• ミュージック
  • 【『HALLOWEEN PARTY』2日目】アミダラ・HYDE率いる『スター・ウォーズ』が幕張で宇宙戦争!?
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2016.11.09

【『HALLOWEEN PARTY』2日目】アミダラ・HYDE率いる『スター・ウォーズ』が幕張で宇宙戦争!?

VAMPS主宰の『HALLOWEEN PARTY 2016』2日目も、元気に死んでいる(!?)オーディエンスがぎっしり。

トップバッターは、DAIGO。まずステージに現れた小学校入学を控えた男の子が、「小学校入学が楽しみだけどまだ重いものを背負えない」という悩みを吐露すると、「大丈夫だよ」と包容力たっぷりな天の声が響いて、全身純白、大きな羽根を背につけ、「このランドセルを背負ってごらん。軽くて丈夫なんだよ」と優しく微笑むDAIGOが。ものすごく既視感漂う中、♪て、て、て、天使のはね根〜と歌い出したのは、自身が出演するランドセルのCMソング。羽根は、CM撮影の際に実際に使用したものを借りてきたのだとか。最後まで堂々と歌い切ったところで「ハッピーハロウィン!」と叫び、羽根をつけたメンズダンサーたちを従えてランウェイを進んだところでダンスチューン「BUTTERFLY」へ。HYDEが天使ポーズで送り出してくれたことを明かすと、そのHYDEが本番直前に、前日のライヴ終了後に「ピアノだけで聴くDAIGOの歌声もいいよね」と言ってくれたことから、DREAMS COME TRUEの「LOVE LOVE LOVE」をピアノオケだけで歌うことに。しかも、桑田佳祐、Chara、福山雅治、稲葉浩志、氷室京介、HYDEと幅広く歌マネ。なんて器用な人なんだ。ラストは、愛する人のために作り、自身の結婚披露宴で歌った「K S K」。最後のロックポーズに至るまで、あの手この手で楽しませてくれた。

2番手はRADIO FISH。オリエンタルラジオを中心に結成、今年「PERFECT HUMAN」で大ブレイクを果たした彼らは、『ジョジョの奇妙な冒険』の登場人物に扮しての登場だ。Part4「ダイヤモンドは砕けない」に登場する吉良吉影になりきった中田敦彦、Part 5「黄金の風」に登場するナランチャ・ギルガになりきった藤森慎吾はじめ、なぜか主人公ではないキャラをそれぞれチョイスし、メイクやすべて手作りしたという衣装には彼らの本気が満載。EDMに振り切った楽曲、だいたいにおいて中田を崇める系の歌詞も中毒性が高くて、メンバー揃っての腕回しがオーディエンスにも伝播した「GOLDEN TOWER」に始まり、指揮棒を一心不乱に振る中田と超絶ラップを繰り出す藤森のガチすぎるバトルが繰り広げられる新曲「NKT34」と、高揚感がハンパない。中田は「学生の頃からHYDEさんを尊敬していたので、『HALLOWEEN PARTY』に参加できて夢のようです!」と感激しきりで、「ULTRA TIGER」ではサビでセンターステージ下からジャンプアップするというサプライズも。「ここに立たせてもらえたのも、この曲でみなさんに知っていただいたおかげ。年末に向けてかなり手応えがあったのに……ピコ太郎の登場ですよ!(笑)」とまさかの展開に焦りを滲ませながらも導いたラストの曲は、やっぱり「PERFECT HUMAN」。イントロからオーディエンスが大きくクラップして、コール&レスポンスで一体感はどんどん上昇。RADIO FISHは、とんでもないフェスキラーである。

『HALLOWEEN PARTY 2016』の出演権をかけて開催された『THE ROAD TO HALLOWEEN PARTY 2016 幕張』で2位を獲得した茉莉花は、ブラックとオレンジのハロウィンカラーのロングドレスで、3曲を披露。その真っ直ぐな歌声は、これからたくさんの人を虜にしていく予感!

昨年のX JAPANの完コピから一転、今年は斜め上行く発想のりゅうちぇる×6で沸かせたのは氣志團。「One Night Carnival」のイントロで後ろを向いていた6人が振り返ると、ポップカラーのトレーナーにキュートなメイク。綾小路 翔&早乙女 光の歌やパフォーマンスもだいぶキュート&ファニーで、ダンサーもちゃっかりりゅうちぇるの恋人・ぺこになりきっているではないか。途中には「アイ ハブ ア ペコ」と「PPAP」のパロディを入れ込みながら、綾小路&早乙女がぺこダンサーを引き連れてランウェイへ。「いこうぜ、ちぇるちぇるランドの向こうへ!」と笑顔で叫ぶ綾小路は、もはや“しょうちぇる”になりきっている。80年代アイドルのような振付が衣装とマッチしすぎた「恋人」では、綾小路と早乙女が突然のチュー。ぺことするんじゃないのか!とツッコミたくなったのは筆者だけだろうか。「改めまして、ちぇるちぇる團です!ま、出オチだから(笑)。あんまり受け入れられていないってわかるけど……俺だってキレイな顔に生まれていれば、ハーレイ・クイン(前日にHYDEが扮した映画『スーサイド・スクワッド』のヒロイン)やりたいわい!」と、自虐気味な綾小路。すると、いつもクールな西園寺 瞳が「もう、しょうちぇる、しゃべりすぎ!HYDEさんに怒られちゃうよ♪」と促して、「喧嘩上等」へ。ところが、「あれ、思ったよりウケてなくない!?今の曲、月9(『極悪がんぼ』)の主題歌で、2番目に売れたシングルだよ!?そっか、こういうアレンジが古臭いんだ、もっとわかりやすくて新しいことしなきゃ!」と綾小路が危機感をあらわにすると……楽器陣も全員前へ並び、「喧嘩上等 2016!」と叫んで、曲から振付から、ゴールデンボンバーの「女々しくて」をオマージュしすぎた「雄々しくて」へ。さんざん笑わせて、最後は自分たちの曲ではなく、あえての「GLAMOROUS SKY」。つくづく、彼らは徹底したエンターテイナーだ。

SPECIAL PERFORMERのSilent Sirenは、「素敵な夜にしましょう!」と、映画『ズートピア』のキャラクターに扮して登場。キャッチーな「八月の夜」に始まり、メンバー全員がモンキーダンスで盛り上げる「DanceMusiQ」と、オーディエンスのボルテージを高めていった彼女たち。見た目かわいくて演奏したらカッコいいだなんて、ズルいぞ。

さて、いよいよVAMPSの登場である。映画『スター・ウォーズ』の壮大なテーマ曲から、カイロ・レンに扮したドラマー・ARIMATSU、ダース・シディアスに扮したキーボード&マニピュレーターのJIN、ダース・モールに扮したK.A.Zがライトセーバーでダイナミックな殺陣を披露したかと思ったら、「ダース・ベイダーのテーマ」とともに、客席通路にストームトルーパーの隊列を従え、ダース・ベイダーに扮したJu-kenの姿が。ダークサイドの面々、映画からそのまま抜け出てきたのではないかと思えるほどに、完成度が高すぎる。そして幕が開がると、そこには玉座に腰かけた女王の姿が!パドメ・アミダラに扮したHYDEは、息を呑むほどに神々しく、美しいではないか。重厚で圧倒的な音像に気圧される「DAMNED」から、HYDEがゆっくりとランウェイに歩みを進め、スクリームしたのは「HALLOWEEN PARTY -DEATH METAL-」。演出の青い炎がステージ前に上がる中、HYDEが拡声器を手にした「INSIDE OF ME」では、オーディエンスが<INSIDE OF ME!>と大きくコール。K.A.Zの骨太なギターリフでしょっぱなからフロアに火が点いた「REVOLUTIONII」では、オーディエンスが<Bang on,stomp everybody>コールをリフレインする中、玉座に座ったHYDEがストームトルーパーと共に客席通路をぐるり。思い思いに渾身の仮装をしたオーディエンスを見ながら、時に微笑んだり、驚いたり、手を振るHYDEの姿に、オーディエンスの昂りも天井知らずだ。HYDEがランウェイを歩みながら不敵に挑発、K.A.ZとJu-kenが向き合って演奏する場面も見られた「DEVIL SIDE」を経て、MCへ。「今日は宇宙の彼方からやってきました。みんなのおかげで、闘いは終わりました。あたしはね、お姫様みたいな感じ。みんなが素敵な仮装をするから、だんだん困ってきちゃう。苦しめないで、これ以上(笑)」と口にしたHYDE、いろいろとギャップがあるから、いつも惑わされてしまう。ラストの「SWEET DREAMS」では、ギターの奏でにしろファルセットにしろ胸を震わせて、多幸感に浸らせてくれた。

明希(シド)、淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88)、逹瑯(MUCC)、YUKI(Rayflower, DUSTAR-3)、分島花音も加わったHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAでは、HYDEのイタズラな指揮による「Penalty Waltz」で、罰ゲームのCO2を浴びる人が続出。HYDEがあまりにも楽しそうだ。HYDEがテルミンで演奏する曲名を当てる「HALLOWEEN曲当てQUIZ」では、当日会場入りしてから練習したとは思えないほどの腕前を披露。曲を当てられなかった人は“X JAPANの「X」を歌う”か“箱の中身を当てる”罰ゲームを課せられたわけだが、「ノドが壊れました、HYDEさん助けて!」というDAIGOに代わって、HYDEが「X」を歌い切り、Xジャンプをきめる場面も。「歌わないとイタズラするよ!」とオーディエンスをドキっとさせた「HALLOWEEN PARTY」に至るまで、終始刺激的でワクワクが止まらなかった2日目である。

写真/今元秀明、緒車寿一、田中和子 文/杉江優花

関連リンク

【『HALLOWEEN PARTY』1日目】VAMPS主宰“ハロパ”関東初日は“悪カワ”HYDEが大暴れ!
【ライヴレポ】VAMPS恒例の籠城型ツアーに気鋭の海外アーティストも参戦!音楽で闘志を熱く燃やした特別な一夜
【『HALLOWEEN PARTY』1日目】VAMPS主宰“ハロパ”関東初日にHYDEが出演者にキス!
【『HALLOWEEN PARTY』2日目】シエル・ファントム“HYDE”が友人のために頭から氷水をかぶる!
RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense