• ミュージック
  • 【インタビュー】Da-iCE 「学生時代よくフラれた…フる機会が欲しかった」 ちょっぴり切ない“恋ごころ”を直撃!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2016.11.02

【インタビュー】Da-iCE 「学生時代よくフラれた…フる機会が欲しかった」 ちょっぴり切ない“恋ごころ”を直撃!

全国ツアー『Da-iCE HALL TOUR 2016 -PHASE 5-』真っ最中のDa-iCEが、ニューシングル「恋ごころ」を11月2日にリリース。工藤大輝と和田颯が今作について語ってくれました!パフォーマーなだけに話題はチャレンジしたという振り付けについて。MUSIC VIDEOと一緒に読むとより楽しめるはず!さらにふたりに“恋心”を抱いたらどうなるのか直撃!意外とそんな学生時代だったのね…と思っちゃうであろう、彼らの思い出トークは必見ですよ!!

文/杉江優花

【Da-iCE サイン入りチェキ プレゼント企画開催!】
このインタビュー記事と、11月3日〜4日に掲載されるツアーランキング記事にキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、4日掲載のプレゼント企画記事をチェック!

ダンスの見どころは、ジャンプからの〜クルクルパーの振り付け!?

――「恋ごころ」は、日本的な叙情感たっぷりなバラードで。切なさにグっときてしまいます。
大輝 そう、そこを完全に狙ったんですよ。バラードのシングルは「もう一度だけ」(2015年リリースの4thシングル)ぶりなんですけど、「もう一度だけ」がR&Bなバラードだとしたら……。
 「恋ごころ」は歌謡曲的なバラードだもんね。
大輝 うん。王道。
――でも、王道をDa-iCEが歌うと、Da-iCEらしい曲になるっていう。
大輝 それはもう、ウチのボーカルが。
 ありがとうございます!だよね。ホント、良い声している。
――本当に。後半の(花村)想太さんの徐々に上がっていくハイトーンにも、心を動かされてしまいます。
大輝 オイシイところですよね。あの徐々に上がっていくパターンのラスサビフェイクは、初で。
 すごく良いよね。
大輝 ライヴでは、さらにエモーショナルになる気がします。
――パフォーマーとしても、感情移入してしまう曲なのではないでしょうか。
大輝 やっぱり、バラードは総じて感情移入しちゃうよね。
 うん。自然と感情が入っちゃう。で、めっちゃ跳ぶところがあるんですよ。
大輝 回転しながら舞う、みたいなね。
――想像すると、アクロバティックな画が浮かびますけど……。
大輝 たぶん、パっと見アクロバティック風に見えると思います。
 シンプルなんですけど……ジャンプ、クルクルパー(ジェスチャー付き)みたいな動きで。すいません、言葉にしたら台無し感が(笑)。
大輝 ま、サビはダイナミックな感じでございます。
 これまでにない感じというか、今回はジャズ(バレエの優美さとバランス感覚、HIP-HOPの自由さとリズム感を融合させたダンス)っぽさもあって。
大輝 そうだね。ジャズ(ダンス)とコンテンポラリー(前衛ダンス)を混ぜた感じ。
――10枚目のシングルにして、また新たな表情が見られるわけですね。
 振付師の方も、MASAOさんという初めての方なんですよ。
大輝 実験的なことはシングルではなくアルバムでしてきましたけど、シングル10枚目なので、そろそろ新しいことをやっていきたいなっていうところで。映像は特に、挑戦的です。
 そうだね。撮影はもう終わったんですけど、きっと良い感じに仕上がっていると思います。
大輝 しっとりオトナっぽい雰囲気で、音像的にも映像的にもキャッチーに楽しく振り切った「パラダイブ」とのギャップがありすぎるけど、ははは。

大輝&颯に直撃!恋心を抱いたときに表れる言動、行動は?

――それだけ表現の幅が広いということです。ちなみに、誰かに恋心を抱くと、わかりやすく言動に表れる人もいますけど……おふたりの場合はどうなりますか?
大輝 僕は多分、周りの人はわからないと思います。
――ウキウキ感、出ちゃったりしないですか。
大輝 出ないなぁ。好きな相手に対してはアグレッシブにアプローチをすると思うんですけど、それ以外の人たちに対してアグレッシブに相談したりとかはしないし。颯も同じタイプだよね?
 うん。周りの人には何も言わないけど、好きになったらとにかく頑張る。よく、当たって砕けたなぁ(思い出して遠い目)。
大輝 学生時代、俺もよくフラれたもん。
 フる機会が欲しかったよね、ツラっ(切実)。まさに<張り裂けそうな 恋ごころ>ですよ(笑)。
――歌詞通りで気持ちが重なってしまうはずです(笑)。一方、「Yes or No」は大輝さん、想太さんも制作に参加されていますが、<答えなんて2つじゃない 迷うのはきっと正しい>というフレーズ、目からウロコでした。
大輝 そう、YesとNoだけじゃないっていう。この曲は、L.A.に行ったときに向こうの作家の方と想太と3人で、アメリカのトレンド感とJ-POP感をミックスしながら作って、歌詞は想太と話しながら書いたんですけど……よくある“答えはひとつだ”っていうものとは違うメッセージにしたかったんですよ。
――そうやって視点や切り口が違えば、新しい道が開けたりもしますし。生き方のヒントにもなります。
大輝 これまでもカップリング曲でそういう提示はしてきましたけど、今回も人間心理の本質をわりと生々しく描けたんじゃないかなと。
 うん、すごく人間らしいし、刺さるなって。
――そういう面も持っているというのも、Da-iCEらしさですよね。
大輝 そう、Da-iCEには二面性があって。僕ら自身、ステージに立っているときなんかは、これまでのシングル表題曲で歌っているみたいに“夢に向かって”真っ直ぐ前を見ているんですよ。でも、家に帰って悩んでいるときは「Yes or No」みたいな心理だったりするし。どっちも本当なんです。ただ、僕、マイナーな歌詞ばっかり書いているから……たまには“夢に向かって頑張ります”みたいな歌詞を書きます(笑)。
 新しいね(笑)。期待している!
――さて、現在は初のホールツアーを行っているわけですが、2017年1月の東京・日本武道館単独公演に向け、得るものは多いですか。
大輝 発見がいろいろあるし、自分的な課題も見つかっていて。それを武道館までにどう活かしてクリアできるかっていうところですね。でも、ライヴハウスツアーを重ねてきたこれまでとは、経験値の入り方が違うなっていう実感があります。
 そうだね。ホールだと、ノビノビ踊れているし(笑)。そういう意味でも、武道館に立つのがすごく楽しみです!

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
1文字目→「ツ

関連リンク

【『Da-iCE HALL TOUR 2016 -PHASE 5-』企画】vol.02・大野雄大のツアー中の思い出深い出来事BEST3
【『Da-iCE HALL TOUR 2016 -PHASE 5-』企画】vol.01・花村想太がツアー中に食べたグルメ料理BEST3
【ニュース】Da-iCE・工藤大輝と和田颯が、“逃げ恥”で話題の恋ダンスをカバー!そのキレッキレ具合に絶賛コメント殺到!!
【ライヴレポ】Da-iCE、日本武道館ライヴ発表に涙!豊洲公演で開いた夢への扉!!
RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense