• エンタメ
  • 菅田将暉、山﨑賢人ら若手俳優が台頭!2016年、もっとも活躍した俳優・女優はこの13人!!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2016.12.28

菅田将暉、山﨑賢人ら若手俳優が台頭!2016年、もっとも活躍した俳優・女優はこの13人!!

2016年は10代や20代の俳優・女優の活躍が際立った年だったように思う。2015年の勢いそのままに更に飛躍した人から、新たな地位を確立した人など、その活躍ぶりは様々。ここではそんな2016年、ひと際目立っていた人達の活躍ぶりに迫ってみた。

菅田将暉

菅田将暉

群を抜いた存在感を世に知らしめたのは23歳の菅田将暉。今年だけで映画9本、連続ドラマ2本、多数のCMと、数えるのも大変なほど怒涛の出演ラッシュを誇った。これはひとえに映画『暗殺教室~卒業編~』での一匹狼だが情に厚い赤髪少年に、『セトウツミ』での、どこにでもいそうな“平均値”の関西弁男子、『溺れるナイフ』での触れたら切れてしまいそうなほど苛烈で繊細な金髪少年など、同じ学生役ひとつ取っても決して同じ印象を受けることがない自由自在な無数のスイッチングを持った菅田だからこそ成せる&受け入れられた活動だったといえるだろう。この勢いは2017年も途切れるがことなく、すでに劇場アニメの声優も含めて5作の出演映画(内、3作は主演)が待機中。1月24日には映画『キセキ -あの日のソビト-』で演じた役柄・グリーンボーイズ名義でのCDデビューも果たし、「鬼ちゃん」役で人気の『au』のCMではサッカー日本代表を応援する楽曲「見たこともない景色」の歌い手だということも公表されたばかり。破竹の勢いは増していくばかりだ。

池松壮亮

池松壮亮

また、菅田と共にどうしても触れておきたいのが池松壮亮。ある意味、菅田以上にもう充分に活躍・知名度を獲得していた実力派俳優ではあるが、彼は今年特に“メジャー感”が強かったように感じる。菅田とも共演している映画『ディストラクション・ベイビーズ』『セトウツミ』『デスノート Light up the NEW world』での主演級の活躍をはじめ、同じ『デスノート』では役柄のままでポップなゲームのCMにも出演。2017年には意外にも地上波連ドラ初主演となる『銀と金』(テレビ東京系)の放送も控えているなど、さらに人気俳優ぶりが公に見えてきそうな予感大。

山﨑賢人

山﨑賢人

hirose-suzu

広瀬すず

続いて今年も青春映画を中心に大活躍だったのが、山﨑賢人と広瀬すず。ふたりがW主演した『四月は君の嘘』はもちろん、山﨑は月9ドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ系)でのツンデレ&意外なほど恋愛に積極的なイケメン役を好演したことでも話題に。一方の広瀬は映画『ちはやふる』での体当たり演技(白目を剥いて失神)も含めたキュートさが際立ち、一転『怒り』では心に深い傷を抱えてしまう少女をまた違う意味での体当たり演技で魅せた。ふたり共に来年も続々と主演を含めた映画待機作が公表されている。

竹内涼真

竹内涼真

土屋太鳳 © 2017 「PとJK」製作委員会

土屋太鳳
© 2017 「PとJK」製作委員会

小松菜奈 ©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会

小松菜奈
©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会

そして今年新たに青春映画への黄金メンバーに仲間入りを果たしたのが竹内涼真、土屋太鳳、小松菜奈の3人。竹内と土屋は、映画『青春エール』で部活動に打ち込む清純で真っ直ぐな野球男子と吹奏楽女子を好演。それぞれが連ドラ3本にレギュラー出演するなど、着実な人気俳優への道を歩み中だ。また映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』からはじまり、『ヒーローマニア-生活-』『ディストラクション・ベイビーズ』『溺れるナイフ』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』と、この全ての作品でヒロインを務めた小松菜奈も2016年名前を忘れてはいけない女優のひとり。独特のオーラで他を圧倒する美貌は来年もいっそう輝いていくに違いない。

二階堂ふみ

二階堂ふみ

森川葵

森川葵

加えて女優での活躍はもちろん、バラエティ番組でも新しい才能を開花させているのが二階堂ふみと森川葵。『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)内の人気企画「グルメチキンレース・ゴチになります!」にまさかのレギュラー入りした二階堂は、率直すぎるほどのぶっちゃけキャラで話題沸騰に。同番組にゲスト出演する俳優・女優との共演経験も多いことから、彼らの素の表情を引き出すのに多大な貢献を果たしている。また4月から『A-Studio』(TBS系)で笑福亭鶴瓶のMCアシスタントを務めている森川も注目度が上昇。カミカミになりながら進行を頑張る姿にホッとさせられる視聴者も多いはず。

高畑充希

高畑充希

中川大志

中川大志

今年のNHK朝の連続テレビ小説、NHK大河ドラマで確かな存在感を残したメンバーも忘れてはならない。高畑充希は朝ドラ『とと姉ちゃん』のヒロインを務めて平均視聴率22.8%を記録。2017年の活躍が確約されたも同然の彼女は現在、主演舞台でさらにその実力を高め中だ。また、先日惜しむらくも放送が終了した大河ドラマ『真田丸』で豊臣秀頼役を演じて一際フレッシュな輝きを放った中川大志も注目株。資生堂「シーブリーズ」のCMで広瀬と淡い恋愛模様を展開する“先輩”役でも顔が知られた彼も、2017年にすでに2本の主演映画が控えている。

ディーン・フジオカ

ディーン・フジオカ

東出昌大

東出昌大


そして2015年あたりからの活躍を踏まえて実力派俳優としての位置を定着しつつあるのがディーン・フジオカ、東出昌大のふたりだ。ディーンは1月期のドラマ『ダメな私に恋してください』でのドSぶりが痺れる上司役や、ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』(共にTBS系)での冷静ながらめっぽうケンカに強い執事役で2016年もマダム層に大ウケ。一方、映画『ヒーローマニア-生活-』でのコメディアンぶりも新鮮だった東出は、『デスノート Light up the NEW world』での菅田&池松と迫力ある競演も話題に。両名ともに2017年1月スタートの放送90年NHK大河ファンタジー『精霊の守り人II 悲しき破壊神』へのレギュラー出演が控えており、まだまだ待機作も多そう。20代前半の俳優陣の勢いとはまた違った、確かな足跡を今後も残していくはずだ。

こう並べてみると、まだまだ飛躍の勢いが止まりそうにないメンバーばかり。2017年ここにさらに名を並べられるのは一体誰か!?かなり楽しみだ。
文/林福子

関連リンク

【ランキング】菅田、山﨑、福士らが繰り出す絶対に押さえておくべき胸キュン映画シーンBEST10
【トレンド分析】山﨑賢人、福士蒼汰、窪田正孝、菅田将暉ら人気俳優を輩出!“NHK朝ドラ”がブレイクへの登竜門!!
【トレンド分析】ブレイク街道爆進中!山﨑賢人の人気のヒミツは“自然体王子”なキャラ!
【トレンド分析】朝ドラ“五代ロス”旋風吹き荒れる!ディーン・フジオカのルーツと魅力に迫る!!
RECOMMEND

【インタビュー】中川大志 今だからこそ出せるパワーを最大限に 実写化作品で試される演技力

2016年は10代や20代の俳優・女優の活躍が際立った年だったように思う。2015年の勢いそのままに更に飛躍した人から、新たな地位を確立した人など、その活躍ぶりは様々。ここではそんな2016年、ひと際目立っていた人達の活躍ぶりに迫ってみた。[caption i . . . 続きを読む

【インタビュー】竹内涼真 夢に向かって走りだせ!! 最高のエールが呼び起こしたキセキ

2016年は10代や20代の俳優・女優の活躍が際立った年だったように思う。2015年の勢いそのままに更に飛躍した人から、新たな地位を確立した人など、その活躍ぶりは様々。ここではそんな2016年、ひと際目立っていた人達の活躍ぶりに迫ってみた。[caption i . . . 続きを読む

観た後に“スタンディングオベーション”間違いなし!?池松壮亮×菅田将暉『セトウツミ』から最後の撮り下ろし映像到着!

2016年は10代や20代の俳優・女優の活躍が際立った年だったように思う。2015年の勢いそのままに更に飛躍した人から、新たな地位を確立した人など、その活躍ぶりは様々。ここではそんな2016年、ひと際目立っていた人達の活躍ぶりに迫ってみた。[caption i . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense