• ミュージック
  • 波乱に満ちた“AKB48大組閣祭り”が意味する本当の意図とは?
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2014.03.07

波乱に満ちた“AKB48大組閣祭り”が意味する本当の意図とは?

先日行われた、AKB48グループの各チームをシャッフルした『AKB48グループ大組閣祭り~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~』。総監督の高橋みなみが「ここまでメンバーがバラバラになるとは…」と語ったほどの規模で、ファンに困惑がいまだ広がっている。ただ、選抜総選挙などに比べたら、一般層の関心はやや低め。「何の意味があるの?」との声も聞く。これまでも組閣はあったが、テレビで観るAKB48は変わらなかった。果たして組閣とは何なのか?

■ポスト大島優子は各グループのエースに決まり!?

シングル曲を歌う選抜メンバーはチームに関係なく選ばれるので、メディアを通じてAKB48と触れるうえではチームが意識されることは少ない。だがメンバーにとって、レッスンから公演を共にするチームはホーム。あるメンバーは組閣を「ジャニーズでいえば、SMAPとTOKIOとV6と嵐のメンバーをシャッフルして、新しいグループを作るようなもの」と話していた。だから組閣では毎回、泣き出すメンバーもいる。

そんな組閣をなぜ行うのか?プロデューサーの秋元康氏が“大組閣祭り”前日の新聞に寄せたエッセイで、「大切なのはベランダの鉢植えの位置を変えてみること。太陽のあたり方が変われば、目を見張るぐらい伸びるものが出てくる」と書いていた。要は環境を変えてメンバーに刺激を与え、現状打破と成長を促すということか。

そして、今回の大組閣。一番の衝撃は乃木坂46の生駒里奈が、AKB48のチームBに“交換留学生”として加入(兼任)したことだった。乃木坂46はAKB48の公式ライバル。良くも悪くもハプニング続きの48グループとは一線を画し、独自のピュアな世界を築いてきた。その乃木坂46のエース格がAKB48へ。代わりにSKE48の2トップから松井玲奈が、乃木坂46へ兼任で出向く。

乃木坂ファンの反発は大きく、2人の兼任の撤回を求める署名活動がネット上で展開された。だが、この大組閣の象徴は、むしろ玲奈のほう。彼女だけでなく、SKE48、NMB48、HKT48と地方グループの主力メンバーが相次いで、兼任=2チーム掛け持ちとなった。

SKE48のエース松井珠理奈はAKB48チームKとの兼任を続行。NMB48の2枚看板・渡辺美優紀はチームBとの兼任からSKE48チームSとの兼任に。そして、NMB48チームNキャプテン山本彩もチームKと兼任になった。10代の多いHKT48勢も、兒玉遥の兼任先がチームAからKに変わり、チームKIV副キャプテンとなった宮脇咲良が同時にAKB48チームAとの兼任も命じられた。田島芽瑠とWセンターを張る15歳の朝長美桜までチームBと兼任に。

これまでの兼任には“修行”の意味合いが強かったが、今回は地方のキャプテンまで、いちメンバーとしてAKB48と掛け持ち。卒業する大島優子がいたチームKは、松井珠理奈、山本彩、兒玉遥と各グループのエース格が揃う布陣になった。何やら“中央集権化”の匂いがする…と言ったら勘繰り過ぎだろうか。SKE48の次期エースと目されていた木崎ゆりあが兼任でなく、AKB48チーム4に副キャプテンとして完全移籍したのも、意外と大きなポイントで意味ありげだが。

■“神7”なきAKB48を救うのは新体制!?

最新シングル「前しか向かねえ」が16作連続のミリオンセラーとなるなど、人気の衰えないAKB48だが、大島優子がこの曲を最後に卒業。かつて“神7”と呼ばれたメンバーで今も残るのは、高橋みなみ、小嶋陽菜、渡辺麻友の3人だけとなった。19歳の渡辺はともかく、高橋と小嶋もいつ卒業してもおかしくない年齢だ。

人気が落ち込む日が来たら、松井珠理奈、山本彩、生駒里奈…と地方グループや乃木坂46のエース勢もAKB48に結集させて、オールスター体制で乗り切る。その地ならしとしての兼任…なんて意図もあるのか。

個人的には、こうした編成には違和感を感じる。各グループの地域色が薄れるからだ。48グループの功績の一つは、東京が“上がり”でなく、地元在住でトップアイドルになるシステムを構築したこと。W松井が名古屋の、山本彩と渡辺美優紀が大阪の顔として東京=AKB48と張り合えたのに、兼任にしてしまっては。特に、HKT48の宮脇咲良ら若手にまで東京色を付けなくても。一極集中でなく、名古屋や大阪や博多でしか見られないスターを東京から見に行く流れができる方が、地域活性の面からも意義あることだと思う。

■移籍の裏に隠された秋元氏の親心

一方、AKB48から地方グループへは、選抜総選挙4位の柏木由紀がNMB48チームNと兼任になった他は、中堅や若手2列目クラスの完全移籍が目立った。チームBキャプテンだった梅田彩佳はNMB48チームBIIへ。佐藤すみれはSKE48チームE、藤江れいなはNMB48チームMへ移籍と発表されて号泣。近野莉菜はJKT48へ海外移籍。もともと兼任だった大場美奈と市川美織は、それぞれSKE48チームKII、NMB48チームBII専任となった。

木崎ゆりあのSKE48からAKB48への完全移籍が、ファンの賛否は別に上昇感があるのに対し、逆方向へ完全移籍した彼女たちには、率直に言えばそれを感じることができない。

だが以前には、やや停滞気味だった多田愛佳がHKT48へ移籍して今やチームKIVキャプテンになったり、JKT48へ移籍した仲川遥香がインドネシアでCM6本に出演する国民的人気者となった例もある。別路線を含め、新しい場所・環境を提示してやるのも親心だろう。
 “大組閣祭り”のステージで泣き叫んでいた佐藤すみれは、翌日のブログで「自分からは怖くてなかなか進めなかった道。私は新しい環境で頑張っていくことに決めました!!」「中堅としての意地をみせたい。今のチームAで抱えている想いをそのまま名古屋に持って行きたいと思います!!」と綴っていた。その心意気に大逆転を期待したい。

文/斉藤貴志

関連リンク

AKB48グループ大組閣祭り~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~
RECOMMEND

乃木坂46、初武道館公演で1万2000人とXマスパーティ。初の横浜アリーナ公演も決定!

先日行われた、AKB48グループの各チームをシャッフルした『AKB48グループ大組閣祭り~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~』。総監督の高橋みなみが「ここまでメンバーがバラバラになるとは…」と語ったほどの規模で、ファンに困惑がいまだ広がっている。た . . . 続きを読む

愛され上手な小嶋陽菜の真の魅力に迫る

先日行われた、AKB48グループの各チームをシャッフルした『AKB48グループ大組閣祭り~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~』。総監督の高橋みなみが「ここまでメンバーがバラバラになるとは…」と語ったほどの規模で、ファンに困惑がいまだ広がっている。た . . . 続きを読む

乃木坂46、新成人メンバー5人は“ピーターパン世代”!? ゆかりの乃木神社で成人式

先日行われた、AKB48グループの各チームをシャッフルした『AKB48グループ大組閣祭り~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~』。総監督の高橋みなみが「ここまでメンバーがバラバラになるとは…」と語ったほどの規模で、ファンに困惑がいまだ広がっている。た . . . 続きを読む

加藤ミリヤが、乃木坂46と赤裸々ガールズトーク

先日行われた、AKB48グループの各チームをシャッフルした『AKB48グループ大組閣祭り~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~』。総監督の高橋みなみが「ここまでメンバーがバラバラになるとは…」と語ったほどの規模で、ファンに困惑がいまだ広がっている。た . . . 続きを読む

【ライヴレポ】渡り廊下走り隊、最初で最後のワンマンライヴを開催!5年間の“青春”に終止符

先日行われた、AKB48グループの各チームをシャッフルした『AKB48グループ大組閣祭り~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~』。総監督の高橋みなみが「ここまでメンバーがバラバラになるとは…」と語ったほどの規模で、ファンに困惑がいまだ広がっている。た . . . 続きを読む

大島優子が、福岡で最後の全国握手会に参加!「つながりは減っても絆は永遠」

先日行われた、AKB48グループの各チームをシャッフルした『AKB48グループ大組閣祭り~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~』。総監督の高橋みなみが「ここまでメンバーがバラバラになるとは…」と語ったほどの規模で、ファンに困惑がいまだ広がっている。た . . . 続きを読む

アイドルとアーティストに違い!?流行りに敏感女子のマストアプリとは?

先日行われた、AKB48グループの各チームをシャッフルした『AKB48グループ大組閣祭り~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~』。総監督の高橋みなみが「ここまでメンバーがバラバラになるとは…」と語ったほどの規模で、ファンに困惑がいまだ広がっている。た . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense