• ミュージック
  • マオ from SID、初ライヴをBillboard Live TOKYOで開催!新曲「違う果実」を初披露!!「この短期間で、いろんな思い出が増えました」
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2016.11.29

マオ from SID、初ライヴをBillboard Live TOKYOで開催!新曲「違う果実」を初披露!!「この短期間で、いろんな思い出が増えました」

美しいクリスマスのイルミネーションで幻想的に彩られた、東京ミッドタウンの中に位置するBillboard Live TOKYO。26日、ここでマオ from SIDの初ライヴ『Maison de M vol.1 in billboard Live TOKYO』が行われた。

二部構成のこの日、第一部の幕開けを飾ったのはソロ1stミニアルバム『Maison de M』の1曲目と同じ「chandelier」だ。サックスとバイオリンを含む6人編成のバンドメンバーに続き、客席の間を通ってステージに上がったマオが、心地よくスウィングするビートに乗って歌い出す。<ただ身を委ねればいい/極上の夜にしよう>。シックな濃紺スーツ、襟元にラインストーンがきらりと覗く白いシャツ、頭にはボルサリーノ。アダルトな装いと、アダルトなシチュエーション。アルバムの世界観を体現する、ムード満点のオープニングだ。

「みんな、おしとやかだね(笑)。こんばんは、マオです。『Maison de M vol.1』へようこそ」

未体験のシチュエーションに緊張気味の観客を言葉で和ませた後、ミラーボールの下でスローバラードの「星」をしっとりと。マオの甘い声と、エレクトリックピアノのまろやかな響きのバランスがいい。ミドルテンポのソフトなAORチューン「マニキュア」では、甘くけだるい恋のシーンを、目の前に情景が浮かぶように丁寧に歌う。後奏のサックスとバイオリンの掛け合いも見事に決まった。三拍子のスローバラード「頬づえ」は、よりメランコリックに抒情的に。新編成のバンドをバックに、1曲をひとつのドラマとして豊かに表現していく。今まで見たことのないマオの姿に、観客はただただ体を揺らして聴き入っている。

「生演奏、どうですか?本来、音楽は生演奏だからね。今日は気持ちよく歌えています」

ここで新曲「違う果実」を、本邦初公開。マオいわく“ソロ初のロック調”というこの曲、力強いダンスビートでぐんぐん進み、それでいてアダルトなムードをキープする、『Maison de M』の世界を一歩押し進めた曲調が新鮮だ。歌詞は別れの歌みたいだが、広がりのあるサビのメロディ、心地良いビートのおかげで聴き応えは爽やか。作曲は、『Maison de M』のサウンドプロデューサーであり、このバンドのバンドマスターも務めるキーボーディスト・nishi-kenだ。続けて、かどしゅんたろう(Dr)、安達貴史(B)、久保田真悟(G)、佐藤公彦(Sax)、真部裕(Violin)と、凄腕のバンドメンバーを自慢げに紹介するマオ。ほぼ全員がアルバムでも演奏しているので、マオの歌への理解と愛情はばっちりだ。

そして、カバーを3曲。まず尾崎豊の「I LOVE YOU」は、ピアノとアコースティックギター中心に、繊細な歌詞の世界を崩さぬようにじっくりと、思いを込めて歌い上げる。シャ乱Qの「シングルベッド」は、つんくにかつて言われた“マオくんの声はしっとりしているから、ディナーショーとか合いそう”という言葉が、今回のライヴのきっかけのひとつになっているというエピソードを紹介しつつ、より感情を強く込めてエモーショナルに。椎名林檎の「丸の内サディスティック」は、アップテンポのファンキーなビートに乗り、シュールな歌詞をスリルとスピード感いっぱいに。ボーカリスト・マオの多彩な一面が見える、カバーならではの楽しさと発見が溢れる選曲だ。

「緊張したけど、歌は気持ちよかった。この短期間で、いろんな思い出が増えました」

やっと緊張がほぐれてきたと言いつつ、ハンドマイクで軽やかにステージを歩きながら、笑顔いっぱいに歌った「サヨナララスト」。フロアのテーブル席も、椅子席も、会場全体がひとつになって手拍子とワイパーを繰り返す。そしてこの日の10曲目、最後の曲は『Maison de M』のラストを飾った「月」だった。歌い始めたとたん、背後を覆っていた幕がゆっくりと開かれ、美しい六本木の夜景とクリスマスイルミネーションを見せるという、粋な演出。最高のシチュエーションをバックにした、あまりにエモーショナルな熱唱に、ハンカチで目をぬぐう観客の姿が何人も見える。10曲で70分、長くはないが、濃密な時間。演奏を終えたメンバーと肩を組み、お辞儀をするマオに降り注ぐ温かい拍手。記念すべき初ライヴ、初ステージとなる第一部は、忘れられない記憶をいくつも残して幕を下ろした。

そして第二部についても、少し書いておくことにしよう。セットリストは、第一部とまったく同じ。だが、まるで新しい曲を聴くように新鮮に聴けた理由は、第一部でマオが得た自信と余裕が、いい意味で歌に反映されていたから。

「一部は緊張しすぎて人の顔を見る余裕がなかったけど、二部はガンガン目を合わせていくから(笑)」

軽口を叩きながら、「chandelier」や「違う果実」などミドル・アップテンポの曲だけでなく、「I LOVE YOU」のようなスローバラードでも、ステージ左右まで動き回って観客にアピールするマオ。バンドも一段と結束力高く、アッパーな「丸の内サディスティック」はよりワイルドに、スローな「月」はよりドラマチックに。第一部の良さが一期一会の緊迫感、丁寧な歌、繊細な演奏だとすれば、第二部の良さは奔放なパフォーマンス、リラックスした歌、脱線気味の楽しいMC、といったところか。

第二部の公演が終わり、メンバーがステージを下りてもひとりで残り、名残惜しそうに話し続けていたマオ。もっとここにいたい。もっと歌いたい。もっとソロの楽曲の世界を突き詰めたい。マオの新たな目標と野心の芽生えをはっきりと感じ取れた、素晴らしい初ライヴの2ステージだった。

写真/今元秀明

関連リンク

【インタビュー】マオ from SID 心の中に在り続けるボーカリストに! ラブソングに想いを寄せたソロ活動
【ランキング】マオ from SIDが最近ハマっているマンガBEST3
【ランキング】マオ from SIDがドキッとする女性の仕草BEST3
【インタビュー】AKi 「シドもソロも100%でやっていきたい!」 挑戦し続けて幸せを掴んだ“ストーリー”
RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense