• エンタメ
  • 【ステージレポート】“幸せ”と“不幸”は誰が決める?大事件が頻繁に勃発する“家族の基礎”が幕開け!
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2016.09.07

【ステージレポート】“幸せ”と“不幸”は誰が決める?大事件が頻繁に勃発する“家族の基礎”が幕開け!

kazokunokiso01

自ら主宰する劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」以外にも、劇団☆新感線やNHKのコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』への脚本提供など、幅広い活動で知られる倉持裕。彼が作・演出を手掛ける最新舞台『家族の基礎~大道寺家の人々~』が6日、東京・Bunkamuraシアターコクーンで幕を開けた。普段はビジネスモードな空気漂う関係者のみのゲネプロですら、終始笑いが巻き起こっていたオフビートな大河コメディだ。

長男・益人(林遣都)に問われるまま、松重豊演じる一家の長・大道寺尚親が自身の生い立ちを語り始める。裕福な家庭に生まれるも、浮気性の父とネグレクト気味の母のもとで放任されて育った尚親は、五郎丸(六角精児)率いる旅回りの大衆劇団「五郎丸一座」と出会い、自宅を劇場として貸すなどして彼らを支援する。数年後、弁護士となった尚親は、ひょんなことから五郎丸と再会。五郎丸に騙されたと訴える依頼人の須真(鈴木京香)と交際し、やがて結婚する。彼女は、尚親の母に顔がよく似た女性だった。

一方、仕事に情熱を燃やす駆け出しの女優であった須真は、子供を作るのはまだ先でいいと考えていたにも関わらず、間もなく妊娠。長男・益人、長女・紅子(夏帆)を立て続けに産み、主婦としての生活に追われることとなる。この4人家族に、風変わりすぎる面々が次々と絡む。大道寺家に入り浸る向かいの家の息子・明司(堀井新太)、尚親にひと目ぼれした紅子の友人・由弦(黒川芽以)、五郎丸の導きで大道寺家に匿われる反政府組織のリーダー・瀬野尾(眞島秀和)、神出鬼没な元悪徳刑事・千々松(坪倉由幸)など。彼らそれぞれを主人公にスピンオフが作れそうなほど、その背景が興味深い魅力的なキャラクターたちが、“波乱万丈”としか言いようのない大道寺家の数十年間をカラフルに彩っていく。

タイトルである“家族の基礎”、つまり何を持って“家族”とするのかという定義づけは、多様化を増す現代において容易なことではない。作者の倉持もそこに答えを出してはいないが、この一見奇妙な家族の在り方を通じて、一般的な“幸せ”の価値観に大きな揺さぶりをかけている。大道寺家に巻き起こった出来事は、“普通”の価値観で言えば“不幸”にカテゴライズされるだろうが、果たしてそうなのか。“幸せ”と“不幸”は誰が決める?“普通”ってナニ?この物語の長い旅路の果て、“歪な大団円”という言葉が浮かんだ尚親と須真によるラストシーンを観ながら、そんなことを思った。

また、書き留めたくなる衝動に幾度もかられたほど、台詞がいい。ライトでまるで押し付けがましくないが、実は人生哲学に満ちたおトクなコメディを、適材適所なキャストの味のある演技とともに堪能してほしい。

写真/柴田和彦 文/武田吏都

関連リンク

【インタビュー】堀井新太 コメディの“基礎”を日々勉強 新しい“家族”との大切な出会い
【ランキング】堀井新太のリバイバルされたら出演してみたいドラマBEST3
【ランキング】林遣都が今、行ってみたい場所BEST3
【ランキング】林遣都が今まで演じた中で大変だった役どころBEST3

【作品情報】
舞台『家族の基礎〜大道寺家の人々〜

2016年9月6日(火)〜9月28日(水)
東京・Bunkamuraシアターコクーン

2016年10月1日(土)、2日(日)
愛知・刈谷市総合文化センター 大ホール

2016年10月8日(土)〜10月10日(月・祝)
大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

2016年10月16日(日)
静岡・浜北文化センター 大ホール

出演:松重豊、鈴木京香、夏帆、林遣都、堀井新太、黒川芽以、山本圭祐、坪倉由幸、眞島秀和、六角精児/長田奈麻、児玉貴志、粕谷吉洋、水間ロン、山口航太、近藤フク
作・演出:倉持裕

kazokunokiso
撮影/三浦憲治 宣伝イラスト/白根ゆたんぽ

<STORY>
大道寺尚親(松重豊)は、東京郊外のだだっ広い邸宅で両親に放任され、孤独に育った。長じて弁護士となった彼は、売り出し中の女優・須真(鈴木京香)と結婚し一男・一女を得る。まだまだ女優として活躍したかった須真は、家庭に入ることに不満を持っていたが、尚親はやっと手に入れた「家庭」に満足していた。長男の益人(林遣都)は早熟な天才型の少年に育ち、母親の期待を一身に受け、芸術家になることを目指す。長女の紅子(夏帆)はそんな母と兄に反発し、兄の「作品」を勝手にいじって世に送り出す。しかし皮肉にもそのアレンジが世間に受け、大道寺家に莫大な利益をもたらした。彼らの周りには個性的な人達が集まってくる。誰もが大道寺家の子供だと信じて疑わない、染田明司(堀井新太)、紅子の友人で謎のシンガー・由弦(黒川芽以)、元汚職警官で大道寺家の使用人・千々松(坪倉由幸)などなど。彼らの引き起こす様々な事件に翻弄され、紆余曲折を経て、大道寺家は劇場経営に乗り出す。益人は劇場の専属劇団で脚本と演出を担当、須真も女優として活躍する。ところがある日、尚親の昔の顔なじみ「五郎丸一座」の座長(六角精児)が「大道寺シアター」を訪れる。彼は、反政府組織のリーダー瀬野尾(眞島秀和)やその仲間とともに大道寺家に身を寄せるが、彼らは警察にマークされていた。ある日、踏み込んできた国家警察との間にいざこざが起き、それをきっかけに大道寺家の運命は大きく暗転、一家離散に追い込まれる。一家の長・尚親は家族の絆を取り戻すべく、立ち上がるが、果たしてその結末は———。


あなたへオススメの記事

RECOMMEND
2.5jigen

“テニプリ”“弱ペダ”“ハイキュー!!”などファンを魅了し続ける2.5次元ミュージカル&舞台の魅力に迫る!

自ら主宰する劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」以外にも、劇団☆新感線やNHKのコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』への脚本提供など、幅広い活動で知られる倉持裕。彼が作・演出を手掛ける最新舞台『家族の基礎~大道寺家の人々~』が6日、東京・Bunkamu . . . 続きを読む

8.26patalliro01

加藤諒主演、舞台『パタリロ!』キャストのキャラビジュアル公開!青木玄徳、佐奈宏紀のコメント到着!!

自ら主宰する劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」以外にも、劇団☆新感線やNHKのコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』への脚本提供など、幅広い活動で知られる倉持裕。彼が作・演出を手掛ける最新舞台『家族の基礎~大道寺家の人々~』が6日、東京・Bunkamu . . . 続きを読む

7.14ReLIFE

小野賢章が主演を務める舞台『ReLIFE』のオールキャストビジュアル初公開!

自ら主宰する劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」以外にも、劇団☆新感線やNHKのコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』への脚本提供など、幅広い活動で知られる倉持裕。彼が作・演出を手掛ける最新舞台『家族の基礎~大道寺家の人々~』が6日、東京・Bunkamu . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense