• エンタメ
  • 【インタビュー】横浜流星 「“仲間っていいな”。友だちとの時間は今の僕の頑張る力の源」 諦めないで進んだ“道”の先にある出会いとキセキ
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2017.01.25

【インタビュー】横浜流星 「“仲間っていいな”。友だちとの時間は今の僕の頑張る力の源」 諦めないで進んだ“道”の先にある出会いとキセキ

20170124_yokohama-ryusei

歯医者も歌手も…ふたつの夢を追いかけた覆面アーティスト・GReeeeNのキセキの物語を描いた映画『キセキ ―あの日のソビト―』が1月28日に公開。菅田将暉、成田凌、杉野遥亮らと共にGReeeeNのメンバー・ナビを演じた横浜流星にインタビュー!歌があまり得意ではないと話していた彼だが、本格的なボイストレーニングによって、超高音の甘くて包み込むnaviそのものの質感に加え、オリジナルより芯がある声が完成。横浜の新たな扉が開かれた作品となったことは間違いない。大好きな同グループの一員を演じられることの喜びや、学生ノリで盛り上がった撮影など、終始楽しそうな表情で語ってくれた。インタビューを読んだり、作品を観れば、様々な絆(=繋がり)、仲間、家族の大切さを感じ、必ずや温かい気持ちになるはず!

文/松木智恵

【横浜流星サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
24日〜25日に掲載されるランキング&インタビュー記事下に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、プレゼント企画記事をチェック!

ボイトレのおかげで歌うことに自信がついた!母親に「音痴!」と怒られた過去も!? 

GreenBoys1――映画『キセキ ―あの日のソビト―』はGReeeeNの大ヒットソング「キセキ」誕生にまつわる実話をもとに映画化したものですが、実在の人物を演じる上での難しさはありましたか?
横浜 かなり難しかったです。もともとGReeeeNさんが大好きだったのでメンバーの一員を演じられることはとても光栄で幸せだったんですけど、naviさんご本人の人柄やファンの方が持っているイメージを崩せないというプレッシャーはやっぱり強くて。僕は実際にnaviさんにお会いできてはいないんですけど、メンバーのみなさんがレコーディングをしている風景の動画は観せていただきました。演じるみんなとも「このワチャワチャとした雰囲気が撮影でも出せたらいいね」という話をしながら、自分なりに責任感を持って演じさせていただいたつもりです。
――特にどのような部分に気を配って演じていましたか?
横浜 菅田(将暉)さん演じるヒデにひたすら寄り添う、ということは心掛けていました。ふたりは予備校時代から一緒で、ナビはヒデの音楽の才能を尊敬しつつ、常に見守ってもいる。近くにいることでヒデがどこか安心できるような存在でありたいなと思っていました。ちなみに現場では、naviさんも本当に着けているというメガネを掛けることでお芝居のスイッチを入れていたというか。とても大きな役割を持つ小道具のひとつでしたね。
kiseki02――GReeeeNの曲を本当に歌うことに関しては、いかがでしたか?
横浜 僕は歌が好きではあるんですけど、結構、歌うことが苦手でして……(笑)。自分では全く気付いていなかったんですけど、昔、友達と一緒に鼻歌を歌っていたら母から急に「何の歌を歌っているのかわかんないし、音痴だから止めなさい!」と怒られたんです(笑)。「えっ俺、音痴なの!?」って、そこで初めて知りました。あれはかなりトラウマになりましたね……。でもこの作品のためにしっかりと約2ヵ月間のボイストレーニングをさせていただいたおかげで、現場に入る頃には少しだけ自信が持てるようになりました。
――その分、初めて自分たちの歌を聴いたときはとても嬉しかったのでは?
横浜 すごく感動しました!最初にみんなで聴いたのは「道」だったんですけど、「うわ~っ!これを俺たちが歌っているんだ!!」という感じで大盛り上がりしたのは今でも記憶に残っています。もちろん聴くまでは、かなりドキドキでしたけどね。「大丈夫かな!?」って(笑)。実際に僕たちの曲が配信された後にもファンのみなさんから「本物と似ている」「大好き」というようなコメントを寄せていただいて。ボイストレーニングを頑張ってきて良かったなと思いましたし、本当に嬉しかったです。
――その歌唱力はドラマ『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』(テレビ東京系)などにも活かされていますしね。
横浜 そうなんです!これまでは人前で歌う機会があっても、どうしても「どうせ下手だから」という感じで自信なさげに歌っていましたけど、今回それを払拭するきっかけを作ってもらえたおかげで、仕事としての歌にも自信が持てるようになりました。本当に良かったです!

 友だちからの初サプライズに感動!仲間との絆エピソードを明かす!

kiseki03――作中でのグリーンボーイズ4人のワイワイとした仲の良さも見どころのひとつですね。どのようにコミュニケーションを取っていったのですか?
横浜 菅田さんと成田(凌)さんの年上組ふたりが、常に率先してやりやすい空気を作ってくれていました。菅田さんがギターを持ってきてくれてみんなで即興で「道」を歌ったり、ミットを取り出してきて僕に「(空手の)打ち方を教えてよ」と話しかけてくださったり。ジンさんの部屋にいる場面では小道具としてあったビンゴゲームをして、みんなで遊んでいたこともあります(笑)。まるで本当の学生同士のようなノリがすごく楽しくて、撮影でもその雰囲気がそのまま出たのかなと思いますね。
――アドリブなのでは?と思う言葉の応酬もあちこちに……。
横浜 実は4人の掛け合いのほとんどはアドリブなんです。大学の食堂で男女が集まって「え、音楽をやっていたの?」と会話するシーンがあるんですけど、その撮影が僕らのクランクイン日で。決められたいくつかのセリフ以外のほとんどがアドリブだったので、あの場で展開されている初対面同士の初々しい感じは、かなりリアルなものです(笑)。あと、みんなでワイワイと歌っている場面などでもお互い自由にちょっかいを出し合ったり、手に持っているビデオカメラをマイク代わりにもしてみたり。杉野(遥亮)くん演じるソウが買い出しの袋を持ってきて、それをみんなでイジる……という場面も、ほぼアドリブ(笑)。これまでの作品とは違う撮影方法で、それがまた楽しい現場でした。
GreenBoys2――最後に横浜さん自身がこの作品のような仲間との強い絆を感じたエピソードを教えてください。
横浜 僕は友達の誕生日などをサプライズで祝うことが多いんですけど、反対にサプライズされたことはほとんど無くて。それで少しだけ「ちぇっ」とひねくれていたんですけど(笑)、この間、二十歳の誕生日に初めてサプライズで祝ってもらったんです。中学生時代から仲が良かった同級生から突然「流星、ちょっといい?」と呼ばれて何気なく行ったら、その場に10人くらいの友人が集まってくれていて。みんなで「サプラーイズ!」と言いながらケーキやプレゼントなどを用意してくれていました。あのときはすごくビックリしたし嬉しかったですね。学生時代の友達って少しずつ自然に離れていくものなのかなと思っていたときだったので、余計に“仲間っていいな”と実感しました。彼らとは今も時間があれば一緒にご飯を食べたりしています。その時間は今の僕の頑張る力の源になっていますね。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
2つ目→「感動

応募の詳細>>【プレゼント企画】横浜流星 サイン入りチェキ プレゼント

関連リンク

【インタビュー】横浜流星 周りより“自分が正しい”と感じた10代 『刑事ダンス』の現場が変えてくれた!
【インタビュー】高杉真宙×横浜流星 アクション時代劇で夢のタッグが実現 ふたりで悪を成敗します!!
【ニュース】前作に続き主演は横浜流星!!“スーパーダンガンロンパ2”の再演が決定!
【ランキング】横浜流星が好きな人にしてしまうドSな一面BEST3
RECOMMEND
anikoma

映画“兄こま”の兄系イケメンズに草川拓弥(超特急)と杉野遥亮が参戦!

歯医者も歌手も…ふたつの夢を追いかけた覆面アーティスト・GReeeeNのキセキの物語を描いた映画『キセキ ―あの日のソビト―』が1月28日に公開。菅田将暉、成田凌、杉野遥亮らと共にGReeeeNのメンバー・ナビを演じた横浜流星にインタビュー!歌があまり得意では . . . 続きを読む

kiminosuizo

浜辺美波&北村匠海のW主演!“セカチュー”に次ぐ感動の青春映画“キミスイ”が実写化

歯医者も歌手も…ふたつの夢を追いかけた覆面アーティスト・GReeeeNのキセキの物語を描いた映画『キセキ ―あの日のソビト―』が1月28日に公開。菅田将暉、成田凌、杉野遥亮らと共にGReeeeNのメンバー・ナビを演じた横浜流星にインタビュー!歌があまり得意では . . . 続きを読む

shinobinokuni

戦国エンターテインメント超大作『忍びの国』で、嵐・大野演じる伊賀最強の忍びが初解禁!

歯医者も歌手も…ふたつの夢を追いかけた覆面アーティスト・GReeeeNのキセキの物語を描いた映画『キセキ ―あの日のソビト―』が1月28日に公開。菅田将暉、成田凌、杉野遥亮らと共にGReeeeNのメンバー・ナビを演じた横浜流星にインタビュー!歌があまり得意では . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense