• ミュージック
  • UVERworld、ライヴ映像作品がオリコンデイリーランキング2位を獲得!ツアーでは「DIS is TEKI」など新曲披露!
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2016.11.03

UVERworld、ライヴ映像作品がオリコンデイリーランキング2位を獲得!ツアーでは「DIS is TEKI」など新曲披露!

UVERworldが2日にリリースした、最新映像作品『UVERworld PREMIUM LIVE on Xmas 2015 at Nippon Budokan』がオリコンデイリーランキング2位を獲得し好スタートを切った。

この作品は”常に新しい自分たちで勝負していきたい”という信念のUVERworldにとっては異例ともいえる、活動初期の曲を中心に演奏した東京・日本武道館でのライヴに加え、7月6日に行われた東京・恵比寿リキッドルームでのデビュー記念ライヴが収められている。

日本武道館公演では、普段はめったにやることのないアンコールで「哀しみはきっと」「在るべき形」の2曲を演奏。その経緯は、UVERworldのホームページやオフィシャルTwitterに寄せられた、あるたったひとりのファンのメッセージに答えたものだった。このメッセージはファンらによって拡散され話題に。メンバーの目にも止まり、この日サプライズとして演奏された。会場のスクリーンに、そのファンからのメッセージ原文が映し出され、セルフアンコールとしてリクエストに応えた2曲が演奏されるシーンは必見である。

そして彼らは、10月31日にZepp Sapporoから全国ツアーをスタート。1日には同場所でバンドとしては初コラボレーション曲「Forever young」を制作したAK-69と2マンライヴを行った。今後は、11月19日の広島グリーンアリーナから、アリーナツアーが年末まで続く。

なぜかアリーナツアーと銘打った初日のZepp Sapporoでは、突如未発表の新作を3曲も披露。さらにYouTubeでしか見ることのないTAKUYA∞と信人の幼馴染ふたりによるMCバトル的珍曲?「DIS is TEKI」も演奏した。ちなみにプチ情報として、この曲ではギターの克哉がベースを弾く姿も見ることができる。

これから始まるアリーナツアーではさらなるサプライズや、新作の披露が期待できるかもしれない。

■映像作品『UVERworld PREMIUM LIVE on Xmas 2015 at Nippon Budokan』のインタビューはコチラ!

■UVERworld・TAKUYA∞の最新ランキングBEST3記事はコチラ!

関連リンク

【インタビュー】UVERworld 「他人にどう思われようと自分らが感じたことをやるだけ」 年々深まるファンへの感謝の想いを語る!
【ランキング】UVERworld・TAKUYA∞が最近ハマっているアイテムBEST3
【ランキング】UVERworld・克哉がこれから欲しいアイテムBEST3
【ランキング】UVERworld・彰の夏の思い出BEST3
RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense