• ミュージック
  • 【ライヴレポ】LAID BACK OCEAN、新ピアニストお披露目ワンマンライヴ開催!「さぁ、新しい旅を始めようか!」
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2016.10.09

【ライヴレポ】LAID BACK OCEAN、新ピアニストお披露目ワンマンライヴ開催!「さぁ、新しい旅を始めようか!」

やまない雨などない、とはよくいうけれども、LAID BACK OCEANの“このところ”を見ていれば、それが決してキレイゴトではないことが良くわかる。

前任ピアニストの突如脱退、そして一度は公式アナウンスされたはずのメジャーデビュー撤回…。今年に入ってからというもの、どういうわけかLAID BACK OCEANは大きな試練をふたつも与えられることになってしまっていた。だが、それでいて彼らが無策に立ち止まったり、腐ってしまうようなことは一切なく、むしろ今夏からは独自発想の“RE:SOUZOU PROJECT”を起ち上げ、『奇跡』『童貞』『想像』という、それぞれのテーマに基づいた新曲やライヴでお馴染みの楽曲たちをパッケージして3ヶ月連続で発表する新たな試みが遂行されている真っ最中である。

そんな“RE:SOUZOU PROJECT”に伴う、初のワンマンになったこの夜、LAID BACK OCEANは、明確に次なる局面というものを我々に対して提示することとなった。

ドラマティックな夜の幕開けは、まずそぼ降る雨音のシーンからスタート。開演とともに場内の照明が静かに落とされると、気付けばステージ上には雲のような形のオブジェを頭にすっぽりと被ったドラマー・SEIJI、ベーシスト・KYOHEI、ギタリスト・KAZUKI、そしてピアノの前に座ったボーカリスト・YAFUMI、4人の男の姿が。

YAFUMIによる熱のこもった弾き語りを導入部として、彼らがこの場面でおもむろに奏で始めたのは「SHINE」にほかならない。ほかならないというのは掛け値なしにそのままの意味で、この場面においてはきっとこの選曲しかあり得なかった、と断言できる展開が実はこの後に用意されていたのである。

そう。ひとしきり「SHINE」のワンコーラス分が終わると、やがてそこに黒いコウモリ傘を差した青年がひとりゆっくりと歩いてきて、ピアノを弾いていたYAFUMIの元へ近付いていくではないか。そして、青年は傘を閉じるとYAFUMIが頭に被っていた雲のようでもあり煙のようにも見えるそのオブジェを、両手で外してみせる。一気に視界の晴れたYAFUMIと、青年の視線が交差した瞬間、そこにはひとつの了解が生まれたのか、YAFUMIはすくと立ち上がりステージセンターへ。この時点で各メンバーの頭上からもオブシェは消え去っており、青年はYAFUMIと入れ替わるようにピアノの前に座ると、いきなり流麗な指さばきを見せはじめたのだった。

「さぁ、新しい旅を始めようか!」

かくして、マイクを持ったYAFUMIがそう高らかに宣言することにより、LAID BACK OCEANの新章が動き出すことに。この夜の2曲目に演奏された「カップラーメン ジェネレーション」では、さっそく新ピアニストが鮮やかなピアノソロを披露してみせ、初舞台とは思えない攻めのパフォーマンスを繰り広げてくれた次第だ。

「調子はどうだい、東京!LAID BACK OCEANです。新体制での初めてのライヴです。今回から、童貞くんがひとり加わりました(笑)。コイツ、SYUTOくんといいます。ちょっと笑顔がかわいい感じ?というわけで、今日も最後までよろしくお願いします!!」

LAID BACK OCEANが、ここに来てもうどうしようもないほどに強烈な加速をし始めているというその事実は、ここからのステージングに接した人ならばきっと誰もが感じたことだろう。青春を“こじらせて”しまった者たちにとっての素晴らしきアンセム「童貞WONDERLAND」といい、哲学的でシアトリカルな演出がなされてから歌われた「ぬけがらの詩」といい、今回のライヴでは最新音源に収録されていた楽曲たちが、かなり際立って光り輝いていたように感じる。

本編ラストを飾った軽快にして強いメッセージ性のこもった「RE:SOUZOU」、拡がりのあるサウンドの中に味わい深さと希望への欲求が詰まった「ストリーミング奇跡」にしても、今ここに来てLAID BACK OCEANが創りだす音楽には、どれにも強いバイタリティが充満しているのだ。生きることはおもしろい。音楽と共に生きることがやめられない。そんな彼らの根源的衝動が、より色濃いものとなって音に反映されているのかもしれない。

「ほんとは、最後に「明日からの旅」をやるはずだったんだけど、今夜はやっぱりコレをやって終わろうかな(笑)」

ファンからの熱いアンコールに応え、再びステージ上へと現れた彼らが大ラスに演奏したのは、代表曲「カップラーメン ジェネレーション」の“おかわり”分。観衆の中から希望者を募り、ピックアップした女子ふたり組にもマイクを渡して歌わせるという、実に大盤振る舞いな一場面がここでは実現した。いずれにしても、このとき場内には笑顔だけがこれでもか!と溢れていたことに、何よりの意味と意義があるはず。

そぼ降る雨の情景から一転し、見事なほどに晴れ上がった凪の海。満を持して新生したLAID BACK OCEANの目前には今、無限の可能性を秘めた大海が拡がっているー。

なお、このワンマンは新作発表に伴う『RE:SOUZOU』ツアーの初日にあたり、今後は注目の新鋭バンド・Lenny code fictionや12月のメジャーデビューを発表したTHE Hitch Lowkeとの大阪、名古屋での『Keep The Faith 2016』3マン、ASH DA HEROとの2マンなど見応えのある顔ぶれとのライヴが各地で続いていくこともここに付記しておこう。

文/杉江由紀

関連リンク

【ライヴレポ】LAID BACK OCEAN、海の日限定ライヴで“デビュー消滅”&“3ヶ月連続音源発表”報告!「でも、俺たちは死なねぇから!」
【ライヴレポ】情熱を服に、曲に叩き込むヤツらが集結!BurnoutアニバーサリーイベントにUVERworldとLAID BACK OCEANが登場!!
【ライヴレポ】UVERworld vs LAID BACK OCEAN、2マンライヴで火花 盟友同士がみせた真剣勝負
【ライヴレポ】UVERworldがデビュー11周年記念ライヴ開催!「ガチガチに俺たちらしい」新曲を初披露したプレミアムな夜!!
RECOMMEND

ライヴで披露するかも!?UVERworld・TAKUYA∞の最近ヘビロテしている曲BEST3

やまない雨などない、とはよくいうけれども、LAID BACK OCEANの“このところ”を見ていれば、それが決してキレイゴトではないことが良くわかる。前任ピアニストの突如脱退、そして一度は公式アナウンスされたはずのメジャーデビュー撤回…。今年に入ってからという . . . 続きを読む

いろんな出会いを求める!UVERworld・克哉がこの夏楽しみにしていることBEST3

やまない雨などない、とはよくいうけれども、LAID BACK OCEANの“このところ”を見ていれば、それが決してキレイゴトではないことが良くわかる。前任ピアニストの突如脱退、そして一度は公式アナウンスされたはずのメジャーデビュー撤回…。今年に入ってからという . . . 続きを読む

リビングには“Yogibo”だけ!?UVERworld・彰が教える引っ越しの重要なポイントBEST3

やまない雨などない、とはよくいうけれども、LAID BACK OCEANの“このところ”を見ていれば、それが決してキレイゴトではないことが良くわかる。前任ピアニストの突如脱退、そして一度は公式アナウンスされたはずのメジャーデビュー撤回…。今年に入ってからという . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense