• エンタメ
  • ストーリーに隠された感動秘話に涙!?青木玄徳が好きなRPGゲームBEST3
CONTENTS
Home
  • ランキング
  • 2016.07.30

ストーリーに隠された感動秘話に涙!?青木玄徳が好きなRPGゲームBEST3

7月30日に公開された映画『コープスパーティ Book of Shadows』で刻命裕也役を演じている青木玄徳。今作で人気のゲームキャラクターを演じた彼に、かつて夢中になったという好きなRPGゲームBEST3聞いてみました。本人曰く、子供の頃はかなりのゲームオタクだったそうで、それぞれのゲームに思い出とこだわりがあるようです。クールな外見では想像ができないマニアックなゲームの話を子供のような笑顔で語ってくれました♡

【青木玄徳 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
7月30日、31日に掲載されるランキング記事に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、31日掲載のプレゼント企画記事をチェック!

『ドラゴンクエストⅢそして伝説へ…』(エニックス/現スクエア・エニックス)

ドラゴンクエスト3 そして伝説へ

世の中に衝撃を与えた作品でしょう!何がすごいって、Iで注目されIIの売上もすごかったのに、それが全てIIIへのフリだったという。Iから出てくる「ロトの紋章」のロトがⅢの主人公だったって知った時と、ラスボスのバラモスを倒して穴に入っていった時に聴き覚えのある音楽が流れて、「Iのあそこの音楽じゃん!え!?IIIはI以前のストーリーだったんだ!」って気付いた時の感動ったらなかったですね。実は今でもアプリでたまにプレイしている大好きなゲームです(笑)。

『スターオーシャン』(エニックス/現・スクエア・エニックス)

スターオーシャン

僕が小学校の時に発売されていたかなりコアなゲーム。スーファミ時代にここまでのクオリティのものはこれ以外ないかもしれないというくらいの名作で、極めたら半端なくおもしろい!自分で武器をカスタムしたり、ラスボスまでの道のりも何通りも用意されているんですよ。こだわったプレイは、隠れキャラで奥義を使えるアシュレイを仲間にするために、一番強いキャラをパーティに入れず格闘技場で超苦戦しながらも仲間にするという。ぜひゲームアプリで復活してほしいですね。

『ファイナルファンタジーⅩ』(スクエア/現スクエア・エニックス)

ファイナルファンタジーX

PS2でプレイする主人公のティーダとヒロイン・ユウナのストーリーのやつでね。FFシリーズの中で、IIIやⅤ、ⅩIIIも好きなんですけどこれが一番かな。プレイしたことがある人にはわかるかと思うんですけど、ゲームの中盤でユウナがどういう覚悟で旅をしていたかっていうことに、ティーダが気付くシーンで思わず涙してしまいした…!普段、ゲームをしていて好きになるキャラって強いやつとかが多いんですけど、FFⅩに関してはメインのこのふたりがお気に入りです。 

刻命裕也青を演じた青木玄徳からメッセージが到着!

2016420_03617月30日に公開された映画『コープスパーティ Book of Shadows』で、刻命裕也役を演じている青木玄徳からメッセージが到着!

──今作で演じた刻命裕也のキャラクターはどんな役でしたか?
青木 初の高校生役だったのですが、そこはあまり意識せずに演じました。優しい部分と狂気的な二面性がある役なので、違和感があるくらい両極端にして、ひとつの作品の中に2パターンあるように見せられるかなと。
──ホラー作品によくある撮影現場などでの心霊現象体験はありましたか?
青木 この作品は地方で撮影をしたんですけど、よくある現場でとか宿泊先の部屋がなんかいやな雰囲気だなとか、そういうのには出会えなかったです。撮影した廃校も夜になるとめちゃくちゃ怖かったんですけど、それよりも撮影スケジュールがあまりにもタイトで、そっちのほうが恐怖だったかも(笑)。
──霊も寄せ付けないほどの撮影期間だったんですね(笑)。
青木 そうなんですよ!すごい仕上がりなので、少数精鋭で短いスケジュールの中、ここまでの作品を作ったんだって知った上で観て欲しいですね。
──では、現場の雰囲気は結構緊張感があったとか?
青木 自分の出番がないときは控室で他の出演者と話したり仲良くしていましたよ。イケピー(池岡亮介)とか、前田希美ちゃん、水石(亜飛夢)くん、生駒(里奈)ちゃんとは、別の作品で共演したことがあったので、「はじめまして」っていう感じではなかったですし。
──わりと和気藹々とした雰囲気の撮影現場だったんですね。
青木 そうですね。あと、イケピーや水石くんとはミュージカル『テニスの王子様』で共演していて、そこから何年か経って映画で出会って映像の中で一緒の仕事をして…役者として向き合えた気がしてすごく燃えたんですよ。お互い立ち回りもあったし、そういう部分にちょっとした役者同士の青春を感じましたね。ホラー映画なのに(笑)。
──作品の中で印象的だったエピソードはありますか?
青木 今回、特殊メイクをしたんですけど、完成を見て自分でも“これはヤバイな”とは思っていたんです。そうしたら欅坂46の石森(虹花)さんが僕を見て、素で泣き始めちゃって「おい!失礼だぞ(笑)」って。ここまで精巧に作りこんでもらえると役に入り込みやすかったし、役者としていい経験でした。この部分も注目して欲しいですね。
──最後にファンに向けてメッセージをお願いします。
青木 僕の初の高校生役を楽しみに劇場へ足を運んで頂けたらと思います(笑)。ショッキングなシーンも多いホラー映画に仕上がったかと思うので、心の準備をしてぜひ観に来てください!

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1つ目→「人体」

関連リンク

【インタビュー】生駒里奈 残酷な運命に立ち向かう主人公を熱演!大切なモノを取り戻す先で見つけたもの
【ランキング】青木玄徳が憧れるヒーローBEST3
【ランキング】薫太が好きなゲームBEST3
【ランキング】Da-iCE・花村想太が今までハマったゲームBEST3
RECOMMEND

【『ROOT FIVE STORYLIVE TOUR 2016『序』〜舞闘絵巻〜』企画】 其の三・藤谷慶太朗(けったろ)のツアー中に流行っているゲームBEST3

7月30日に公開された映画『コープスパーティ Book of Shadows』で刻命裕也役を演じている青木玄徳。今作で人気のゲームキャラクターを演じた彼に、かつて夢中になったという好きなRPGゲームBEST3聞いてみました。本人曰く、子供の頃はかなりのゲームオ . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense