• ミュージック
  • 【ライヴレポ】 Da-iCE、結成6周年記念日に初の日本武道館公演開催!9000人と一緒に歌って笑って泣いた夢のような一夜!!
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2017.01.19

【ライヴレポ】 Da-iCE、結成6周年記念日に初の日本武道館公演開催!9000人と一緒に歌って笑って泣いた夢のような一夜!!

5人組ボーカル&ダンスグループのDa-iCEが、結成記念日である1月17日に初の東京・日本武道館公演を開催。会場を埋め尽くす9000人のファンとともに、6周年の誕生日を祝った。

オープニング映像が期待感を高めた上で、ステージを覆う紗幕に映ったのは、その向こうにいる5人のシルエット。センター・想太の手の動きに合わせて幕が落とされると、それぞれ大きな稼働キューブに乗ったメンバーが姿を現わし、「Splash」からライヴはスタート。雄大を先頭にメンバーがステージに降り、大輝、徹、颯が会場を広く見渡しながら昂るパフォーマンスをすれば、オーディエンスもペンライトを振り、大きく“Splash!”コール。<今度は僕を食べてよ>と歌ってオーディエンスを沸かせた想太が、ブレイクで「ついに来たぜ、武道館!」と叫ぶと、大歓声が上がる。パフォーマンスと視覚効果をリンクさせた「SHOUT IT OUT」では、5人でステージを右に左に移動しながら軽やかに魅せたり。炎の映像演出と赤い照明に彩られた「FIGHT BACK」では、パワフル&ダイナミックに突き抜けたり。5人の多彩な表現力が、大きな舞台に相応しい。

一転、MCでは途端にわちゃわちゃと楽しくなってしまうのが彼ら。突然、ハイテンションなサンシャイン池崎のネタを完コピして、メンバーに「リーダーなんだからしっかりして!」と心配されてしまう大輝。なぜかピンスポットに逃げられつつ、ずっと言い続けてきた“ラーメン好き”を半分返上、蕎麦好きをカミングアウトしてしまう徹。徹に増してピンスポに逃げられながら、うろ覚えでサンシャイン池崎ネタに挑もうとする雄大。「今日は一緒に歌って笑って泣いてくれよ!」と、か細いピンスポの当たり具合を気にしながら言う羽目になる想太。ピンスポが何本も当たりすぎて、一際豪華に輝いてしまう颯。スタッフも一丸となって、いつも通りなんて自由奔放なんだ。

「みんなでワイワイ楽しみたいなと思って僕と想太で丹精込めて作った曲です」という大輝の言葉に続いたのは、「DATE」。「ライヴ中、携帯の電源はオフかマナーモードに……」と言っていたら、鳴り響く着信音。「しまった!」という顔の雄大が電話をとるところから始まるコミカルなストーリーを表現しながら、5人は躊躇ない変顔やキス顔も披露。たくさんのトップスやアウターがかかったハンガーラック3台を5人で器用に滑らせ、それぞれレッドカラーのライダースやジャケット、シャツを身にまといながら(想太がイチゴのかぶりものでサングラスをかける場面も)の「Fashionable」。歌とダンスでしっかりと魅せながらも、遊び心が止まらない。

雄大のロングトーン、想太のマイケル・ジャクソンばりのシャウト、5人それぞれのダンスソロと見せ場ばかりの「Cynical Life」。レーザー光線が飛び交う中、高くジャンプしたり、ステージ左右の花道にも進んで5人が躍動した「Up to the Stars」。結成当時から5人が夢見ていた場所に立つ発表をしたのが、2016年1月の東京・豊洲PIT公演。あれから1年、歌にダンスにますます磨きをかけた彼らは、武道館を少しも大きいと感じさせないのだ。

パフォーマーである大輝、徹、颯がポールハンガーとコートを用い、雄大と想太が切なる願いを歌声に託した「着れないままのコート」。雄大のフェイクが映える「REASON」、アクロバティックな動きを採り入れ、想太のラスサビのフェイクが胸を打つ「恋ごころ」にしても然り、メロウな曲は、彼らの心動かす歌とパフォーマンスが、一層際立つ。

そして、雄大と想太のふたりきりになって歌ったのは、ディズニー映画『アラジン』で用いられたバラード「A WHOLE NEW WORLD」。約10年前、ふたりが初めて出会ったカラオケボックスで歌った曲である。時に見つめ合いながら、かけ合い、声を重ねたふたり。どうしたって、胸が熱くなる。

傘を使ってパフォーマンスした「Umbrella」。叙情的な「空」。インディーズ時代からの「I’ll be back」。<ここにあるものと それ以上を 捕まえに行こう>と、想太が力を込めて歌った「BILLION DREAMS」。それぞれにイスを使ってダンス、最後には背もたれに乗ったところから見事に5人揃って倒した「Chocolate Sympathy」。瞬きする間さえ惜しい。

上手と下手に分かれて花道へと駆けジャンプした「WATCH OUT」。9000人が本気のかけ声を響かせた「I got your back」。思わず、想太が「すごいパワーですね」と言うほどだ。

勢いに乗ったまま、オーディエンスの腕グルグル回しの振りに「なんだこの光景は!」と雄大が感動した「ハッシュ ハッシュ」へ。背中を押してくれる「Back To The Future」では、オーディエンスが力強くクラップ。「エビバディ」では、オーディエンスが全力でコールする中、徹が想太の肩に手を回したり、颯がカメラアピールをしたり、大輝と雄大がぴったりとくっつく場面も。5人の絆と、彼らとファンの絆があればこその、幸せな光景。5人とオーディエンスの笑顔が、すべてを物語っていた。

アンコールでは、彼らが小さなクラブハウスに出演していた頃から大切にしてきた「New day」「もう一度だけ」を披露。観客が数えるほどしかいなかった頃に歌っていた曲を夢の舞台で歌えた感動を胸に、「1曲目の「Splash」で泣きそうになった自分が信じられないけど(笑)、それくらい幸せ!」と感慨深げな雄大。「パラダイブ」では、想太が徹に抱きついたり、大輝が颯を抱っこしたり。オーディエンスもぐるんぐるんタオルを回して、とんでもない一体感が生まれているではないか。

さらに、最新アルバム『NEXT PHASE』を携え、Da-iCEとして2度目のホールツアーを開催、雄大の地元・厚木や大輝の地元・小樽、颯の地元・群馬、徹の地元・千葉を回り、ファイナルでは初のアリーナ2Days公演を想太の地元・神戸で飾ることを発表。

颯「みなさんのおかげでこの舞台に立てたし、みなさんがいたから素敵な時間になりました、本当に嬉しいです」

想太「最初は10人くらいしかお客さんがいなくて、初めての遠征で名古屋に行ったときはひとりでした。それが、こんなにたくさん来ていただけるようになって……これからも力を貸してください」

雄大「僕が音楽を始めた理由は、悩んだとき、悲しいとき、嬉しいとき、いつも自分の側に音楽があって、今度は自分が音楽を届けたいと思ったからです。歌、表現の可能性は無限だし、まだまだみなさんと見たい景色があります。神戸ワールド記念ホールという次の夢を目標に、頑張ります」

徹「今日、みなさんからたくさんの声援をいただいて、これからまだまだ上にいけるって確信しました。スタッフにも感謝したいし、メンバーにも感謝しています。大輝は同い年だけど、こんなに頼りになる同い年はいないし、こんなに頼りになるボーカル(雄大&想太)はいないし、こんなに頼りになる最年少(颯)はいないし。まだまだデカくなっていきます」

大輝「みんなバラバラのキャラだけど、それでも間違っていないと思って、6年活動してきました。これからも一歩ずつ大きいステージを目指します」

5人がそれぞれに想いを言葉にして、ラストは「You & I」。雄大、想太だけでなく大輝、徹、颯もマイクを手に歌って、左右の花道へ。スクリーンには、ファンやスタッフからのメッセージが映されるというサプライズも。「6年、ありがとうございました。そして、ここから新しいPHASEを一緒に作っていきましょう」と大輝が言うと、笑顔の徹。想太、颯、雄大の目には涙が。感謝と決意を胸に、彼らはまだまだ進む。

写真/田中聖太郎 文/杉江優花

関連リンク

【『Da-iCE HALL TOUR 2016 -PHASE 5-』企画】vol.05・岩岡徹のツアー後半の思い出深いエピソードBEST3
【ニュース】Da-iCE、東京・原宿ジャック当日に5人がサプライズ登場!和田颯がメンバーにたこ焼きを振る舞うなど大盛り上がり!!
【ニュース】Da-iCE、ロスで撮影した“劇場版ウルトラマンオーブ”主題歌「TWO AS ONE」MV公開!
【『Da-iCE HALL TOUR 2016 -PHASE 5-』企画】vol.04・和田颯のツアー中の必需品BEST3
RECOMMEND

【『Da-iCE HALL TOUR 2016 -PHASE 5-』企画】vol.03・工藤大輝がツアーの移動中によく聴く曲BEST3

5人組ボーカル&ダンスグループのDa-iCEが、結成記念日である1月17日に初の東京・日本武道館公演を開催。会場を埋め尽くす9000人のファンとともに、6周年の誕生日を祝った。オープニング映像が期待感を高めた上で、ステージを覆う紗幕に映ったのは、その向こうにい . . . 続きを読む

【『Da-iCE HALL TOUR 2016 -PHASE 5-』企画】vol.02・大野雄大のツアー中の思い出深い出来事BEST3

5人組ボーカル&ダンスグループのDa-iCEが、結成記念日である1月17日に初の東京・日本武道館公演を開催。会場を埋め尽くす9000人のファンとともに、6周年の誕生日を祝った。オープニング映像が期待感を高めた上で、ステージを覆う紗幕に映ったのは、その向こうにい . . . 続きを読む

【『Da-iCE HALL TOUR 2016 -PHASE 5-』企画】vol.01・花村想太がツアー中に食べたグルメ料理BEST3

5人組ボーカル&ダンスグループのDa-iCEが、結成記念日である1月17日に初の東京・日本武道館公演を開催。会場を埋め尽くす9000人のファンとともに、6周年の誕生日を祝った。オープニング映像が期待感を高めた上で、ステージを覆う紗幕に映ったのは、その向こうにい . . . 続きを読む

【インタビュー】Da-iCE 「学生時代よくフラれた…フる機会が欲しかった」 ちょっぴり切ない“恋ごころ”を直撃!

5人組ボーカル&ダンスグループのDa-iCEが、結成記念日である1月17日に初の東京・日本武道館公演を開催。会場を埋め尽くす9000人のファンとともに、6周年の誕生日を祝った。オープニング映像が期待感を高めた上で、ステージを覆う紗幕に映ったのは、その向こうにい . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense