• ミュージック
  • 【シド 日本武道館公演 2017「夜更けと雨と」】 4人もファンも待ちに待った1年7ヶ月ぶりの単独ライヴ!「この場所を大切にしながら、ブっ倒れるまで走り続けるから」
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2017.05.31

【シド 日本武道館公演 2017「夜更けと雨と」】 4人もファンも待ちに待った1年7ヶ月ぶりの単独ライヴ!「この場所を大切にしながら、ブっ倒れるまで走り続けるから」

シドが、1年7ヶ月ぶりとなる単独公演を、5月12日、13日に東京・日本武道館で開催。両日ソールドアウトとなった2公演のうち、ここでは「夜更けと雨と」と題された1日目の模様をお伝えする。

雨降るオープニング映像ののち、ステージ下からゆっくりとせり上がってきたのは、横1列に並び、久々に揃った4人の姿。待ち構えていたオーディエンスが大歓声で迎える。

懐かしい曲が多く組み込まれたこの日の1曲目は、愁い色をたたえたShinjiのアルペジオで幕を開ける「紫陽花」。叙情的な旋律と骨太いバンドサウンドがベストバランスで成り立つのがシド。どっしりとしたドラムで支えるゆうやの見せ場、Shinjiのギターと明希のベースの絡み、そこからのShinjiのワウを使ったソロ。そして、1曲の中で繰り広げられるドラマを、マイクスタンドの前に立って情感豊かな歌で鮮やかに描くマオ。待ち望んでいたシドの姿だ。

「紫陽花」のラスト、ゆうやのドラムが残した深い余韻に浸っていると、躍動感溢れる「林檎飴」ではマオがハンドマイクに持ち替えて、空気は一変。レーザー光線がバシバシ飛び交った「罠」では、マオがステージ左右に伸びた花道へと向かってオーディエンスを沸かせる中、Shinjiと明希が向き合って演奏したり、Shinjiのギターソロのときにはマオがゆうやのドラム台に昇ってアイコンタクトをしたり。ロックバンドならではのパフォーマンスに、どうしたって胸が高鳴る。

「お待たせしました、シドです。待ってた?(大きな拍手を浴びて)待たせた!でもね、待っていたのが自分だけだと思っていたら大間違いだよ?俺たちも待っていたから。今回の2Days武道館は、2日間それぞれコンセプトライヴ。今日はかなりマニアックな曲もあります。そして、今日やった曲は、明日ほぼやりません」

マオにますます期待感を煽られて、いきなり銀テープが弾け飛んだ「アリバイ」へ。花道へ進むときに明希の肩を抱いたり、花道の先でオーディエンスに目線を合わせるように歌うマオの姿も嬉しい。さらに、口ずさみながらベースを弾いていたらマオに後ろからハグされた明希をはじめ、Shinjiも、ゆうやも笑顔。4人が明らかに楽しそうで、オーディエンスもたまらず大合唱。

「いいじゃんいいじゃん、続けていこうか!」となだれ込んだ「妄想日記」では、艶っぽく歌ったり巻き舌で攻めたりするマオが「もっとちょうだい!」と叫べば、オーディエンスも全力でコール。そのまま勢いにのった「妄想日記2」では、イントロで明希がジャンプ、マオがShinjiの肩に手を回して歌ったり、明希がゆうやのそばで昂ったり。

「いやー、シド楽しいね。いやー、シドいいわ。シド好きだな、俺」とマオが噛みしめていると、「「妄想日記」のあと、マオが「「妄想日記2」もあるぞ!」って言ったときに感動したんだよね!」と感慨深げなゆうや。「「「妄想日記2」やるぞ!」じゃなかった?」とマオが返すと、「とにかく、リハではそういう言葉はないからさ、お客さんと同じ目線で感動したんだよ(笑)」と言いつつ、「登場のときから、すごくワクワクしていた。お客さんの顔が見えて安心したし、俺たちの場所を作ってくれてありがとう」と感謝。近寄ってきたマオを思わずハグした明希は、「久々の人も、はじめましての人も、ハートを鷲掴みできるように熱い気持ちでやります!」と宣言。「懐かしい曲をやるのは非常に嬉しいことです」と切り出し、マオと1stアルバム『憐哀 – レンアイ』制作時を振り返りつつ、「こうしてたくさんの人に待っていてもらえて、本当にありがたいと思います」と感謝を口にしたShinji。それぞれ、人柄もなんて素敵なんだ。

「ここからマニアックな曲、あまりライヴでやっていない曲をやります」とマオが導いたのは、ブルージーな「レイニーデイ」。ジャジーな「暖炉」にしても、歌力と演奏力があればこそ、心地良く響く。

Shinji、明希、ゆうやがしなやかに温もりある音を紡ぎ、マオが柔らかな歌声に乗せて想いを届けたのは「ハナビラ」。ラストのロングトーンも素晴らしく伸びやかだ。初めてライヴで披露した歌心に満ちた「夢心地」といい、グっときてしまう。

「シャケの切り身に例えると、そんなに脂はのっていないけど身は大きくて勢いがあったのが、メジャーデビューした9年前。今は、身は細いけど脂がたっぷり乗っている先っぽに向かおうとするところ。この4人が脂プリっプリになっていくところを見守ってください」

言い得て妙なマオの言葉から、重厚でドラマティックな最新曲「バタフライエフェクト」へ。覚醒させるようなパワーは、ライヴでとんでもない起爆剤になる。疾走する「ENAMEL」では、マオがフロントマンとして頼もしく牽引する後ろで、Shinjiと明希がまたまた向き合って演奏したり、ドラム台でゆうやとともにバンド感を高めたり。マオが「コブシ出せ!」と扇動した「dummy」では、明希も腰の高さくらい低くしたスタンドマイクで煽ったり。インディーズ時代からアグレッシヴを極め続けているスラッシーな「吉関学17歳(無職)」では、ここはライヴハウス!?と見紛うほど、フロアはヘドバンまみれ。シドの変幻自在ぶりに、翻弄されて、圧倒されるしかなかった。

アンコールでは、「循環」で予定になかったメンバー紹介をしつつ、オーディエンスが歌詞に合わせておなじみの回転をしたり。マオが思いつきのダンスをしたり、マイクひとつでShinjiと明希が歌う姿にもほっこり。

「初日で全部出しきろう!……結婚しよう!」というマオの誘いからの「プロポーズ」。驚きのボリュームでオーディエンスがコールした「隣人」。ステージを囲むようにファイヤーボールが燃え上がる中、オーディエンスのジャンプで会場が揺れた「眩暈」。瞬きを忘れるくらい、惹き込まれ続けた。

「みんなが引っ張ってくれて、1曲目からエンジンかけることができました。こうやって集まって、俺たちが曲を届けて、みんなが騒いだり、沁みたりしながら後半に向かってひとつになっていく感覚を味わえるこの場所を大切にしながら、ブっ倒れるまで走り続けるから」

そう決意表明し、最後はマイクを通さずに後ろまで「愛してます!」と想いを届けたマオ。だから、シドのライヴはやめられない。

文/杉江優花



<セットリスト>
1.紫陽花
2.林檎飴
3.罠
4.アリバイ
5.妄想日記
6.妄想日記2
7.レイニーデイ
8.暖炉
9.ハナビラ
10.夢心地
11.バタフライエフェクト
12.ENAMEL
13.dummy
14.吉開学17歳(無職)
-アンコール-
EN1.硝子の瞳
EN2.循環
EN3.プロポーズ
EN4.隣人
EN5.眩暈


あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【シド 日本武道館公演 2017「夜明けと君と」】 「モテる男はサプライズが得意です(笑)」衝撃の演出と最高のプレイで魅せつけた未来へと繋がる“光”

シドが、1年7ヶ月ぶりとなる単独公演を、5月12日、13日に東京・日本武道館で開催。両日ソールドアウトとなった2公演のうち、ここでは「夜更けと雨と」と題された1日目の模様をお伝えする。雨降るオープニング映像ののち、ステージ下からゆっくりとせり上がってきたのは、 . . . 続きを読む

【インタビュー】シド「1年7ヶ月空けた意味のある成長を感じさせるライヴにします」 日本武道館2Daysに向け、新たな羽で飛び出した4人!

シドが、1年7ヶ月ぶりとなる単独公演を、5月12日、13日に東京・日本武道館で開催。両日ソールドアウトとなった2公演のうち、ここでは「夜更けと雨と」と題された1日目の模様をお伝えする。雨降るオープニング映像ののち、ステージ下からゆっくりとせり上がってきたのは、 . . . 続きを読む

カジュアルやモードでも相性抜群!シド・マオが夏に合わせたいファッションアイテムBEST3

シドが、1年7ヶ月ぶりとなる単独公演を、5月12日、13日に東京・日本武道館で開催。両日ソールドアウトとなった2公演のうち、ここでは「夜更けと雨と」と題された1日目の模様をお伝えする。雨降るオープニング映像ののち、ステージ下からゆっくりとせり上がってきたのは、 . . . 続きを読む

しょうがとにんにくのパンチが最高!シド・Shinjiのお気に入りラーメン店BEST3

シドが、1年7ヶ月ぶりとなる単独公演を、5月12日、13日に東京・日本武道館で開催。両日ソールドアウトとなった2公演のうち、ここでは「夜更けと雨と」と題された1日目の模様をお伝えする。雨降るオープニング映像ののち、ステージ下からゆっくりとせり上がってきたのは、 . . . 続きを読む

重厚感や風味がしっかりしていてオススメ!シド・明希が最近飲んでおいしかったワインBEST3

シドが、1年7ヶ月ぶりとなる単独公演を、5月12日、13日に東京・日本武道館で開催。両日ソールドアウトとなった2公演のうち、ここでは「夜更けと雨と」と題された1日目の模様をお伝えする。雨降るオープニング映像ののち、ステージ下からゆっくりとせり上がってきたのは、 . . . 続きを読む

サラダから添え物まで幅広く使える!シド・ゆうやの家で育てるのにオススメな野菜BEST3

シドが、1年7ヶ月ぶりとなる単独公演を、5月12日、13日に東京・日本武道館で開催。両日ソールドアウトとなった2公演のうち、ここでは「夜更けと雨と」と題された1日目の模様をお伝えする。雨降るオープニング映像ののち、ステージ下からゆっくりとせり上がってきたのは、 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense