• エンタメ
  • 役者になるキッカケに!BOYS AND MEN・勇翔の好きな特撮BEST3
CONTENTS
Home
  • ランキング
  • 2016.08.26

役者になるキッカケに!BOYS AND MEN・勇翔の好きな特撮BEST3

メジャー専属契約第一弾となるシングル「YAMATO☆Dancing」を8月24日に発売したBOYS AND MEN。小さい頃から特撮を観て育ったという勇翔に、好きな特撮作品BEST3を聞いてみた。自身が出演したいと熱望する作品や、役者になるキッカケをくれた作品など、思い出の作品がズラリ!特撮好きの目線で熱く語ってくれています♪

【BOYS AND MEN 読者プレゼント企画開催】
BOYS AND MENからサイン入りチェキをプレゼント!8月19日〜8月29日に掲載されるランキング&インタビュー記事にキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、29日掲載予定のプレゼント企画記事をチェック!

『牙狼-GARO−』(テレビ東京系)

深夜帯の特撮で金色の騎士なんです。レンタルショップの特撮コーナーで見つけたのがキッカケで、初めて観るタイプの特撮だったのでハマりました。基本、最初から変身はしなくて、7〜8割素の状態で戦って、最後にとどめを刺すときにだけ変身することが多いんです。今まで観ていた特撮は、スーツアクターがいるんですけど、これは変身後、ほぼCGなんですよ。CGでしか出せない動きがあるんですよね。しかも監督が、『鉄甲機ミカヅキ』(フジテレビ系)の雨宮慶太さん!特撮に出演できるなら、『牙狼-GARO−』に出て、雨宮さんと一緒にお仕事がしたいです。

『仮面ライダー』シリーズ

最初に観たのは『仮面ライダークウガ』(テレビ朝日系)で、役者になりたいと思ったキッカケの作品です。その後に放送された携帯電話で変身する『仮面ライダーファイズ』(テレビ朝日系)の主人公なんかは、実は敵と同じ種族だったということが途中でわかったりして。“あっ、人間じゃないんだ”って。見た目は人間で、怪人の記憶がなく仮面ライダーとして戦っていたけど、途中で自分は怪人だったというのがわかって、今まで周りにいた仲間が全員離れていってしまうんです。平成初期の仮面ライダーって、結構難しいというか、考えさせられることが多かったですね。

『ゴジラ』シリーズ

ゴジラVS◯◯ってよくあるじゃないですか?あれって、結構、話が繋がっていて。小さい頃は単体の作品として観ていたけど、高校生のときに一気に全部観たら、話が繋がっていることに気付いて。ちなみに、今まで観たゴジラの中で一番印象的だったのは、“最後のゴジラ”と言われていた『ゴジラVSデストロイア』。今まで悪の怪獣を倒してくれたゴジラが死んでしまうというのが悲しかった記憶があります。でも実は、死んだと思っていた子どものゴジラが生きていて、1999年公開の『ゴジラ2000 ミレニアム』に出てくるんです!

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
9つ目→「必」

関連リンク

【ランキング】BOYS AND MEN・本田剛文が女性に作ってもらいたい料理BEST3
【インタビュー】BOYS AND MEN 誠  “ボイメン”ファミリーの愛を力に全力疾走!! One For All,All For Oneで結ばれた堅い絆!
【インタビュー】BOYS AND MEN YanKee5 みんなの夢を背に突き進め! “YAMATO☆男子”の生きる道
【ランキング】BOYS AND MEN・小林豊がお気に入りのインテリアBEST3
RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense