• ミュージック
  • 【ライヴレポ】AKi、ツアー最終日にファンの拳と声援で創り上げた最高の景色!「ここにいる全員、絶対忘れないから」
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2016.12.21

【ライヴレポ】AKi、ツアー最終日にファンの拳と声援で創り上げた最高の景色!「ここにいる全員、絶対忘れないから」

関東を中心に8都市のライヴハウスでAKi(シドのベーシスト・明希)が行ってきたサーキットツアー『Doom boombox』が、16日に東京・新宿BLAZEでファイナルを迎えた。公演を重ねるたびに増していったライヴの熱も、この日は頂点に到達。ファイナルに向けるメンバーの意気込みとファンの期待がぶつかり合い、愛情溢れる灼熱の空間を創り上げた一夜の模様をお届けしたい。

「ツアーファイナル、始めようぜ!」

登場するなり満員のフロアを大きく腕で煽り立て、そんな叫びと共にライヴの幕を開けたのは、 11月に発売された最新シングル「STORY」に収録の「Missing」。 激しく鋭いピッキングからも、無防備な愛を歌う焼けつくようなボーカルからも、この日に賭けるAKiの熱い気合が容赦なく伝わってくる。

続く「Be Free」では、ベースをかき鳴らしながら大きく上半身を振りたくり、ギターの佑聖(ex. THE KIDDIE、GUTS AND DEATH)とひとつマイクで掛け声をかける前を、もうひとりのギタリスト・加藤貴之(兎-usagi-)が堂々と横切って、 宮上元克(THE MAD CAPSULE MARKETS)が火花散らすドラミングで圧倒。息つく間もなく放たれた「Fahrenheit」でもツインギターの見事な速弾きが炸裂し、盛り上がる客席を「叫ぼうか新宿!」と牽引するAKiにはフロントマンとしての頼もしさが満ちていた。そう、これは単なるAKi+サポート陣のパフォーマンスではない。ソロプロジェクトといえど、彼が目指すのはあくまでも純然たる“ロックバンド”なのだ。

「新宿BLAZE、準備はいいか!今日はヤベーの観に来たんだろう?誰ひとり置いていったりしないからな、お前ら。拳と声援で俺たちの音に応えてくれ!最高の景色を共に作ろうぜ!」

その言葉通り、タイトルを叫びながらオーディエンスが飛び跳ねる「HEADZ UP」から、不穏な低音ベースに満場の手拍子が湧く「FAIRY DUST」、妖艶なシャッフルチューン「FREAK SHOW」と、客席、ステージ共にフリーダムでアグレッシブな景色が展開されていく。

「もういっちょ行こうぜ新宿、グチャグチャになっちまえ!」と始まったインスト曲「Swag」に至っては、 手拍子するフロアにAKiが水を噴きかけ、ドラム、ベース、ギターと続くソロ回しでスラップベースを轟かせたあげく、愛器を高々と掲げて「Thank you!」とひと言。ロック極まるパフォーマンスで観る者を躍動させながらも、しかし、それだけで終わらないのが彼のロックだ。アコースティックギターの柔らかな響きと野太いベース音の狭間にAKiのファルセットが優しく被さる「LOOP」に、明から暗、静から動へと狂おしく弾ける「Day 1」では、バンドサウンドとのギャップを活かした幻想感で場内を魅了。また、妖しくうねる声音とがなり立てるような叫びが共存する「ジウ」、四つ打ちのダンスビートにパッショネイトな動きが融合する「In Vain」でも、無機質なデジタル音と迫力ある生音のミクスチャーがフロアの温度をさらに上げていく。

「汗止まんないよ、みんなの熱気がすごくて!遂にこのツアーのファイナルがやってきました。今日は全てを塗り替えていきたいと思います。最初にも言ったけど、ひとりも置いていかないからね。みんなに伝わるまで止めないよ、今日。全部受け取っていってくれ!」

そこから雪崩れ込んだ終盤では「libido」で満場の拳が突き上がり、「Brave New World」で起こる“ハイ!ハイ!”の声が、疾走するボーカルとプレイにさらなる勢いを加えていく。その声の大きさは、毎回オーディエンスを二手に分けて声援合戦をさせていた「ミッドナイト/狂騒/DARLING:」でも、「なんか分けてやるのもったいねーな。全員でトコトンやろうぜ!」とAKiに言わしめたほど。 さらに渾身の声と拳を揚げるフロアにダイブして文字通りの狂騒を呼ぶと、「STORY」では自らが信じた道を行けとポジティブなメッセージを爽快なバンドサウンドで叩きつけて、湧き上がる場内に笑顔でサムズアップを突きつける。

一瞬の隙なくトバしまくった本編とは対照的に、アコースティックアレンジの「tonight」でリリカルに幕開けたアンコール。そこでは想いのこもった表情豊かな歌声とロングトーンに、ボーカリストとしての確かな成長も感じ取ることができた。MCでは「新宿は伝説の……私が酔っ払ってキムチを投げた街です!」と笑わせ、MUCCとのダブルヘッドラインツアー『M.A.D』に、初のワンマンツアー『HEADZ UP&DO IT!』、 L’Arc~en~CielのKen主宰による『PARTY ZOO』と、今年経験してきたライヴを振り返る一幕も。そして「今まであまり演ってこなかったけど“好き”という声も多かったので」と今ツアーで演奏されてきた「Life is…」に、タイトル通り共に大声で歌う「Sing it Loud」と、地に足のついたロックンロールで一体感を高めたところで贈られた「The Inside War」の高揚感ときたら!「歌ってくれるかい、新宿?デッケー声出すぞ!」というAKiの呼びかけに、客席からは大合唱と拳の嵐が湧き起こって、共に歌う<終わりのない歌を歌おう>というリリックがダイレクトに胸に突き刺さる。彼が伝えたいのは、いつだって“キミらしくあること”。そしてAKiという活動自体が、その最たるお手本なのだ。

「純粋に音楽を、ライヴを楽しんでやれたツアーでした。みんなのひとつひとつの声が俺たちを最高のライヴに導いてくれました。次の曲はソロをやらせてもらって、みんなに“ありがとう”の想いを向けた曲です。ツアーでもらったひとつひとつの声援と拍手に感謝します」

最後に演奏された「Skyfall」で<愛しい人よ やめないで>と伸ばされた腕には、ソロ活動を支えた全ての人々へのありったけの愛情が溢れていた。それに応えて大きく手を振るオーディエンスの姿と壮大な広がりのあるサウンドに、大きな感動が胸に満ちていく。その記憶を留めるかのようにフロアをバックに全員で記念撮影をし、メンバー4人で肩を組んでオフマイクで「どうもありがとう!」と叫んで一礼したAKiは、ひとり残って目の前の人々を抱きしめるように自らに腕を回した。それでも鳴りやまぬアンコールの声に、再びステージに登場すると、嬉しい約束の言葉を残してくれる。

「本当に最高のツアーでした!ここにいる全員、絶対忘れないから。本当にどうもありがとう。また、どこかで会いましょう!」

そして長く下げていた頭を上げると、「愛してるよ、バイバイ!」と笑顔でステージを去ったが、つまりAKiが約束してくれたのは“終わりのない歌”を歌い続けていくということ。自らの信じる道を貫いた経験は、今後の彼のアーティスト人生を大きく花開かせていくに違いなく、ここに誕生した強固なロックバンドに再び出会える日を、楽しみに待っていたいと思う。

写真/西槙太一 文/清水素子

関連リンク

【インタビュー】AKi 「シドもソロも100%でやっていきたい!」 挑戦し続けて幸せを掴んだ“ストーリー”
マオ from SID、初ライヴをBillboard Live TOKYOで開催!新曲「違う果実」を初披露!!「この短期間で、いろんな思い出が増えました」
【インタビュー】マオ from SID 心の中に在り続けるボーカリストに! ラブソングに想いを寄せたソロ活動
【ランキング】マオ from SIDが最近ハマっているマンガBEST3
RECOMMEND

得点センスに注目!シド・ゆうやが“ワールドカップ”に向けてイチオシのサッカー選手BEST3

関東を中心に8都市のライヴハウスでAKi(シドのベーシスト・明希)が行ってきたサーキットツアー『Doom boombox』が、16日に東京・新宿BLAZEでファイナルを迎えた。公演を重ねるたびに増していったライヴの熱も、この日は頂点に到達。ファイナルに向けるメ . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense