• エンタメ
  • 嵐・大野&二宮主演作に“おもしろフラグ”!テレビライターが教える4月期ドラマの注目作!!
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2014.03.20

嵐・大野&二宮主演作に“おもしろフラグ”!テレビライターが教える4月期ドラマの注目作!!

■ドラマ低迷期から脱却!?超豪華出演者×スタッフの最強タッグで勝負

いよいよ出揃ってきた4月期ドラマ。各局ラインナップはさまざまだが、日本テレビ系の『トクボウ 警察庁特殊防犯課』や、TBS系の『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~』、テレビ朝日系の『BORDER』にフジテレビ系の『ビター・ブラッド』や『SMOKING GUN~決定的証拠~』など、今回も警察モノがほぼ1局につき1作品は登場している。しかも佐藤健や香取慎吾(SMAP)、西島秀俊に小栗旬や伊原剛志など、主要メンバーはこうして名を連ねるだけでも豪華絢爛だ。加えて今期は『リング』『クロユリ団地』の中田秀夫(テレビ朝日系『死神くん』)や、『モテキ』『恋の渦』の大根仁(テレビ東京系『リバーズエッジ 大川端探偵社』)、『ジョゼと虎と魚たち』『のぼうの城』の犬童一心(テレビ東京『セーラーゾンビ』)ら、映画界で活躍する人々がメガホンを取る作品が目立つ。さらに映画『GO』&ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』を生み出した金城一紀が『BORDER』の原案・脚本を務め、メガヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)の原作者・池井戸潤の小説が新たに2作(日本テレビ系『花咲舞が黙ってない』、TBS系『ルーズヴェルト・ゲーム』)ドラマ化されるなど、俳優のみならずスタッフ陣営にも今期はより力が入っていることがうかがえる。

■二宮先生がへっぽこ野球部に喝!?キャスティング&テンポの良さに“おもしろフラグ”!

力作揃いの今期の中で個人的に“チェックしておいて間違いなし!”とオススメしたいのが、嵐の二宮和也主演『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)。生物の研究を行う青志(二宮)は、職場だった東京大学の研究室が一時閉鎖に追い込まれ、仕方なく母校である超有名進学校の臨時教師をすることに。そこで彼は創部以来勝てたことがない、部員6名の弱小野球部の存在を知る。青志もかつては同じ野球部だったが、辛い過去から逃げ無理やり野球とは縁のない日々を送っていたのだ。校長から野球部の監督をしないかと誘われるも、固辞する青志。そんな中、ある出来事を機に彼の闘志が再燃。まずは何が何でも試合ができる9人を集めるようとするが……。

近年主流の警察・医療ものでもない、スタッフも一見派手ではないが、とにかく今作は掘れば掘るだけ、中身を知っていけば知っていくだけ“おもしろフラグ”が立っていく代物だ。まず真っ先に目が引かれるのは、キャスティングのおもしろさ。少年野球経験者で初の教師役に挑む二宮、その彼がまとめることになる野球部の面々には今注目の若手俳優陣がズラリ。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』でブレークした福士蒼汰と有村架純に、二宮の事務所の後輩で『半沢直樹』では新人銀行員を好演したHey! Say! JUMP中島裕翔。また映画『GANTZ』シリーズで二宮と共演経験もある実力派若手の本郷奏多や、ドラマスタート同日公開の映画『L♡DK』では主演を務めている山崎賢人。さらに『特命戦隊ゴーバスターズ』(テレビ朝日系)で一躍注目を集めた鈴木勝大など。すでに人気と実力をある程度保持しつつも今後、益々の活躍が期待できそうな若手俳優がこれだけ集結している現場はあまりない。もちろん麻生久美子や市川海老蔵、薬師丸ひろ子ら、彼らを支える大人たちも他作品に負けない魅力ある人々が集まっている。

また第2のフラグは、ズバリ内容。弱小野球部が新しい監督を得てどんどん強くなっていく……というこれまでに何度か聞いたことがあるような設定だが、放送前にチラリと覗いた台本はかなり読み応えがある。研究者らしい淡々とした口調の青志が分かりやすく燃え立つ様子が二宮自身の姿にも重なるようでワクワクさせられるし、そんな青志にビックリしつつも割とすんなり受け入れる進学校の生徒たちも楽しい。そして何よりいいのは、全体的なテンポの良さだ。脚本を手がけているのは、これまで舞台の作・演出を手掛ける機会が多かった倉持裕。自身も学習院大学を卒業した秀才であることに加え、舞台ならではの会話の妙が存分に活かされた脚本に感じた。映像されたあかつきには、果たしてさらにどんなエッセンスがプラスされるのか。今から楽しみで仕方ない。

■大野が異質なキャラクターに挑戦!『半沢直樹』で話題のあの人がドラマ初主演

ほかにもオススメ作品は多数。大野智(嵐)が『歌のおにいさん』以来およそ5年ぶりに金曜ナイト枠で主演を務める『死神くん』は、原作漫画の絵のコミカルさからは想像がつかないほどに深くて切ないお話。まもなく死を迎える人間がどんな風に死を見つめ、また生き方を選ぶのか。“死神くん”という異質なキャラクターから見る死生観はまた新しい見方を視聴者に与えてくれるはずだ。

また話題性+バイプレーヤー好きな自分としては、『半沢直樹』で半沢(堺雅人)の同期のひとりを演じ、脚光を浴びた滝藤賢一が初主演を飾る『俺のダンディズム』(テレビ東京系)も観逃せない。若い女性社員のひと言を機にダンディーになろうと一念発起するサラリーマン。その指南役にはパンツェッタ・ジローラモも本人役で出演するなど、同性のみならず女性にとっても身になる知識が豊富に散りばめられていそう。さらに売れっ子作家・福田雄一と、彼の作品といえばこの人!な個性派俳優・ムロツヨシが強力タッグ。福田が偉人を新しい見解で捉え、それをムロが1シミュレーションコメディで熱演する『新解釈・日本史』(TBS系)も要チェック案件だ。

さまざまな方面から興味をそそられる今期。気になるものはぜひ1話目からチェックしてみて。

文/林福子

RECOMMEND

城南海の好きな海外ドラマBEST3

■ドラマ低迷期から脱却!?超豪華出演者×スタッフの最強タッグで勝負いよいよ出揃ってきた4月期ドラマ。各局ラインナップはさまざまだが、日本テレビ系の『トクボウ 警察庁特殊防犯課』や、TBS系の『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~』、テレビ朝日系の『BORD . . . 続きを読む

AZUに聞いたオススメの海外ドラマBEST3

■ドラマ低迷期から脱却!?超豪華出演者×スタッフの最強タッグで勝負いよいよ出揃ってきた4月期ドラマ。各局ラインナップはさまざまだが、日本テレビ系の『トクボウ 警察庁特殊防犯課』や、TBS系の『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~』、テレビ朝日系の『BORD . . . 続きを読む

佐久間正英、日本音楽シーンに遺した偉大な足跡 その人物像と軌跡を検証

■ドラマ低迷期から脱却!?超豪華出演者×スタッフの最強タッグで勝負いよいよ出揃ってきた4月期ドラマ。各局ラインナップはさまざまだが、日本テレビ系の『トクボウ 警察庁特殊防犯課』や、TBS系の『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~』、テレビ朝日系の『BORD . . . 続きを読む

華原朋美のオススメ海外ドラマBEST3

■ドラマ低迷期から脱却!?超豪華出演者×スタッフの最強タッグで勝負いよいよ出揃ってきた4月期ドラマ。各局ラインナップはさまざまだが、日本テレビ系の『トクボウ 警察庁特殊防犯課』や、TBS系の『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~』、テレビ朝日系の『BORD . . . 続きを読む

EGO-WRAPPIN'、オダギリジョー主演のドラマ主題歌を含む ニューシングル5月発売

■ドラマ低迷期から脱却!?超豪華出演者×スタッフの最強タッグで勝負いよいよ出揃ってきた4月期ドラマ。各局ラインナップはさまざまだが、日本テレビ系の『トクボウ 警察庁特殊防犯課』や、TBS系の『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~』、テレビ朝日系の『BORD . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense