• ミュージック
  • 【インタビュー】遊助 “リアル”を追及した自信作 “旅の途中”の人にオイラの歌届けます
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2014.03.19

【インタビュー】遊助 “リアル”を追及した自信作 “旅の途中”の人にオイラの歌届けます

今までのアルバムの中で「一番好き」と豪語するくらい大満足に仕上がったというアルバム『あの・・旅の途中なんですケド。』には、“人生”という旅の途中にいる全ての人に向けたメッセージが詰め込まれている。リスナーのより深い部分に刺さるようにと“リアル”さを追求した楽曲群からは、今の彼だからこそ伝えられる想いを感じることができる。そんな自信作について、楽曲の制作秘話や、アルバムを作るにあたり変わり始めた気持ちの変化など、たっぷりと語ってくれた。

写真/草刈雅之 文/星野彩乃

大満足のアルバムが完成!羞恥心時代の想いを綴った曲も収録

――通算5枚目となるアルバム『あの・・旅の途中なんですケド。』がリリースされますが、すべてが出来上がった今の率直な感想はいかがですか?

遊助 おれ、このアルバム、一番好きかもしれない!

――制作の苦しみとかはなかったんですか?

遊助 いや~あったよ(笑)。でも、それを忘れちゃうぐらい、とにかく楽しかったんだよね。最初からこういうアルバム、曲を作ろうっていう明確なものがあって、そこに向かって突き進んでいったんだけど、もうね、何の悔いもない!それぐらい自分の中で満足してる。

――やり残したこともないと。

遊助 ない!全部やり切った!

――俳優のお仕事も多忙な中での制作だったにも関わらず、そう断言してしまえるって!

遊助 僕はアルバム全体を通してひとつの作品だと思っていて、今までは“この曲入れたいけど、アルバムのタイトルや全体の流れを考えると異色になっちゃうかな”って、どうしてもはみ出しちゃう曲があったんだけど、今回はそれもまったくなくて。

――『ご自身でもっとも楽しさを感じながら制作された曲をひとつあげるとしたら?

遊助 難しいな~。でも、作り終えてスッキリしたのは「HistoryⅢ」かな。

――これは、遊助さんの歴史を振り返るシリーズ第三弾となりましたね。

遊助 いよいよあの時代に突入しましたっていう(笑)。前回のⅡを書いたときに、次は羞恥心のことを書こうって決めていたんだよね。しかも今回ちょうど“Ⅲ”だし、イコール羞恥心(3人)!あの頃、実はこういうことを思ってたんだってことを笑顔で言える日が来たらいいなってずっと思っていたから、溜まっていたものがスコーンと出たみたいな感じ。でも、誤解してほしくないのは、決して後ろ向きなものだったり、あの頃が嫌だったわけじゃない。応援ソングになったらいいなと思って作ったんですよね。

――ちなみに「History」シリーズは、どれぐらい続いていくんでしょうね。

遊助 とりあえずⅦぐらいまでは構想があるかな(笑)。

――楽しみにしています。また毎回の楽しみといえば、遊turing!「Ring遊turing Ms.OOJA」では、Ms.OOJAさんとのコラボレーションによって男性と女性の心情を見事に歌い分けているのが印象的でした。

遊助 一緒に作るにあたって、リアリティを追求しようということになって。「今までどんな男を好きになってきたの?」って聞いたら、「いわゆるダメな男を好きになることが多い」って。じゃあ、おれがそのダメな男を書くわって言ったんです。で、ただの恋愛ソングじゃなくて、聴いている人が“なんでこんなに会えないんだろう、切ない”と感じるような、障害のある恋愛をテーマにしたラブソングを作ろうってことになって。最初にOOJAが“私は何度泣いたらあなたと結ばれるの?”みたいな歌詞を書いてきたんだけど、女の嘆きを書くんじゃなく、もっと可愛くいてくれってお願いして(笑)。それでも私は幸せなんだって、自分の幸せを願ったほうが健気で可愛く感じるし、2人の関係性もより切なく哀しく映るからって書き直してもらったんです。愛おしく感じられるような女の子を歌詞と彼女の素敵な歌声で表現してもらいました。

――対照的に「キャッチボール 遊turing Rake」は、男同士の友情ソング。

遊助 Rakeくんはもともと野球部で、現在も地元・仙台に住んでいるんです。なので、夢を抱いて東京に出てきたものの、人ごみに飲まれてこれでいいのかな?って自問自答している男の子と、かたや地元で昔は一緒に夢を語り合っていたけれど、嫁も子供も大きくなり、これでいいのかな?って自問自答している2人の男を、おれとRakeくんにそれぞれ置き換えて、お互いのことを想像しながら書いてみました。

――<くだらない会話のキャッチボールが絆>というフレーズがいくつか出てきましたが、遊助さん自身にもそういう存在の人はいる?

遊助 いるよ、いっぱい!ちょうどこの間、高校の野球部の連中と久々に会ったけど、“あいつ相変わらず口癖変わってないな~”とか、変わっていなくてうれしい反面、変わっていなくてさみしかったり。で、結果的に帰りにひとりになると愛おしくなるんだよね。

――地元といえば、「湘南妄想物語」(初回A収録)では、まさに遊助さんの地元の風景が散りばめられていますね。

遊助 これは10代の頃のおれが、ひとり芝居をやってる感じっていうのかな。

――しかも、その妄想がピュアで無邪気で。

遊助 こいつ可愛くない?“やべ~明日のデートどうしよう~”って枕に顔うずめながら、足バタバタやってるような男の子を書きたかったんだよね。もう、自分で作りながら、なんて可愛い奴なんだって思った(笑)。

――心がドキドキ、ウキウキしている様子が伝わってきました。最後の方に<明日、何着て行こうかな~。眠れん!>と出てくるしゃべりも、より臨場感を感じさせますね。

遊助 妄想だから、最初は女の子の部分も全部おれが言ってたんだけど、おれが「今日は帰りたくないな」って言ったら、オカマみたいに思えてきて(笑)。わかりやすい方がいいってことで、急遽女の子に変えたんだよね。

――しかも、今回は遊助さんを象徴するカラーである黄色を象徴するタイトルも増えているような。

遊助 「Yellow Bus」「バナナ」「キリンの涙」「とうもろこし」……本当だ。でも、たまたまなんだけど。「バナナ」は完全に曲の中で遊んでるし、「キリンの涙」は、切ない男の子の恋愛を書きたいなと思ったときに、涙目の動物がキリンしか思い浮かばなくて。しかも、涙目で首長いってすげぇ切ないじゃん。“すげぇ待ってるんだろうな~あいつ”って(笑)。首が長い分、いろんなところ見渡せるんだろうなとか、星は近いんだろうなとかね。

リスナーに寄り添ったアーティストになりたい!

――その観点が遊助さんならではですよね。ところで、アルバムのタイトルを『あの・・旅の途中なんですケド。』と名付けた理由は?卒業、入学シーズンである今の季節、人生の岐路に立つ人たちの心に刺さる1枚だと思うのですが。

遊助 いろんな人たちに共通するワードというか。それぞれに歩む道は違うかもしれないけど、人生という旅の中ではまだ途中、ゴールじゃないっていうのはみんな一緒なんじゃないのかなって。まぁ、おれも今年35歳になるし!

――遊助さんが35歳とは、信じられないですね。

遊助 おれが一番信じられないよ。まさか独身だとは!

――えっそこですか?

遊助 この前うちの両親が還暦になったんだけど、「まさか私が還暦になって孫がいないとは夢にも思わなかった」って、おれと同じこと言ってた(笑)。

――でも、遊助さんにはいつまでもこのまま少年っぷりを発揮し続けていただきたいなと。

遊助 でも、いい意味でリセットじゃないけど、ちょうど人生の真ん中ら辺だし。結果的に前を向いていくんだけど、いろんなことを踏まえて、立ち止まって過去を振り返るのも悪くないと思うし、忘れることも悪くない。旅ってリセットするきっかけとなるものだから。それで「リセット」という曲も生まれたし。

――今年35歳という年齢を迎えることも、今回のアルバム作りに大きな影響を及ぼしていると。

遊助 やっぱり20代の頃とは違う気がする。聴いている人とちゃんと向き合うようになってきたというか。昔はイケイケガンガンって感じで(笑)、“こんな自分を見て何か感じてくれたらいいな”と思って作っていたんだけど、今は具体的に聴いてる人をおもいっきり想像しながら会話している感覚。テレビの出方にも共通するところがあるんだけど、昔はあいつこんなバカなこと言ってるけど、元気で楽しそうだな、じゃあ、俺も頑張ろうとか、私もこんなくじけ方してちゃダメだよなって思ってもらえたらいいなと思っていたけど、今はどうやったら聴いてくれる人により深く届くかなとか、聴いた人たちがより強い足取りで前に進めるかなとか、めちゃくちゃリアルに想像しながら曲を作っていますね。

――また曲順も絶妙ですよね。「Yellow Bus」「モンスター」と躍動感あふれる盛り上がりの楽曲からはじまって、「いるよ」でじっくり聴かせて……。

遊助 曲順も含めてピッタリフィットしたアルバムです。しかも、おれの楽曲って、HIP-HOPもあれば、レゲエもあるし、ミディアムとか、本当にジャンルレスだから、作っていても、歌っていても全然飽きないんだよね。

――つまり聴く側も一辺倒じゃない分、飽きないという。

遊助 ハッピーだらけじゃないし、元気、元気なだけじゃない。

――歌詞にはその裏側の想いもしっかりしたためられていますからね。だから、多くの方の共感を呼ぶんだと思います。

遊助 本当にこのアルバムをたくさんの人に聴いてほしい!そして、聴いた人の感想を聞かせてほしい~!何よりそれが今の一番の楽しみだから。ぜひみなさん僕にたくさん感想を送ってください!

関連リンク

公式サイト
遊助の楽曲をMusic Unlimitedでチェック>>
RECOMMEND

いつまでも変わらない愛されキャラ・遊助の魅力

今までのアルバムの中で「一番好き」と豪語するくらい大満足に仕上がったというアルバム『あの・・旅の途中なんですケド。』には、“人生”という旅の途中にいる全ての人に向けたメッセージが詰め込まれている。リスナーのより深い部分に刺さるようにと“リアル”さを追求した楽曲 . . . 続きを読む

遊助に聞いた野球を題材にした作品BEST3

今までのアルバムの中で「一番好き」と豪語するくらい大満足に仕上がったというアルバム『あの・・旅の途中なんですケド。』には、“人生”という旅の途中にいる全ての人に向けたメッセージが詰め込まれている。リスナーのより深い部分に刺さるようにと“リアル”さを追求した楽曲 . . . 続きを読む

遊助に聞いた好きな黄色い食べ物BEST3

今までのアルバムの中で「一番好き」と豪語するくらい大満足に仕上がったというアルバム『あの・・旅の途中なんですケド。』には、“人生”という旅の途中にいる全ての人に向けたメッセージが詰め込まれている。リスナーのより深い部分に刺さるようにと“リアル”さを追求した楽曲 . . . 続きを読む

遊助サンタが未発表の新曲をプレゼント!クリスマスパーティ2DAYSが大成功!!

今までのアルバムの中で「一番好き」と豪語するくらい大満足に仕上がったというアルバム『あの・・旅の途中なんですケド。』には、“人生”という旅の途中にいる全ての人に向けたメッセージが詰め込まれている。リスナーのより深い部分に刺さるようにと“リアル”さを追求した楽曲 . . . 続きを読む

遊助が3年ぶりに脚本・監督を手掛けた新曲MV公開!“ありがとう”の大切さを伝える感動の自信作!!

今までのアルバムの中で「一番好き」と豪語するくらい大満足に仕上がったというアルバム『あの・・旅の途中なんですケド。』には、“人生”という旅の途中にいる全ての人に向けたメッセージが詰め込まれている。リスナーのより深い部分に刺さるようにと“リアル”さを追求した楽曲 . . . 続きを読む

【インタビュー】華原朋美 初のカバーアルバムで完全復活! “今のわたし”が届けたい想い

今までのアルバムの中で「一番好き」と豪語するくらい大満足に仕上がったというアルバム『あの・・旅の途中なんですケド。』には、“人生”という旅の途中にいる全ての人に向けたメッセージが詰め込まれている。リスナーのより深い部分に刺さるようにと“リアル”さを追求した楽曲 . . . 続きを読む

【インタビュー】SHOW 台湾のスーパースターが“ライオン”に “今の僕”が贈る愛のプレゼント

今までのアルバムの中で「一番好き」と豪語するくらい大満足に仕上がったというアルバム『あの・・旅の途中なんですケド。』には、“人生”という旅の途中にいる全ての人に向けたメッセージが詰め込まれている。リスナーのより深い部分に刺さるようにと“リアル”さを追求した楽曲 . . . 続きを読む

遊助の過酷だった海外ロケBEST3

今までのアルバムの中で「一番好き」と豪語するくらい大満足に仕上がったというアルバム『あの・・旅の途中なんですケド。』には、“人生”という旅の途中にいる全ての人に向けたメッセージが詰め込まれている。リスナーのより深い部分に刺さるようにと“リアル”さを追求した楽曲 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense