• ミュージック
  • 清水翔太のあの曲に“夢”を追いかける力をもらえる!山谷花純が好きな邦楽BEST3
CONTENTS
Home
  • ランキング
  • 2016.10.02

清水翔太のあの曲に“夢”を追いかける力をもらえる!山谷花純が好きな邦楽BEST3

10月1日に公開された『シンデレラゲーム』で映画初出演を務める山谷花純。代表作となった『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(テレビ朝日系)など、これまで多くのドラマや映画へ出演経験を持つ実力派。そんな彼女が、よく聴くという好きな邦楽BEST3を教えてくれました。どれも歌詞が胸にグッとくる、聴く人の思い出を蘇らせる名曲ばかりです。

「ふたりごと」RADWIMPS/2006年

「高校時代の登下校でよく聴いていた曲。きれいな言葉が詰まっていない歌詞だからこそ響くものがある。いつ来るかわからない結婚という言葉を少しだけ考えるそんな一曲。<君と書いて僕と読んで。僕と書いて愛と読もう。>というこの歌詞が特に好き」

2006年5月17日にリリースされたメジャー3作目となるシングル。同年12月にリリースされたアルバム『RADWIMPS 4〜おかずのごはん〜』には、「ふたりごと~一生に一度のワープver.」が収録されている。

「Dream」清水翔太/2014年

「大きな壁にぶつかるたびに聴く曲。自分の人生は自分のもので、誰に何を言われても譲っちゃいけない時がある、だからやらないで後悔するよりもやって後悔したい。夢、恋愛、いろんな形で繋がるひとつの想い。強く見える人ほど本当は弱かったりするので、辛い時にこの曲を歌ってもらえたら泣きながらでも笑顔を見せられると思います」

2014年1月27日リリースされた16枚目のシングル。企画プロデュース・脚本岩井俊二が手掛けて話題となったテレビ東京系列ドラマ24『なぞの転校生』のエンディングテーマに起用された。

「365日」Mr.Children/2010年

「みんなでワイワイ騒いでカラオケを歌っている中、急にしっとりしたこの曲を歌われたら聴き入っちゃうと思います。女の子はみんなバラードに弱いです」

2010年12月1日にリリースされた通算16枚目のアルバム『SENSE』収録曲。2009年から放送されていたNTT東日本・NTT西日本のCMソングに起用され、オンエアされていたがアルバム発売までCD音源化されていなかった人気曲。2010年5月に開催されたツアー『Mr.Children DOME TOUR 2009 ~SUPERMARKET FANTASY~』で初披露され、『MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012』まで毎回演奏されていた。

 

関連リンク

【ランキング】山谷花純が好きなサスペンス映画BEST3
【ランキング】五條真由美が好きなK-POPソングBEST3
【ランキング】XOX・田中理来がヘビロテしている曲BEST3
【ニュース】モモニンジャー山谷花純の初主演映画『シンデレラゲーム』が10月に公開決定!キャスト発表と共にコメント到着
RECOMMEND

デキる女の気持ちになれる!?バンドじゃないもん!・甘夏ゆずが最近ヘビロテしている曲BEST3

10月1日に公開された『シンデレラゲーム』で映画初出演を務める山谷花純。代表作となった『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(テレビ朝日系)など、これまで多くのドラマや映画へ出演経験を持つ実力派。そんな彼女が、よく聴くという好きな邦楽BEST3を教えてくれました。どれも . . . 続きを読む

胸キュンソングを描きたい!阪本奨悟が最近ヘビロテしている曲BEST3

10月1日に公開された『シンデレラゲーム』で映画初出演を務める山谷花純。代表作となった『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(テレビ朝日系)など、これまで多くのドラマや映画へ出演経験を持つ実力派。そんな彼女が、よく聴くという好きな邦楽BEST3を教えてくれました。どれも . . . 続きを読む

藤ヶ谷太輔も現場でかけていた!飯豊まりえが恋をしたら聴きたくなるラブソングBEST3

10月1日に公開された『シンデレラゲーム』で映画初出演を務める山谷花純。代表作となった『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(テレビ朝日系)など、これまで多くのドラマや映画へ出演経験を持つ実力派。そんな彼女が、よく聴くという好きな邦楽BEST3を教えてくれました。どれも . . . 続きを読む

男性に歌ってほしい曲No.1!桐谷美玲が好きなサマーソングBEST3

10月1日に公開された『シンデレラゲーム』で映画初出演を務める山谷花純。代表作となった『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(テレビ朝日系)など、これまで多くのドラマや映画へ出演経験を持つ実力派。そんな彼女が、よく聴くという好きな邦楽BEST3を教えてくれました。どれも . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense