CONTENTS
Home
  • ランキング
  • 2014.03.11

ViViD・RENOが影響されたロックアルバムBEST3

メジャーからのセカンドアルバム『THE PENDULUM』をリリースし、現在ツアー『ViViD TOUR 2014「THE PENDULUM~mobcircle~」』で、全国を駆け抜けているViViD。ハードロックが大好きというギタリストRENOに影響されたロックアルバムBEST3を聞いた!

『SIAM SHADE V』SIAM SHADE

これは“神アルバム”です! ギターに1番熱くなり始めた頃に聴いて衝撃を受けました。このアルバムがあったからこそ、今の自分のプレイスタイルがあるといっても過言ではないですね。特に「NEVER END」が好きで、「Grayish Wing」はAメロからもう泣けるんですよ。ギタリストのDAITAさんの存在を知って“リズム感を養おう”“歌えるソロを作ろう”って思いました。対談させてもらったことがあるんですが、すごくストイックな方で、生き方すべてが理想です。勝手に人生の師匠だと思っています!
(※SIAM SHADE-1995年にデビューし2002年に解散した日本のロックバンド。『SIAM SHADE Ⅴ』は1998年発表した5作目のアルバム。解散後も数回一時的に再結成しライヴを行う)

V
  • SIAM SHADE
  • ソニーミュージックエンタテインメント
  • 価格: ¥ 3,059
  • 売り上げランキング: 25561位

『A Dramatic Turn Of Events』DREAM THEATER

8曲目の「Breaking All Illusions」っていう曲のフレーズがすごくドラマティックでカッコいい! 聴くとギターを弾きたくなっちゃいますね。朝仕事に行く時は、必ず1曲目に聴きます。12分くらいあって、歌も少し入るんですけど、ほぼインスト曲。僕、前はソロで派手にギターを弾くのが好きだったんですけど、今はバンドのアンサンブルに興味があるんです。ユニゾンで弾いたり、変拍子のリズム遊びをバンドでやりたい。DREAM THEATERのこの曲を聴くたびに“わぁ、これViViDでやりたいなぁ”って思います。
(※DREAM THEATER-1989年にデビューし現在も活動しているアメリカのプログレッシブ・メタル・バンド。『A Dramatic Turn Of Events』は2011年に発表した11作目のアルバム)

Dramatic Turn of Events
  • Dream Theater
  • Roadrunner
  • 価格: ¥ 2,012
  • 売り上げランキング: 14546位

『Resolution』アンディ・ティモンズ

エモーショナルなギタリストですね。これは歌がないインストアルバムですけど、ギターを通して出てくる感情が起伏に富んでいて、フレーズに心が熱くなります。テクニックもあるし、特にチョーキングが気持ちいい。キュイーンっていうより、ギュイーンって感じなんです。影響されましたね。ハードっていうよりは華麗なタイプ。彼のプレイをしている姿を見て“ギターは顔で弾く”っていう事を学びました。映像を観てもらえたら、その言葉の意味が分かると思うので、ぜひ観て!
(※アンディ・ティモンズ-1989年デビューしたアメリカのロックバンドDanger Dangerのギタリスト。2001年にバンド脱退後、現在はソロとして活動。
『Resolution』は2006年に発表した4作目のアルバム)

関連リンク

ViViD公式サイト
ViViDの楽曲をMusic Unlimitedでチェック!
RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense