CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2013.12.07

aiko、15周年記念の4種のライヴツアー全33公演完走

シンガー・ソングライターのaikoが、デビュー15周年を記念し、4種の異なるツアーを同時に回る『aiko 15th Anniversary Tour』の『Love Like Pop vol.16 15th Anniversary』の最終公演を4日、東京・NHKホールで行い、全33公演を締めくくった。

この日の公演は、同会場で10月4日(水)に開催予定だったが、体調不良で延期になってしまった振替公演で、会場はこの日を待ちわびたファンで超満員に。メジャーデビュー曲「あした」でスタートし、会場は一気にヒートアップ。途中MCでは開口一番「本当にみなさん、申し訳ございませんでした!」と土下座で謝罪をした。しかし会場からは温かい声援が届き、本人も客席も笑顔で会話を楽しんでいた。「花火」「milk」「KissHug」「ボーイフレンド」「Loveletter」といったヒットナンバーを惜しげもなく披露し、会場の温度もグングン上昇していった。 アンコールでは、「ライヴのことを思ってつくりました」と新曲「君の隣」を披露。「近いうちに皆さんへ詳しいことをお知らせできると思います」とコメントすると、大きな拍手が沸き起こった。そしてラストは1stアルバム『小さな丸い好日』の1曲目に収録され ている「オレンジな満月」でこの日のアンコールは終了。「今年も1年、本当にありがとうございました!来年はさらに楽しい1年を笑って過ごそうね。よいお年を。メリークリスマス!ちょっとでも面白いことをいっぱい見つけて一緒に楽しんでいきましょう」と挨拶し、終了……と思いきや、拍手が鳴り止まないステージへ再び登場。aikoのライヴでは珍しいダブルアンコールを行うことに。最後に「be master of life」を披露し、約3時間半にわたるライヴは終了。デビュー15周年記念のツアーを大団円で締めくくった。aikoのファンへの感謝の気持ちが溢れるライヴだった。

aikoは年末恒例の『第64回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)への11年連続12回目の出場が決定している。

RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense