• エンタメ
  • 【インタビュー】桐谷健太 「斗真が美しくいることがすごく大切なので、とにかく彼を支えなければ」 役者としての成長と変化を感じられた瞬間
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2017.02.24

【インタビュー】桐谷健太 「斗真が美しくいることがすごく大切なので、とにかく彼を支えなければ」 役者としての成長と変化を感じられた瞬間

auのCMで日常的に目にする“浦ちゃん”こと浦島太郎としてお馴染み、桐谷健太出演の映画『彼らが本気で編むときは、』が2月25日に公開される。パワフルかつワイルドな印象の強い桐谷だが、この作品で演じているのは、好きになった女性が元男性のトランスジェンダーだという複雑な役どころ。大事な人を静かに愛し、いざというときには全力で守るという、“理想の夫”的な男性を好演している。トランスジェンダーの女性を演じた生田斗真とのコンビネーション、そして、この作品から受けた影響などを直撃。シリアスな作品でありながら、桐谷の飾らない朗らかな人柄に、現場は終始、和やかな空気に包まれていた。

文/根岸聖子

【桐谷健太サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
24日〜25日に掲載されるインタビュー&ランキング記事下に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、プレゼント企画記事をチェック!

「世の中にはいろんな人がいてええやん」身近に感じていたLGBTは大切な存在

kiritani-kenta_kareamu3——台本を読んだ感想、そしてこの映画に対する最初の印象というのは?
桐谷 今、オリジナル作品が減ってきている現状ではありますが、本当に素晴らしい本で、映画らしい映画になりそうやなと思いました。もちろん、監督の他の作品も知っていましたから、これは空気を撮るだろうなと。現場は、そして自分はどんな感じになるんやろう!?と、めっちゃ楽しみでした。
——トランスジェンダーに関しては、桐谷さん自身はどんな捉え方をしていましたか?
桐谷 個人的なことで言うと、僕は東京に出てきたときに、ゲイの方にナンパをされて仲良くなって、モデル事務所を紹介してもらったり、たくさんの繋がりができた。僕自身も大阪からひとりで出てきてマイノリティだったわけで、当時はそんな自分に親切にしてくれた人たち、という認識でした。その流れで、この映画に出るに当たっても、トランスジェンダーの友人にも電話をして、いろいろ話を聞かせてもらったりしたんです。そんな感じで、割と身近で接していたにもかかわらず、僕は“トランスジェンダー”という言葉自体、知らなかったんですよね。そんな言葉で表現するまでもなく、自分にとっては、ごく普通の存在だったから。気持ちとしては、世の中にはいろんな人がいて、それでええやんっていう感じです。なので、台本を読んだときも、トランスジェンダーの人が主人公であることに衝撃を感じることはありませんでした。
kiritani-kenta_kareamu4——演じられたマキオというキャラクターについては、どんな風に作っていきましたか?
桐谷 マキオは自分に正直で、自分にとって大切なものをちゃんと大切にする感覚を持てている人なんです。マキオを演じる上で、自分なりにリサーチをしたのと、あと、監督が、ご自身の旦那さんのイメージだっておっしゃっていたんですよ。ダサくて、話もおもしろくなくて〜って散々言ったあとに、「でも、すごく優しいんです」って。その語り口に、すごい愛情を感じたんですね。そんな監督との会話とか、いろんなところからイメージを膨らませつつ、相手がトランスジェンダーだろうと、人を愛する気持ちとか、そばにいたいって思う感情は、俺と何も変わらないなと。あとは、近くにいた人の話し方とか、佇まいを混ぜ合わせて、無垢なマキオ像を作っていった感じです。表面的に演じるのではなく、実際にマキオとして生きるんだと常に心がけていました。

生田とのキスシーンは自ら提案!「斗真とは、以前、キスしていたし(笑)」

kiritani-kenta_kareamu5——相手役の生田斗真さんも、リンコとして生きるのは相当大変だったと思いますが、現場では、どんな感じだったのでしょうか?
桐谷 やっぱり最初は、とても大変だったと思います。メンタルな部分も作りつつ、フィジカルな面での見せ方も大事じゃないですか。しかも、監督をはじめ、スタッフに女性が多かったんですよ。だから、みんな、気付いたことをいろいろ言うわけです(笑)。いやもう、すごい大変だったと思いますよ。だから、俺もそばにいて、なんとかサポートしないとって。斗真が美しくいることは、この映画にとってはすごく大切なことなので、とにかく彼を支えなければと思っていました。監督自身も、この映画は自分の人生の第二章であり、すごく大事な作品なんですっておっしゃっていたので、そのお手伝いもしたいと思いましたね。以前の僕は、自分が目立つことしか考えていなかったんですよ。もちろん、それが作品のためになると思ってやっていたんですけど。それが、自分のことよりも、斗真が心折れないようにって思いながら現場にいたときに、あれ、俺、今までと違う!?って。そこはマキオがリンコを支えるっていう想いと重なった瞬間でもありました。
——実際に、どんな風に支えていたんですか?
桐谷 本当にかわいらしかったので、ちゃんと口に出して「かわいいよ」って声をかけていました。実際に、どんどんキレイになっていっていたんですよ。最初のほうは、監督に「男同士の友情に見えます」って言われたりもしていたんですけど(笑)。キスシーンも、最初はなかったんです。でも、「あそこ、抱きしめてキスしたいんですけど」って提案して、斗真にも言ったら、「あ、わかった」って。まぁ、斗真とは、以前、連ドラの打ち上げでキスしていたから(笑)。役柄へのアプローチの仕方は、作品によっても違うのですが、ここまで相手のことを考えたのは、初めてかもしれないです。みんなで、支え合いながら作っているんだって。役者として、柔らかくなったのかな。どんな形でもアプローチできるように、この作品を通じて変わったし、役者としてまたひとつ、成長できたと思っています。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1つ目→「成長

関連リンク

【インタビュー】中川大志×飯豊まりえ 「僕、キラがヤキモチを焼く気持ちはわかります」「私も嫉妬しちゃうかも」 ピュアなカップルが抱くリアルな気持ち
【インタビュー】中村倫也 “遊び”の演技を楽しむ“福田組あるある” 「気を抜いたら死ぬって思っています(笑)」
【インタビュー】深水元基「浅野忠信さんとの共演はほとんどノープランで入りました」 憧れの俳優と作り上げた、関と滝の“リアルな”距離感と関係性
【インタビュー】横浜流星 「“仲間っていいな”。友だちとの時間は今の僕の頑張る力の源」 諦めないで進んだ“道”の先にある出会いとキセキ
RECOMMEND

【インタビュー】志尊淳 「恋愛ってカッコつけてするものじゃない。素の僕を好きになってもらえたら」 新生“きみペ”で世の年上女性を虜に♡

auのCMで日常的に目にする“浦ちゃん”こと浦島太郎としてお馴染み、桐谷健太出演の映画『彼らが本気で編むときは、』が2月25日に公開される。パワフルかつワイルドな印象の強い桐谷だが、この作品で演じているのは、好きになった女性が元男性のトランスジェンダーだという . . . 続きを読む

【インタビュー】松尾太陽 共演者や超特急メンバーの支えが活力に 「刺激を与え合える存在が、“フレンズ”としての良さに繋がる気がする」

auのCMで日常的に目にする“浦ちゃん”こと浦島太郎としてお馴染み、桐谷健太出演の映画『彼らが本気で編むときは、』が2月25日に公開される。パワフルかつワイルドな印象の強い桐谷だが、この作品で演じているのは、好きになった女性が元男性のトランスジェンダーだという . . . 続きを読む

【インタビュー】青木玄徳 「人道に背いた行為を演じるのは相当な覚悟が必要だった」 『闇金ドッグス』シリーズ最大級に映し出した陰と陽のコントラスト

auのCMで日常的に目にする“浦ちゃん”こと浦島太郎としてお馴染み、桐谷健太出演の映画『彼らが本気で編むときは、』が2月25日に公開される。パワフルかつワイルドな印象の強い桐谷だが、この作品で演じているのは、好きになった女性が元男性のトランスジェンダーだという . . . 続きを読む

【インタビュー】野村周平 「たぶん良いパパになると思います」 映画『ミュージアム』で感じた理想の家族像を語る!

auのCMで日常的に目にする“浦ちゃん”こと浦島太郎としてお馴染み、桐谷健太出演の映画『彼らが本気で編むときは、』が2月25日に公開される。パワフルかつワイルドな印象の強い桐谷だが、この作品で演じているのは、好きになった女性が元男性のトランスジェンダーだという . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense