• エンタメ
  • 【インタビュー】上野樹里 存在していることが幸せ 新たな“家族”の物語
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2016.10.05

【インタビュー】上野樹里 存在していることが幸せ 新たな“家族”の物語

20161005_01_banner_Ueno

今年5月、周りに祝福される中結婚を発表した上野樹里。そんな彼女の主演映画『お父さんと伊藤さん』(10月8日公開)は、上野演じる彩と同棲相手、自身のお父さんがひょんなことから同居生活を始めるという家族の物語。彼女がその場で感じたことを“仮面なし”で演じたという同作からは、上野自身のリアルな姿を垣間見ることができる。魅力的と語る彩についてや、新たに家族を持った彼女が感じる“家族”についてまで聞いてみた。

文/金子裕子

【上野樹里サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
このインタビュー記事と8日に掲載されるランキング記事に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、プレゼント企画記事をチェック!

仮面なしで演じるからこそのリアル感 「女性もムカつけば足で戸を閉めます」

otosantoitosan01——映画『お父さんと伊藤さん』は、伊藤さんと同棲している34歳の彩の家に父親が転がり込んできたことから始まる家族の物語。実年齢より年上の彩を演じる戸惑いは?
上野 年齢設定よりも先に、彩という人物をちゃんと体現できるか、観てくださった方が楽しめるものが提供できるかということを考えました。これまでラブストーリーもサスペンスも経験してきましたが、この作品はそういう世界観の強い作品ではありません。でも、なんにもないけど、どこか人を幸せにできる作品であり、そんな家族の物語を演じたいなと思っていたので、私にとって幸せな出会いでした。
——彩はどんな女性ですか?
上野 最初から好感が持てました。彩は34歳であと1歳年を取れば四捨五入してアラフォーだし、そろそろ自分の生き方も現実も見えてくる。自分にとって何がいらなくて、何が最低限必要なのかも見極めているところもいいなぁと。私としては、そういう現実的な女性の視点を持った、さして魅力もないはずの彩がかわいく、愛おしく見えるようになればいいなと思って演じました。それから彼女には自慢できる肩書きがないことも魅力で。肩書きのある役だと、“肩書き”という仮面があるので、どうしても“演じている感”があって。でも、彩にはそれがない。だから仮面なしで、私が内面で感じていることを出しやすいと思いました。
otosantoitosan02——彩と20歳年上の伊藤さんとお父さん。3人の家族風景がリアルに描かれていました。
上野 ワンシーンをワンカットで撮っていましたから、途中で感情の流れを切られるということもなかったのがやりやすかったですね。何カットも割る作業は、やはり心情の流れを中断してしまいますから。それに今回は、考えながら演じるというよりも感じながら自然に動きました。3人が食事をする時も、「食欲がない」と背中を丸めていたお父さんが、食べ始めると「おかわり!」と茶碗を出す。そんな姿を見た伊藤さんも彩も戸惑うけれど、彩がご飯をよそってあげてクスッと笑う、みたいな。そういう思わずそれぞれの感情がこぼれる表情や動きが出せたことが、結果的におもしろいものになったと思います。
——タナダユキ監督の女性としての演出効果もありですね。
上野 男性の監督だと、どこかで女性に対しての幻想というか、ヒロインはこうあって欲しいという想いがあったりしますが、同性だとそれがない。例えば、庭にいる伊藤さんと室内で寝っ転がって彩が話しているシーン。伊藤さんにムカついて彩が窓の戸を足でドンと閉めるんです。女性でもムカつけばそんなの当たり前ですよね。こういう彩のようなキャラクターを女性の監督で描くのはすごく現実的だし、私自身にとっても良かったと思います。

「自分が存在していることが幸せ」結婚後により感じる家族の思いやり

otosantoitosan03——お父さんを演じた藤竜也さんと伊藤さん役のリリー・フランキーさとの共演の感想は?
上野 藤さんはご自分の好きなように過ごしていて、待ち時間も全然フラストレーションを溜めずに、現場にいること自体を楽しんでいる感じ。リリーさんもマイペースで自由に過ごしているので、私も誰に気を使う必要もなかったです。家から持参した残り物のお弁当や果物をつまんだりしながら、たまに3人でお喋りしたり、気付けば並んで椅子に腰掛けてぼ〜っとしていたり(笑)。
——料理を作っている彩の姿も自然で、日頃から台所に立っている片鱗が伺えました。
上野 なにしろ彩に生活感がないとリアリティが出ないでしょ。豚カツを揚げている時にちょっと油が飛んだくらいでオタオタせずに「アチッ!」とか言いながら平気でビールを飲むくらいじゃないと。「熱〜い!」とか言っていたら、この映画の中で生きられませんから。
otosantoitosan04——彩の心の扉を開く成長の物語であると同時に、老いていく親と娘の関係を描いた家族の物語でもありますが、ご自身の家族感は?
上野 私は結婚をして、家族を持てたからそう思えるのかもしれませんが、ポジティブに家族を捉えています。義理のお父さん(和田誠)とかお母さん(平野レミ)とか姪っ子ちゃんとか、みんなと同じ世代で出会えていたら楽しい会話が出来ただろうなと思いますし、だからこそ同等に話せる短い時間は大事にしようとしています。私の角度から見ればお義父さんはシニアに入っていますが、昔から知っている方々のお義父さん像はまた違いますから、尊敬することもたくさんあります。同じように姪っ子ちゃんたちが中心の時代になった時に、彼女たちがどこかで私のことを尊敬してくれたり、立ててくれたらすごく嬉しいし、自分が存在していることが幸せに感じられますよね。それこそがほんの少しの思いやりです。今回、彩の立場で映画を追いながら、そういう家族の思いやりを感じていました。
——いろいろな役を経験しての今後は?
上野 ちゃんと共感できて、楽しめて、最終的には観る人の心を癒したり、ハッピーにできるような作品に巡り会いたいです。今の私はちょうど過渡期で、役を“人間力”で説得力あるものにするとか豊かにすることを問われていると思います。なので、演じることを自分自身が楽しんで素直に反応しながら嘘のないお芝居をしていければいいなと思うようになりました。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1つ目→「家族の

関連リンク

【イベントレポ】目指すは『シン・ゴジラ』!?上野樹里主演の映画『お父さんと伊藤さん』プレミアイベント開催!
【ニュース】T.O.P from BIGBANG、上野樹里からのサプライズに喜びのダンスを披露!
【インタビュー】竹内涼真 夢に向かって走りだせ!! 最高のエールが呼び起こしたキセキ
【インタビュー】川口春奈 抜群の演技力で難役に挑む! “隣人に注意”警報発令中!!
RECOMMEND
20160924_01_banner_Shida-Ryusei

【インタビュー】志田未来×竜星涼 “笑顔”がふたりを繋ぐ 大切なあなたに贈る一途な愛

今年5月、周りに祝福される中結婚を発表した上野樹里。そんな彼女の主演映画『お父さんと伊藤さん』(10月8日公開)は、上野演じる彩と同棲相手、自身のお父さんがひょんなことから同居生活を始めるという家族の物語。彼女がその場で感じたことを“仮面なし”で演じたという同 . . . 続きを読む

20160829_01_banner_Kiritani

【インタビュー】桐谷美玲 女性が“なりたい”女性を熱演中!今、最も気になる恋の行方♡

今年5月、周りに祝福される中結婚を発表した上野樹里。そんな彼女の主演映画『お父さんと伊藤さん』(10月8日公開)は、上野演じる彩と同棲相手、自身のお父さんがひょんなことから同居生活を始めるという家族の物語。彼女がその場で感じたことを“仮面なし”で演じたという同 . . . 続きを読む

20160624_01_banner_Kadowaki

【インタビュー】門脇麦 映画単独初主演作は“理由なき尾行” 若手実力派女優の役者魂

今年5月、周りに祝福される中結婚を発表した上野樹里。そんな彼女の主演映画『お父さんと伊藤さん』(10月8日公開)は、上野演じる彩と同棲相手、自身のお父さんがひょんなことから同居生活を始めるという家族の物語。彼女がその場で感じたことを“仮面なし”で演じたという同 . . . 続きを読む

takanashirin

ドラマ“ヒガンバナ”に出演する“腐女子”も“リケジョ”もこなす女優・高梨臨の素顔に迫る

今年5月、周りに祝福される中結婚を発表した上野樹里。そんな彼女の主演映画『お父さんと伊藤さん』(10月8日公開)は、上野演じる彩と同棲相手、自身のお父さんがひょんなことから同居生活を始めるという家族の物語。彼女がその場で感じたことを“仮面なし”で演じたという同 . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense