別にそれがいけないわけじゃないんですけど、結局何で辞めるかって先があまりにも見えなかったからだと思うんです。そういう中でなぜか、飯食えそうにないけど、いずれ絶対に食えると信じ込んでいた人たちだけが今残っている状態なので、そういう意味では根っこの部分でこの歌詞に込められたスピリットを持っていたんだろうなという気はします。なんとかなる、って。なんとかいけるはずや、って。そう思っていたから今ここにいるのかなと。
勇翔 確かに、やっていくうちにどんどん根付いていったという感じがします。
平松 悔しいこともたくさんあって、そこから変わっていったのは間違いないと思うし。
土田 僕、たぶん一番最後までふわふわしていたんですけど、でもこのメンバーと一緒に夢を追いかけたいと思った時があって、それは悔しい想いを超えた時からだったと思います。
吉原 環境がそうさせたなというのはあります。僕、元々そういうタイプでもなかった。ぶっちゃけてしまうと。なんかちょっと斜に構えていた方がカッコいいと思っていたタイプだったので。
本田 一番カッコ悪いな。
吉原 今思うとね(笑)。だから真っすぐに自信を持って表に出していく強さを知ったのはBOYS AND MENに入ってからなんですよね。BOYS AND MENという環境では、それをできるやつがたくさんいるし、それをやることに誇りを持っているし、それをやる人間が一番カッコいいと言うやつらがいて。それを見て、僕もそれが一番カッコいい人と思えて、どんどん変わった…そんな気がします。
――そして、「根拠ない自信」という歌詞も出てきますけど、グループで何かを目指していく時には必要なことですよね。
本田 そうですね。チームとしてやることに対してはなぜか根拠のない自信が生まれてくるんですよね。
吉原 そうだね。個人だと生まれない想いも10人だと自信として生まれてくるっていうのは、ありますね。

これがボイメン流!?10人の絆を感じる瞬間は喧嘩をしたとき!

――その話に繋がるかもしれないですが、この曲には10人揃うとその力は無限大、というメッセージが込められていますが、具体的にこんな時にグループの強さ、絆を感じたということは?
吉原 僕らもう7年間一緒にやってきているんですけど、毎日ライヴ、毎日公演というのが3年くらいあったので、場数は年数以上のものがあると思っていて、だから今僕がこれを喋って、ウケたとしてもスベったとしても、たぶん誰か助けてくれるなという安心感があるし、それはものすごく心強い。
平松 あるね。
吉原 なんかわからないですけど、7年で築いた、何がって言ったらあれなんですけど、この10人でいると、なんかあっても大丈夫だなという、それこそ根拠のない自信が湧いてきますよね。
土田 僕は、ステージ以外の時だと、自分自身を奮い立たせてくれる存在がたくさんいると感じられて、その頑張っている姿を見ると、自分も頑張らなきゃいけないなという気持ちにさせてくれる…そこが10人の強さだと思います。たぶんひとりだったら僕、何にもしないと思うんですよ、きっと。メンバーが頑張っているので、頑張れるというのはありますね。
勇翔 僕が10人の絆の強さを感じるのは、喧嘩した時ですかね。なんか喧嘩するたびに、今までの悪いところをお互いにその場で言ったりして、そこで一旦、ここからさらにいこうぜみたいな。あの感覚はグループの強さかなと思います。
平松 僕はむしろ、ひとりになった時、ひとりの現場の時に、ボイメン10人の絆を感じます。よし、僕はここで功績残したぜ、みたいな。ボイメンという言葉をあの場で残してやったぜ、みたいなのをメンバーに言いたい気持ちもあって、ひとりの時こそボイメンだから、みたいな、そういう気持ちもありますね。
――では最後に。この夏、この「帆を上げろ!」をこんな場所で、こんなシチュエーションで聴いて欲しい、というのをひと言ずつ。
勇翔 僕は船ですね。フェリーでもいいですし。ヨットとか小さな船もいいと思います。
土田 僕、自宅ですね。自分の部屋。
本田 それはざっくりすぎじゃない?(笑)。
土田 しいて言えばベッドかな。朝、寝起きに聴いて勢いをつけて欲しいです。
平松 勝負の前に聴いて欲しいなと。大事な試験の前とか、気持ちが落ち込んだり、自信をなくしたりする時もあると思うんですけど。この曲を聴いてもらえればちょっと背中を押せるかなと思うので、ぜひそういうタイミングで聴いてほしいです。
本田 夏って何の季節かなって考えた時に恋の季節だと思うんですよね。だから、好きな人がいる時に聴いて欲しいなって思います。勇気が出る1曲だと思うし、この曲が言う新大陸というのは、決して夢を叶えた、熱い夢の話ばっかりじゃなくて、その好きな人と一緒に歩いてほしい場所でもあるなって思うので。
――では最後は吉原さん。
吉原 どんなシチュエーションであれ、あなたの仲間と、いやクルーと聴いてもらえれば。
本田 仲間でええわ。仲間と書いてクルーと読ますな。
吉原 やっぱり、どこか遊びに行く時、同じ車内で仲間、いや、クルーと「アイアイサー」みたいな掛け声、絶対に楽しいと思うので、そういう楽しみ方をしていただきたいなと思います。
本田 夏の思い出とリンクしてくれたら嬉しいね。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
5つ目→「向


RECOMMEND
20170802BOYSANDMEN_YanKee5

【インタビュー】BOYS AND MEN・YanKee5 どんな逆風も10人揃えば無敵!「立ち向かっていくだけの力がないと、僕ららしくない」

BOYS AND MENがこの夏贈るシングル「帆を上げろ!」は、作曲にヒャダイン、作詞にいしわたり淳治を迎えた意欲作。爽快感と前向きワードに彩られたこの曲は、ボイメンのこれまでとこれからのメッセージに溢れている。メンバーそれぞれの絆、そしてスピリッツ…誠の5人 . . . 続きを読む

mizuno-masaru_BOYSANDMEN

ギャップと素顔に弱い♡BOYS AND MEN・水野勝の女性のグッとくる仕草BEST3

BOYS AND MENがこの夏贈るシングル「帆を上げろ!」は、作曲にヒャダイン、作詞にいしわたり淳治を迎えた意欲作。爽快感と前向きワードに彩られたこの曲は、ボイメンのこれまでとこれからのメッセージに溢れている。メンバーそれぞれの絆、そしてスピリッツ…誠の5人 . . . 続きを読む

tanaka-shunsuke_BOYSANDMEN

浴衣で120%楽しみたい!BOYS AND MEN・田中俊介の理想の夏デートBEST3

BOYS AND MENがこの夏贈るシングル「帆を上げろ!」は、作曲にヒャダイン、作詞にいしわたり淳治を迎えた意欲作。爽快感と前向きワードに彩られたこの曲は、ボイメンのこれまでとこれからのメッセージに溢れている。メンバーそれぞれの絆、そしてスピリッツ…誠の5人 . . . 続きを読む

tamura-yukihisa_BOYSANDMEN

辻本達規と素潜り対決!?BOYS AND MEN・田村侑久が夏にメンバーと行ってみたい旅行スポットBEST3

BOYS AND MENがこの夏贈るシングル「帆を上げろ!」は、作曲にヒャダイン、作詞にいしわたり淳治を迎えた意欲作。爽快感と前向きワードに彩られたこの曲は、ボイメンのこれまでとこれからのメッセージに溢れている。メンバーそれぞれの絆、そしてスピリッツ…誠の5人 . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense