• ミュージック
  • 【インタビュー】SF9「日本の音楽シーンに“ファンファーレ”を鳴らす」 虹以上の輝きを放つ個性溢れる9人が日本デビュー!!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2017.06.21

【インタビュー】SF9「日本の音楽シーンに“ファンファーレ”を鳴らす」 虹以上の輝きを放つ個性溢れる9人が日本デビュー!!

FTISLANDやCNBLUEの事務所から、新人グループがデビュー!といってもバンドではなく、事務所初の9人組男性ダンスボーイズグループ。K-POP界にこの数年続いていたHIP-HOPブームから離れ、インパクトの強いフレーズとポイントダンスが特徴というK-POPらしさに回帰した「Fanfare」で日本デビューしたSF9(エスエフナイン)。ランキングBOX初登場となるこの9人が起こしてくれるセンセーションとは?

文/坂本ゆかり

【SF9 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
6月21日〜30日まで掲載されるインタビュー記事&ランキング記事にキーワードが出てきます。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、30日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!お楽しみに♪

メンバーの胸に響いた!CNBLUE・ヨンファからの熱い激励!!


――“Sensational Feeling 9(世界を驚かせる9人の少年たち)”から名づけられたSF9。グループの魅力は何ですか。
ロウン 魅力も大事だけど、それ以上に、他のグループとの違いを打ち出すことが大事。他のグループとの差別化ができてこそ、SF9が輝くと思うんです。メンバー9人にそれぞれ違う魅力があって、それぞれ違うカラーがある。色が違うものが組み合わさった虹が美しく見えるように、虹以上の9色がそれぞれ違う光を放っている僕らは虹以上に輝けるんじゃないかな。
――日本デビュー曲「Fanfare」は、韓国デビュー曲の日本語バージョンですが、どんな曲ですか。
ロウン 日本の歌謡界に「ファンファーレを鳴らす」という抱負が込められています。
インソン 子供の遊び、かくれんぼと鬼ごっこをモチーフに、恋愛模様を描いた曲です。最近流行りのトラップHIP-HOPやエレクトリックサウンドが用いられていて、みなさんの耳に残る中毒性のある曲だと思います。
ジェユン ファンファーレを鳴らすような振り付けが、パフォーマンスのポイントです!
ヨンビン <恋のBell 鳴ってる>というサビのキーパートは僕の担当なんですけど、たくさんの方が「表情がいいね!」と言ってくださいました(ドヤ顔)。
ダウォン いや、そこサビだから目立って当然です(笑)。
――最近あった、「Fanfare」が鳴るような運命の出会い、心が躍る出会いを教えてください。
インソン SF9という名前に最初に出会った時は、本当に不思議な気分でした。この名前は、僕らの運命ですよね。
ジェユン 日本のFANTASY(ファンの名称)に会ったのが、運命。リリースイベントやコンサートで、日本中のFANTASYに会えるのが楽しみ!
ヨンビン じゃあ僕は、心が躍る出会いを。子どもの頃から憧れの先輩たちにお会いできて、ワクワクしました。
テヤン 台湾に行った時に、中島美嘉さんにお会いできたんです!韓国でも「雪の華」は有名なんですよ。
――事務所の先輩方もみなさん日本デビューされていますが、日本デビューに際してアドバイスをしてくださいましたか?
ロウン 僕らの事務所の先輩はバンドが多いので、初の男性ダンスボーカルグループに関心を持って見守ってくださっています。FTISLANDのミンファン先輩は、「ステージに立つ時やファンのみなさんに会う時には、真心を込めるように。頑張る気持ち、一生懸命やる気持ちを忘れずにチームワークを大切にしてね」と言ってくださいました。CNBLUEのジョンシン先輩は僕たちの練習室までわざわざ来てくださって、「チームがとにかく長くやっていくには、絆を深めていくことが大切。みんな同じ気持ちで同じ目標を持って頑張るように」って励ましてくださいました。AOA先輩は「とにかく頑張って、一生懸命やること。一生懸命やっていれば、輝けるし、報われる時が来る」と教えてくださいました。N.Flying先輩は僕たちと一緒に練習生をしていたので、誰よりも僕たちの気持ちを理解してくれて、すごく応援してくれています。
――昨年末に千葉・幕張メッセで行われた事務所のフェス、『2016 FNC KINGDOM IN JAPAN -CREEPY NIGHTS-』では、みなさんがそれぞれ先輩アーティストとのコラボレーションステージを行いました。そのときの練習や本番での思い出を教えてください。ヨンビンさんとチャニさんは、CNBLUEのヨンファさんと、ヨンファさんのソロ曲「Mileage」で3人揃ったダンスを見せてくれましたよね。
ヨンビン ヨンファ先輩はバンドマンなのに、ダンスがとても上手いんですよ!出番前に緊張している僕らを「緊張しないで楽しんで!」と励ましてくれました。
チャニ ヨンファ先輩はパフォーマンスでファンの心を掴むのが上手いけど、ユーモア溢れるトークもすごくて、感動しました。練習中もずっと、先輩が笑わせてくださいましたし。
――インソンさん、ジェユンさん、ダウォンさん、フィヨンさんは、CNBLUEのジョンヒョンさんのソロ曲「Pinacolada」に参加しました。
インソン ダンスのシンクロ率を高めるために、一生懸命練習したよね。
ジェユン ジョンヒョン先輩がステージでもマイクを渡してくださったり、ずっと僕たちのお世話をしてくださったり、配慮をしてくださったんです。とてもありがたかったです。
フィヨン 本当に男が惚れる男って、ジョンヒョン先輩みたいな人だと思います。
――ジュホさんは、AOAのジミンさんとふたりで「PUSS」を歌いましたが、大抜擢ですね。
ジュホ ちょっと変わった構成だったので、夜明けまでふたりで研究して練習しました。
――そしてロウンさんとテヤンさんは、FTISLANDのホンギさんのソロ曲「Kings for a day」を一緒に歌いました。
テヤン とても緊張したけど、ホンギ先輩のリードに一生懸命ついていきました。すごく楽しかった!
ロウン 僕たちのように、決まった振り付けのパフォーマンスでは感じることができない自由なステージを経験させてくださいました。異次元って感じでした(笑)。
――5月に東京・日本武道館で行われた『CNBLUE SPRING LIVE 2017~ Shake! Shake! ~』のオープニングアクトも行いましたが、先輩たちから学んだことは?
ダウォン ヨンファ先輩が「時を知ることが重要だ」と教えてくださいました。
ジェユン そして、「ステージの上では楽しんで、何も考えるな、すべてのエネルギーを爆発させろ!」って。
インソン 本当にCNBLUE先輩のライヴはカッコいいですよね……。「ステージでは世界で一番カッコよくないといけない」というヨンファ先輩の言葉が胸に響いたし、「本当のプロはこうじゃなくちゃ!」って悟りました。

一緒にいたヨンビンが告白!フィヨンがあまりにも号泣した映画とは?


――個人的なことも伺いましょう。今、ハマっていることはありますか?
ヨンビン SF9では、ジュホが作詞・作曲・プロデュースなどを手掛けていますが、僕もちょっとやっているんです。もっと曲作りが上手くなりたいな、と思っています。それと、先日、ロウンがファッションショーにモデルとして出演したので応援に行ったのですが、ショーに行くのも初めてでドキドキしたし、華やかで、ファッションに興味を持つようになりました。
インソン 僕はボーカル担当だけど、HIP-HOPが大好き!僕の中にはラップの血が流れているみたい(笑)。
ジュホ 僕もラップにハマっています。ラッパーなので、ラップがもっと上手くなるように、ラップの研究はマスト!
ロウン 最近は音楽、というか歌にハマっています。忙しい中でも歌を必ず聴くと元気になれるんです。ONE OK ROCKなど日本のロックも大好きです。
チャニ  僕も歌を聴くこと。歌を聴きながら目を閉じていると癒されます。
ジェユン 子供の頃から野球が大好き。シーズンが始まったので、結果が気になります。
ダウォン グルメです。人生は短いから、おいしいものを探さなきゃ(笑)。
テヤン 日本語ですね。日本のファンといっぱい話したい!頑張って勉強しているけど、難しい~。
フィヨン 僕は、ロマンティックな映画を観るのが好きなんです(笑)。
チャニ フィヨンくんはすごくナイーブで優しくて、見た目はこんなに男らしいけど涙もろくて、映画を観て、よく泣いているんです。
ヨンビン この前、フィヨンくんと一緒に『釜山行』という韓国映画を観たんですけど、気付いたら泣いていたんです。赤ちゃんみたいに……。これ、ゾンビ映画ですよ(笑)。
――最後にこれから日本での活動に対する抱負をお願いします。
インソン 様々なジャンルが受け入れられている成熟した音楽マーケットがあって、素晴らしいアーティストがたくさんいる日本には学ぶこともたくさんあるし、期待も大きいです。そんな日本で大きなステージに立ちたいし、アーティストとして認められたい。頑張って活動して、SF9がセンセーションを起こせるグループだということを認めてほしいです。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1文字目→「セ」




あなたへオススメの記事


RECOMMEND

世の中のためになることがしたい!CNBLUEのイ・ジョンヒョンがいつかやってみたい職業BEST3

FTISLANDやCNBLUEの事務所から、新人グループがデビュー!といってもバンドではなく、事務所初の9人組男性ダンスボーイズグループ。K-POP界にこの数年続いていたHIP-HOPブームから離れ、インパクトの強いフレーズとポイントダンスが特徴というK-PO . . . 続きを読む

とにかくスリルを味わいたい!CNBLUEのカン・ミンヒョクがこの夏にチャレンジしたいことBEST3

FTISLANDやCNBLUEの事務所から、新人グループがデビュー!といってもバンドではなく、事務所初の9人組男性ダンスボーイズグループ。K-POP界にこの数年続いていたHIP-HOPブームから離れ、インパクトの強いフレーズとポイントダンスが特徴というK-PO . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense