• ミュージック
  • 【イベントレポ】超特急が初の“トレタリ”番組イベント開催!“モノマネ”“キス顔”“ライヴ”ありの夏の思い出♪
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2016.08.30

【イベントレポ】超特急が初の“トレタリ”番組イベント開催!“モノマネ”“キス顔”“ライヴ”ありの夏の思い出♪

やっぱりこの7人、ただ者じゃない。人を楽しませるためにはとことん体を張れるサービス精神と、曲が始まれば最初から最後まできっちり全力でステージを創り上げるエンターテインメント魂!やっぱりすごい。超特急がレギュラーを務めるバラエティ番組『超特急の撮れ高足りてますか?』(略して“トレタリ”、フジテレビTWO/TWOsmartで放送中)の初となる公開収録イベント『超特急との夏の思い出足りてますか?』を29日、東京・新木場STUDIO COASTで開催。同イベントでそう心の底から実感させられた。

“トレタリ”は、様々な有名番組からいつオファーが来てもいいように業界ならではのバラエティスキルを学ぶ番組。これまでにも「お部屋系トークバラエティ番組」や「動物ふれあいバラエティ番組」など、たくさんの出演シミュレーションをしてきたが、今回は目の前に観客もいるということでMCにNON STYLEの井上裕介を招き、「赤白モノマネバトル」を決行。モノマネ番組でウケるには“もちろん似ていないとダメ、出演したという爪跡を残すためにおもしろくなきゃダメ”という掟にのっとり、本腰入れた仮装までして各自得意のモノマネを披露した。

カイ、ユーキ、ユースケの赤チームと、コーイチ、タクヤ、タカシの白チームに分かれてひとりずつ対戦するのだが、なぜかMC役のリョウガがトップバッターとして『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイの名ゼリフにトライ。なんとこれが予想を遥に超えて似ていて、客席からは大きな拍手が沸き上がる。そして赤チームのトップとしてオレンジに黄色ラインの長Tシャツを着て登場したカイは、ダミ声のしゃべり方や“自分ビバーブ”のかかった歌声が激似なジャイアンで人々の度胆を抜く。そこに続く白チームのタカシも、アフロに白いシャツ姿で井上陽水にチャレンジし、ねっとりとした歌声で歓声を呼んだ。なんか次から次へと、やけにレベルが高くないか!?と思ったそのとき、タカシの後ろから“ご本人登場”さながらモノマネ芸人のホリが登場。そこからは特別コーチであるホリに適切なアドバイスをもらいながら、モノマネの極意も学んでいく。

平泉成と大滝秀治という王道かつ渋め路線にトライしたユーキと、ピストルとピコピコハンマーを持って「コマネチ!」を連呼するのみでビートたけしという大技を狙ったコーイチの対決では、声を研究したであろうユーキがホリから賞賛を得る。そして最終対決に現れたユースケは黄色い衣装に身を包み、「ヒャーッ!みんな元気なっしー!」と甲高い声と動きの勢いだけでインパクトを植え付ける。さすがにこのアピール力に勝るものはないのでは…と思ったものの、なんとラストのタクヤはオーバーオールとニット帽姿で、GO!皆川の「うんちょこちょこちょこぴー!」を乱打。しかも本家も越えるテンションの高さで「ぴっぴっぴ〜!」「右にぴ〜っ!左にぴ―っ!」とステージを走り回る。これには会場中が大爆笑し、メンバーからも「こんなタクヤ見たことないよ!」と大絶賛だった。

客席からの拍手の大きさで判定したところ結果はイーブンということで、最終的にホリが勝利チームを決定。見事選ばれた赤チームにはモノマネグッズが贈呈され、白チームとなぜかリョウガには“カメラに向かってキス顔”の罰ゲームが下された。タクヤは恥ずかしさのあまりちょっとふざけて「今日はありがと!チュー」とやるものの、無念のやり直しをくらう。リョウガにいたっては3回もキス顔をしたのにやり直し…。でもこれ、見ている他のメンバーも身をよじるくらい勇気の要る罰ゲームなのだ。黄色い歓声とは裏腹に、やるほうはかなり必死!照れつつも問題なくこなしたコーイチとタカシも含め、4人のキス顔が何度もステージ上の大画面に映し出された。

ホリによるモノマネ講座で“砂浜を歩く武田鉄矢”の動きを習得した後、観客から集まった質問に応えるコーナーへ。そしてVTRで“トレタリ”の名場面を流している間に衣装チェンジを済ませ、後半はたっぷり10曲以上のライヴで再び場内を熱くする。この夏、あちこちのフェスに出演し、初対面の人達をも魅了してきたであろう彼ら。「Star Gear」「Make it hot!」「Summer love」などビートの激しいデジロックを中心に、超特急ならではのパワフルかつ表現豊かな歌とダンスを展開。「FLASHBACK」など彼らにとっても久々であろう楽曲もまた、ここへきて心身ともに一段と強化した7人の成長を感じさせた。じゃんけんで勝った人がソロパートを歌える「Burn!」では、突如ステージに乱入した井上が、勝ったユースケを押しのけてソロを熱唱。イベントらしく、7人と息ピッタリなサプライズを見せた。彼らのライヴを生で初めて体感した井上は「すごいなー!カッコええな!(タクヤに)ちょいちょい挟むうんちょこやめえ!」と大興奮。アンコールでは「走れ!!!!超特急」を会場の8号車と共に歌い、『超特急との夏の思い出足りてますか?』というイベントタイトルにふさわしい熱気と笑顔の中で終焉となった。そしてまたしても、バラエティの1シーンごと、ライヴの1フレーズごとに全力疾走な彼らのポテンシャルの高さに驚かされた夜となった。

文/川上きくえ

<メンバーコメント>
1号車・コーイチ
「普段は井上さんが笑いに変えてくれるんですけど、8号車がいるとリアルな歓声が飛んでくるので、その緊張感の中で“撮れ高”を出していくというのは僕たちにとっても挑戦で、すごく楽しかったです。僕は山里(亮太)さんのモノマネを教えてもらったのでレパートリーがひとつ増えて良かったです」

2号車・カイ
「“トレタリ”で初めての公開収録ということで、普段なかなかライヴだけでは見せられない姿を見せられて、8号車のみなさんには楽しんでいただけたのではないかなと思います。僕たち自身も“撮れ高”を学んで多くの番組に呼んでいただけるように、これからも番組を通して培った力を発揮していけたらなと思います」

3号車・リョウガ
「普段から“トレタリ”は緊張するんですけど、今日はリラックスしてできたような気がしたので楽しかったのと、8号車と一緒に“撮れ高”を学んでいるような感じがして超特急らしいなと思いました。公開収録からのライヴは久しぶりだったので、昔のファンミーティングを思い出して懐かしい気持ちで最高の夏の思い出を作ることができました」

4号車・タクヤ
「久しぶりにNON STYLEの井上さんと収録することができて、ゲストのホリさんからモノマネの基本を学べてとても良かったです。8号車の前でGO!皆川さんのモノマネをやって、自分の殻を破れたんじゃないかと思います。吹っ切ってできたのでとても楽しかったです」

5号車・ユーキ
「“トレタリ”は普段は8号車がいない場所でやっていたので、あまり意識せずにできたんですけど、今回は目の前にいたので、バクバクに緊張しながらやっていて平泉成さんのマネをしたときも反応はわからないですが、うまいと言っていただけたのでこれからはおじいちゃんおばあちゃんとかにもモノマネを披露していきたいなと思いました」

6号車・ユースケ
「いつもの“トレタリ”の収録はドン滑りするんですけど、8号車さんがいてくれることで8号車さんが笑ってくれる優しさがすごくあったなと思いました。いや、いつも収録でメンバーが冷たいとか言っているんじゃないんですよ(笑)!あと、大好きなふなっしーさんのモノマネをすることができて嬉しかったです」

7号車・タカシ
「今まで“トレタリ”でいろいろなことに挑戦していろいろなことを吸収していって、この公開収録でこれまで培ってきたものをぶつけるという意味も込めて挑んだんですけど、8号車のみんなも一緒に学べるというのがすごく楽しかったです。8号車と一緒にライヴも盛り上げることができて、“夏の思い出足りてますか?”というよりこれで足りました!」

関連リンク

【ライヴレポ】超特急が“a-nation”で味スタに降臨!雨にも負けないパフォーマンスで爪痕を残す
【ライヴレポ】超特急が『めざましライブ』で水にまみれてお祭り騒ぎ♪「来年も出ます!」宣言も!!
【ライヴレポ】超特急、“a-nation”で大絶叫!globe「Love again」のカバーも披露
【ライヴレポ】超特急、『コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽ライブ』出演!六本木に響いた7人と8号車の合唱!!
RECOMMEND

超特急、“ふじびじ”のスペシャル番組が決定!4種の仕事に体当たりで挑戦

やっぱりこの7人、ただ者じゃない。人を楽しませるためにはとことん体を張れるサービス精神と、曲が始まれば最初から最後まできっちり全力でステージを創り上げるエンターテインメント魂!やっぱりすごい。超特急がレギュラーを務めるバラエティ番組『超特急の撮れ高足りてますか . . . 続きを読む

超特急、憧れの夢の舞台『MBS音祭』に出演決定!コーイチ&タカシから意気込みコメント到着!!

やっぱりこの7人、ただ者じゃない。人を楽しませるためにはとことん体を張れるサービス精神と、曲が始まれば最初から最後まできっちり全力でステージを創り上げるエンターテインメント魂!やっぱりすごい。超特急がレギュラーを務めるバラエティ番組『超特急の撮れ高足りてますか . . . 続きを読む

超特急×RADIO FISHのコラボが実現!?10月開催ハロウィンイベント出演決定!

やっぱりこの7人、ただ者じゃない。人を楽しませるためにはとことん体を張れるサービス精神と、曲が始まれば最初から最後まできっちり全力でステージを創り上げるエンターテインメント魂!やっぱりすごい。超特急がレギュラーを務めるバラエティ番組『超特急の撮れ高足りてますか . . . 続きを読む

超特急が日本最大のファッションショーイベント“神コレ”に出演決定!衝撃とハッピーを与えられるステージに!!

やっぱりこの7人、ただ者じゃない。人を楽しませるためにはとことん体を張れるサービス精神と、曲が始まれば最初から最後まできっちり全力でステージを創り上げるエンターテインメント魂!やっぱりすごい。超特急がレギュラーを務めるバラエティ番組『超特急の撮れ高足りてますか . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense