• ミュージック
  • DISH//が初となるバンドパフォーマンスの“皿vsスラ”を開催!メンバー作詞の新曲も披露
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2016.08.28

DISH//が初となるバンドパフォーマンスの“皿vsスラ”を開催!メンバー作詞の新曲も披露

DISH//の“5th Anniversary Year !!!!!”第3弾となる『皿vsスラ“世界サラ一級タイトルマッチ”〜2016 夏編〜』が27日、東京・豊洲PITで開催された。本公演はバンド演奏の1部“灼熱ROUND”と、ダンスパフォーマンスの2部“常夏ROUND”の2部制。どちらに参加しても大いに楽しめる内容となった。こちらでは、その1部の様子をお届けしたい。

オープニング映像が始まると会場に集まったスラッシャー(ファンの総称)の声援が高まり、まもなくメンバーが登場。「WOW WAR TONIGHT〜時には起こせよムーヴメント〜」で一気に会場のボルテージが上がり、続いて「晴れるYA!」「FLAME」と“灼熱ROUND“の名に相応しいバンド色の強い楽曲を息つく間もなく披露した。TAKUMIの「3曲歌ってすでに声枯れてきましたけど、あと7曲ぶっ通しでやります!」の宣言に会場の熱気は急上昇。

最新シングル「HIGH-VOLTAGE DANCER」では曲の後半で誰ともなく身体が動きはじめ、楽しそうに踊るワンシーンも見受けられた。後のMCで「踊らないはずだったのに、踊っちゃた」とTo-i。「サイショの恋〜モテたくて〜」では、会場に集まった2500人のスラッシャーを左右に分け、コール&レスポンスの練習からスタート。ステージでのパフォーマンスだけでなくスラッシャーがより楽しめる会場を作りたいという熱い想いも垣間見えた。

1部ラストではRYUJIとTo-iがステージ上を駆けまわり、TAKUMIとMASAKIは頭を振り乱しながらギターを掻き鳴らし「皿に走れ!!!!」を披露。汗の飛び散るロックなステージで締めくくった。日頃のステージやMUSIC VIDEOで魅せるカッコ良さとはまた違い、楽器を引き倒す姿はまさに“ロックバンド”のそれ、そのものだ。

ここでステージに映像が投影され、すでに発表されている2017年1月1日の日本武道館公演のチャレンジ企画が、日本伝統音楽である“三味線”に挑戦することが発表され、会場の空気が再び歓喜に沸く。その熱が冷めやらぬまま、TAKUMIが「セットリストにアンコール2曲入っているから言っちゃうね!新曲やります。僕らDISH//が作詞をしました」と発表すると会場は一気に熱を帯びた。新曲「JUMPer」はアッパーでノリの良いサウンドでありながら、DISH//全員の熱い想いの籠った歌詞が印象的だ。初披露にも関わらずスラッシャーたちは大いに盛り上がった。

いつもは場内がカラフルなサイリウムで埋め尽くされるが、“灼熱ROUND”では光物は一切禁止。初のバンド演奏による皿VSスラらしく、拳を振り上げ、時にはヘッドバンギングするなど、“ロックバンド”ならではの光景が。アーティストとして自分たちのパフォーマンスを貪欲に追求し続ける彼らの魅力を再認識させられるステージとなった。

※2部のライヴレポートはコチラ>http://rankingbox.jp/article/44362

関連リンク

【ライヴレポ】DISH//“奇跡”の55曲ライヴで完全燃焼!横浜スタジアムに繋がる“夢旅”は止まらない
【ライヴレポ】超特急が“a-nation”で味スタに降臨!雨にも負けないパフォーマンスで爪痕を残す
【ランキング】まったり気分に浸りたい♪北村匠海(DISH//)が夏に聴きたくなる楽曲BEST3
【ライヴレポ】DISH//、三位一体のパフォーマンスで真の“ダンスロックバンド”を確立!
RECOMMEND

『仰げば尊し』出演中の真剣佑、村上虹郎、北村匠海、太賀、佐野岳がサプライズで登場!“奇跡の物語”を生んだ“野庭サウンド”に「涙を堪えた」

DISH//の“5th Anniversary Year !!!!!”第3弾となる『皿vsスラ“世界サラ一級タイトルマッチ”〜2016 夏編〜』が27日、東京・豊洲PITで開催された。本公演はバンド演奏の1部“灼熱ROUND”と、ダンスパフォーマンスの2部“常 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense