• ミュージック
  • 【インタビュー後編】超特急「僕らはいつも8号車と一緒だよ」7つの“愛”と愛すべき存在が紡ぎ上げるストーリー
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2016.10.26

【インタビュー後編】超特急「僕らはいつも8号車と一緒だよ」7つの“愛”と愛すべき存在が紡ぎ上げるストーリー

レコーディングやMUSIC VIDEO撮影のエピソードをお届けした前編(http://rankingbox.jp/article/45820)に続き、こちらではメンバーひとりずつのテーマで作られた楽曲について、本人が徹底解説!さらに、初の兵庫・神戸・ワールド記念ホールと2回目となる東京・国立代々木競技場第一体育館で行われる年末のアリーナ公演に向けた意気込みも直撃!

前編はコチラ>http://rankingbox.jp/article/45820

文/根岸聖子

【超特急サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
このインタビュー記事と23日〜30日の間に連日掲載されるランキング&インタビュー記事下に9つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、プレゼント企画記事をチェック!

リョウガの部屋は生理的に無理!?ユースケには“一旦落ち着け”が発令?

——メンバーひとりずつのテーマで曲が作られているということですが、それぞれ、曲の解説をお願いします。
リョウガ では僕からいきます!今回は楽曲ごとに“○○愛”というテーマがありまして、僕の曲…あえてそう言ってしまいますが、「超えてアバンチュール」は“二次元愛”について表現しています。曲的には三次元からの現実逃避ソングではあるのですが、そこは、僕はちょっと納得していないんですよね。僕は二次元にしか興味がないのですが、別に逃げているわけでも、避けているわけでもないんですよ。なので、そういうつもりで、この曲を作ったわけではなくて。
カイ 作っていないし(笑)。
リョウガ あはは!本当に僕は二次元が好きだってことを、胸を張ってみんなに伝えたいし、ライヴでも絶対に盛り上がると思います!
——同意してくれる人もいるはずだと。
コーイチ 同意してくれる人は少ないんじゃないかな。お母さんを含めて。
リョウガ まぁね。お母さん、僕の部屋を見て、「生理的に無理」って言っていたしね!あと、なぜマーメイドかというと、「Beautiful Chaser」からのテーマ、“罪”と合う動物ということで、僕がマーメイドになったんです。
カイ 「LIBIDO」は僕で、テーマは“秘めたる愛”、動物モチーフはサソリです。曲調は歌謡曲っぽいのですが、歌詞は僕ら世代の草食系な感じで、そのアンバランスさが聴いていて心地良いんですよね。今までにないタイプなので、ライヴでどうなるのか、未知数な部分が多くて楽しみです!
ユーキ そして「Beasty Spider」が僕です。テーマは“略奪愛”なのですが、僕は普段から人の恋を奪ってきているので。
タクヤ いいから曲の説明をして!
ユーキ はい(笑)。押さえきれない気持ちで、一線を越えるか踏みとどまるかという瀬戸際の感情をカッコよく表現しています。ダンスをメインとした楽曲なので、僕も振り付けに参加して、僕らのダンスレベルをグンと上げるくらいの曲になる予定です!
タカシ 次は僕です。「Whiteout」のテーマは“大人の愛”。これまで、超特急の歌の内容が大人っぽくて、僕は背伸びをして歌っている感じだったんですね。でも、今年は二十歳になったということで、リアルに大人っぽいタカシの歌を堪能してもらえるんじゃないかと。と言いつつ、所々、ちょっとまだ大人になりきれていない部分もあるので、この曲は今の自分に合っているのかなぁって思っています。
ユースケ 次の「Peace of LOVE」は、“人間愛”ですね。ひたすら、誰かに愛を届けるという曲で、自分が今までやってきたセンター曲とは違うタイプの、温かいミディアムバラードになっています。
リョウガ 「バッタマン」からのコレだもんね。
ユースケ ひたすらアゲ曲をやってきたけど、一旦落ち着けってことですよね。
カイ 誰が言ったんだよ(笑)。
コーイチ まぁ確かに、いいギャップを見せられる曲だよね。

2回目の代々木公演は愛一色で埋め尽くしたい!8号車の愛を感じる瞬間とは?

——次の「ライオンライフ」は…?
コーイチ 僕です!本当は存在していないけれど、ビジュアルは黒獅子、黒いライオンです。テーマは“強気な愛”で、イントロはピアノバラードで始まり、そこから攻めた感じになっているのが大きな特徴ですね。さらに、関西弁で、バックボーカルで自分のパーソナルな部分が反映されているので、歌いやすかったです。<しんどいねん>とか<きっついねん>とかっていうのは、実際にちょいちょい僕がスタッフさんに漏らしていたので、上手いこと拾われたな~と。うわ、言わんかったらよかった~って思いました(笑)。
——そして、トリ前の「Clap Our Hands!」が。
タクヤ お待たせ致しました、僕です!テーマは“与え合う愛”ということで、アルバムを通しても最後の方にあるように、ライヴでももし披露するとしたら終盤にみんなで歌うような曲ですね。まだ振り付けはついていないけれど、みんなでクラップしながら、ひとつになるビジョンが想像できる。ダンサーのクラップとボーカルふたりでの録音もしているので、そこもイメージしながら聴いてもらえたら嬉しいですね。これからのライヴでとても大切な1曲になると思います。
——最後は「Always you」という、感謝の気持ちと共に、一緒に歩んでいく希望に満ちた素敵な曲で締められます。
カイ 初めての、ちゃんとしたバラード曲ですね。
コーイチ これだけいろんな曲をやってきたからこその、ストレートなバラードだよね。最終的には、僕らはいつも8号車と一緒だよってことを表現できたんじゃないかな。
——そんな8号車の愛を感じるのは、どんなときですか?
ユーキ フェスとかで、8号車はいないかもしれないという想定のもとでステージに出ると、僕たちと同じくらい、いや、それ以上に盛り上がってくれているのを見たときですね。
コーイチ 他のアーティストさんのファンに囲まれながら、僕たちのために必死に声を出してくれているのを見ると、本当にありがたいなって思います。
——アリーナツアーも控えていますが、現時点での意気込みを聞かせてください!
ユーキ 昨年は、国立代々木競技場第一体育館という夢の舞台をみんなで噛みしめようという思いもあったのですが、今回はアルバムの世界に誘いつつ、8号車への感謝の気持ち、愛のカタチをパフォーマンスで表現したい。会場が愛一色で埋まるようなライヴにしたいです。
タクヤ 僕たちの目標だった代々木でのライヴに向けて、昨年はその1日のためにリハーサルを積み重ねて臨んだのですが、終わったら本当にあっという間という感じだったんです。今年は2日あるというだけで、昨年と大きく違いますし、前回を超えられるようなステージにしたいですね。
リョウガ 2016年も、僕らの愛で繋ぎます!

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
5つ目→「出し

関連リンク

【インタビュー前編】超特急 過酷なMV撮影の裏では、過酷な罰ゲームも執行!? “愛が動き出す”までの道のりを明かす!
【ランキング】超特急7号車・タカシが二十歳になってやってみたいことBEST3
【ランキング】超特急5号車・ユーキのドジっ子伝説BEST3
【ランキング】超特急1号車・コーイチが出演してみたいバラエティ番組BEST3
RECOMMEND

【イベントレポ】超特急がスペシャルイベントで女の子に変身!?往年の人気番組をモチーフにした特別仕様!

レコーディングやMUSIC VIDEO撮影のエピソードをお届けした前編(http://rankingbox.jp/article/45820)に続き、こちらではメンバーひとりずつのテーマで作られた楽曲について、本人が徹底解説!さらに、初の兵庫・神戸・ワールド記 . . . 続きを読む

【イベントレポ】超特急が初の“トレタリ”番組イベント開催!“モノマネ”“キス顔”“ライヴ”ありの夏の思い出♪

レコーディングやMUSIC VIDEO撮影のエピソードをお届けした前編(http://rankingbox.jp/article/45820)に続き、こちらではメンバーひとりずつのテーマで作られた楽曲について、本人が徹底解説!さらに、初の兵庫・神戸・ワールド記 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense