• エンタメ
  • 【インタビュー】高杉真宙 「亀梨さんみたいに、後輩に何かを教えられる人になりたい」 金髪不良で迎えた二十歳の決意
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2017.03.15

【インタビュー】高杉真宙 「亀梨さんみたいに、後輩に何かを教えられる人になりたい」 金髪不良で迎えた二十歳の決意

20170315takasugi-mahiro

亀梨和也&土屋太鳳W主演の映画『PとJK』が3月25日に公開。同作で、札付きの不良だが、実は心優しい心を持つ大神平助を演じた高杉真宙にインタビュー!原作でも主要なキャラクターで、原作ファンを裏切らないためにプレッシャーもあったという彼は、まずは容姿から近づけるべく、金髪姿で撮影に挑んだ。この作品の撮影中に、二十歳の誕生日を迎え、10代最後&20代最初の演技となる、高杉にとっても大切な作品となったことは間違いない。演技に苦戦したこともあったようだが、様々に動く心情と共に、大神が成長していく姿が見事に演じられている。そんな彼が抱く大神像や、共演シーンの多かった亀梨とのエピソードなどをお届け!

文/根岸聖子

【高杉真宙サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
15日、16日に掲載されるインタビュー&ランキング記事下に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、プレゼント企画記事をチェック!

「好きだからこそ、演じたい」不安をも払拭してくれたキャラクターの魅力

ptojk_takasugimahiro——原作者からも絶賛された大神平助役ですが、キャラクターはどのようなプロセスで作っていきましたか?
高杉 僕はもともと原作を読んでいてファンだったので、最初から自分なりの大神平助のイメージが頭の中にあったんです。なので、まずは容姿を似せることから入りました。ただ、映画の場合は台本という教科書があり、そこに描かれている大神は、原作とはまた違う部分があったんですね。自分がイメージしていた原作の大神に近づけたいという想いも大事にしつつ、台本に書いてある大神と繋げていった感じで撮影に臨みました。
——ちなみに、原作を読んでいたときに抱いていた大神のイメージというのは?
高杉 不良って言われているけど、すごくかわいいというか、不良っぽくないなと。男らしいところもあり、読み進めるほどに好きになっていきましたね。好きなキャラクターだからこそ、自分でいいのかな?という不安もありました。容姿や雰囲気も含めて、最初は緊張と不安が大きかったのですが、好きだからこそ、演じたいという気持ちもありましたね。どうにかして、この作品の大神平助を表現していきたいなと思いました。
——高杉さんが大神を好きになった理由は、どんなところでしょう?
高杉 僕は、心情が動くキャラクターを好きになる傾向があるんです。大神は、好きになった女の子が結婚していたりして、“そんなことあるか!”っていうくらい、すごい衝撃を受けているじゃないですか。あと、警察官は嫌いだったけど、功太(亀梨和也)のお陰で前に進めたりして、成長もしている。そういう転機のあるキャラクターに、憧れがあるんだと思います。
——演じる上で、難しいなと感じたところはありましたか?
高杉 最初の本読みで、監督から“もっと不良っぽく”と言われたんです。自分が原作を読んだときの印象で、あんまり不良っぽくないなと思ったのが、そのまま出ちゃったんですよね(笑)。どうしたらもっと不良っぽく見えるのか、すごく考えました。映画の大神平助として、そこは成り立たせなければいけない大事な部分だったので。声を低くしてみたり、歩き方を変えたりして、徐々に映画の大神になっていきましたね。

「(心の扉を)ノックしていただいたらすぐに開けます」共演者との撮影エピソードを語る!

PtoJK02——共演者の西畑大吾さんは、同じ歳ということもあり、かなり親しくしていたとか。
高杉 はい。僕自身、多く話すほうではなく、人見知りなのですが、西畑くんがすごくフレンドリーで。それで、すぐに仲良くなれました。共通の話題としてマンガやゲームの話をしてくれたので、一気に距離が縮まりましたね。僕に合わせてくれたのかな?(笑)。
——一緒に芝居をすることの多かった亀梨さんは、どんな印象でしたか?撮影中のエピソードなどがあればぜひ、お聞きしたいです。
高杉 1対1で演技をすることが、一番多かったのが亀梨さんだったんです。僕が失敗しちゃったときも、「大丈夫だよ」「気にしなくていいから」って、優しく声をかけてくださって。相手があの亀梨さんということで、最初はすごく緊張していたんです。物静かでクールなイメージを抱いていたのですが、ご自身の経験したことなども含めて、とてもよく話してくださる方でした。僕も、亀梨さんみたいに、後輩に何かを教えられる人になりたいなと思いましたね。エピソードは…一番衝撃的だったのが、一緒にご飯に行ったときに、テーブルマナーを教えていただいたことです。こういうときは、こうしたらいいよって丁寧に教えてくれて、本当にカッコいいんですよ。外見だけじゃなくて、内面も、本当にカッコよくて素敵な方でした。
——撮影中に二十歳の誕生日を迎えたそうですが、どんな状況だったんですか?
高杉 お祝いしてもらったときの僕の顔が、撮影でボコボコにされたあとだったんです(笑)。(撮影で)なぐった張本人の、川瀬陽太さんがケーキを持って来てくださって、その流れがシュール過ぎておもしろかったですね。衝撃的な二十歳の誕生日になりました。
——では、映画『PとJK』で、高杉さんが素敵だなぁと感じたポイントは?
高杉 僕が個人的に印象に残っているのは、やっぱり“友情”の部分ですね。学校ではひとりぼっちなのに、カコ(土屋太鳳)はガンガン来てくれる。「友だちだから」って言ってくれるカコに好意を抱き、さらに友だちも増えていく。大神が変化していく過程が、僕はとても好きなんです。
——確かに、大神はカコの素直なアプローチによって、閉じていた心を徐々に開いていきます。では、人見知りな高杉さんが心を開くのはどんなとき?
高杉 いや、僕も別に閉じているわけではないんです!(笑)。ただ、自ら開きにいけないだけで、ノックしていただいたらすぐに開けます。まず、どんな人なのかなぁって探っちゃうところはあるんですよねぇ。どういう話をしたら会話が続くのかな、とか。相手が自分と同じタイプだと、打ち解けるまでに時間がかかってしまうのですが、向こうから積極的に来てくれたら、すぐに開きますよ!

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1つ目→「二十歳の


関連リンク

【ニュース】中川大志×高杉真宙×千葉雄大、イケメン俳優のオフショットが公開!映画『ReLIFEリライフ』の仲良しショットに胸キュン♡
【ニュース】映画“プリンシパル”のモテ王子・桜井和央役に高杉真宙が抜擢!原作者も「再現度120点!」と太鼓判!!
【ニュース】黒沢清監督も絶賛!高杉真宙が映画『散歩する侵略者』で“第2の侵略者”を熱演!!
【ニュース】高杉真宙、京都が舞台の映画『逆光の頃』に主演!方言には少々苦戦!?
RECOMMEND
takasugi-mahiro_amasugikun01

高杉真宙扮する“甘杉くん”の最新オフショットが公開!

亀梨和也&土屋太鳳W主演の映画『PとJK』が3月25日に公開。同作で、札付きの不良だが、実は心優しい心を持つ大神平助を演じた高杉真宙にインタビュー!原作でも主要なキャラクターで、原作ファンを裏切らないためにプレッシャーもあったという彼は、まずは容姿から近づける . . . 続きを読む

takasugi_police01

「POLICEジュエリー」イメージキャラクターに高杉真宙が決定!ワイルドでセクシーなビジュアル公開!!

亀梨和也&土屋太鳳W主演の映画『PとJK』が3月25日に公開。同作で、札付きの不良だが、実は心優しい心を持つ大神平助を演じた高杉真宙にインタビュー!原作でも主要なキャラクターで、原作ファンを裏切らないためにプレッシャーもあったという彼は、まずは容姿から近づける . . . 続きを読む

20170222nakagawa_iitoyo

【インタビュー】中川大志×飯豊まりえ 「僕、キラがヤキモチを焼く気持ちはわかります」「私も嫉妬しちゃうかも」 ピュアなカップルが抱くリアルな気持ち

亀梨和也&土屋太鳳W主演の映画『PとJK』が3月25日に公開。同作で、札付きの不良だが、実は心優しい心を持つ大神平助を演じた高杉真宙にインタビュー!原作でも主要なキャラクターで、原作ファンを裏切らないためにプレッシャーもあったという彼は、まずは容姿から近づける . . . 続きを読む

20170124_yokohama-ryusei

【インタビュー】横浜流星 「“仲間っていいな”。友だちとの時間は今の僕の頑張る力の源」 諦めないで進んだ“道”の先にある出会いとキセキ

亀梨和也&土屋太鳳W主演の映画『PとJK』が3月25日に公開。同作で、札付きの不良だが、実は心優しい心を持つ大神平助を演じた高杉真宙にインタビュー!原作でも主要なキャラクターで、原作ファンを裏切らないためにプレッシャーもあったという彼は、まずは容姿から近づける . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense