• エンタメ
  • 【連載】“ボイメン”しりとり〜“ん”まで続くよどこまでも〜<第4回目>田村侑久×平松賢人
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2016.07.27

【連載】“ボイメン”しりとり〜“ん”まで続くよどこまでも〜<第4回目>田村侑久×平松賢人

2010年に結成され、東海エリア出身・在住の10人組エンタメユニット・BOYS AND MEN。歌やダンス、芝居、ミュージカルと多岐にわたり活躍するエンターテインメント集団として大活躍中!来たる8月24日にはメジャー専属契約第一弾となるシングル「YAMATO☆Dancing」をリリース。それを記念して、7月6日からスタートしたボイメン連載♪しりとり形式で出されるお題に対し、ボイメンに関することや、パーソナルなことなど、ざっくばらんに語ってもらうこのコーナーの第4回目は田村侑久と平松賢人が登場☆「羽化」(=成長)というお題に対し、自身の成長エピソードなどを教えてくれました!今の田村からは想像できない悩みや、平松の今後の目標まで、たっぷりとお届けします♪

文/根岸聖子

BOYS AND MEN 読者プレゼント企画開催】
7月6日からスタートしたBOYS AND MEN連載企画を記念して、メンバーのサイン入り2ショットチェキをプレゼント!毎週水曜日に公開される連載記事(全7回)にそれぞれキーワードが出てきます。その文字をつなげるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、後日掲載のプレゼント企画記事をチェック!お楽しみに♪

――今回のテーマは「羽化」(=成長)です。ボイメンの中で、これまで誰が一番成長したか、良い方向に変化したかといったエピソードをお願いします!
田村 よし、僕のこと言って!
平松 いや、自分のことを言わせてもらいます(笑)。僕は一期生の中でも最年少ということもあって、普通に学生をやりながら活動していたんです。当時は自分なりに一生懸命やっているつもりだったけど、反面、心の隅っこで逃げ道みたいなのも考えていた気がするんですね。いや、それじゃダメだ、この道で本気でやっていくんだ!って覚悟ができたのが1年前くらいで。ファンの方たち、いろんな人との関わり方も改めて考えるようになったので、成長はできていると思います。
田村 この子、だいぶ変わりましたよ。ここ最近は本当にね、自分からステージを盛り上げようっていう意気込みが感じられて。昔は、あまり前に出る子じゃなかったんです。それが、失敗してもいいから頑張ってみようっていうスタンスになったので、自分を変えようとしているんだなというのは伝わってきていますね。
平松 すごい、的確で明確(笑)。
田村 前は、殻を破れない感じがあったもんね。
平松 グループの中のひとりでいいやっていうのが、どこかにあった気がします。
田村 そういうのが人気に出るからね!と言いつつ僕も、最初の頃は全然しゃべれなかったんですけど。
――えっ!!(笑)。それは意外です。
田村 ファンの方に嫌われたくないっていう気持ちが強くて、いい子でいようって思っていたんです。トークも上手くできないし、一時期はすごく悩んでいたんですよ。でも、ある日、どこかで自分を変えなきゃいけないなって思って、あとで怒られてもいいからと自分を解放してみたら、これが意外とハマりまして。そこからですね。もう飾るのをやめよう、思った通りに全力で自分を伝えようと、こんな風になりました。というわけで、素でこういうヤツなんですよ(笑)。今は純粋に、毎日素を出して、タムタムでやっているので超楽しいです!
平松 それが全部正解かどうかは、わからないですけど!(笑)。でも、イキイキ、キラキラしているので、羨ましいなって。あ、でも自分も、最近はキラキラできているんじゃないかな?人のフリを見て学べることもあるんだなって、タムタムを見ていて思いました。
田村 俺の距離感の取り方を全部マネすると、たまに失敗するから気をつけろよ(笑)。
平松 うん。やってみて、あ、これは俺じゃダメなんだなっていうのを学んでいるよ。
田村 俺と(小林)豊と辻本(達規)の3人は、その距離の取り方っていうのが得意分野だからね。平松は、まだそこまでのスキルはなくて、今まさに、羽化中だよね。
平松 はい!
――殻を破るに至ったキッカケというのは?
田村 限界まで追い込まれたからですね。このままでいたら、俺、終わるなと。猫をかぶっている意識はなかったけど、とにかく嫌われたくなかった。人気が出ないと使ってもらえないっていう現実があったので、そこを必死で取りに行ったんです。
――なるほど。そして今後のために、新たな分野で頑張っていることはありますか?
田村 ピアノを練習しています。1年くらい前から始めたのですが、ここにきてマジで、本気でやろうと思っていて。昨年の自分のバースデイライヴでもピアノを弾いて、賢人が歌ってくれたんです。あのときは、ファンの子たち、みんな泣いてくれてね。「普段はあんなヘラヘラしていてチャラいキャラなのに、今、手を震わせながら真剣にピアノを弾いている…」って感動してくれた。普段とのギャップですかね(笑)。なのでもっと練習して、上手くなりますよ!
平松 僕は、ソロ曲を作りたい。僕の歌を認めてくれている人もいるので、パッとメロディが浮かんだときはボイスメモに入れたりしているんです。この間、携帯が壊れちゃって、だいぶ消えちゃったんですけど…。あと、僕、カメラがすごい好きで。
田村 カメラの歌を歌いたいの?
平松 違うよっ!風景とか、メンバーの写真とかもめっちゃ撮っているので、コンクールにしれっと応募したい。
田村 ちっちぇな!
平松 あはははは。でも、そこで結果を残せたら、趣味じゃなくなるでしょ。今後、写真方面でも羽化できたらって思っています!

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
4つ目→「目」

関連リンク

【連載】“ボイメン”しりとり〜“ん”まで続くよどこまでも〜<第3回目>田中俊介×勇翔
【連載】“ボイメン”しりとり〜“ん”まで続くよどこまでも〜<第2回目>水野勝×本田剛文
【連載】“ボイメン”しりとり〜“ん”まで続くよどこまでも〜<第1回目>Yankee5
【ニュース】BOYS AND MEN、最新作「YAMATO☆Dancing」のダンサブルなMV解禁!
RECOMMEND

メンバーの素顔を引き出すプロ!?BOYS AND MEN・平松賢人がマイカメラで撮ったお気に入りショットBEST3

2010年に結成され、東海エリア出身・在住の10人組エンタメユニット・BOYS AND MEN。歌やダンス、芝居、ミュージカルと多岐にわたり活躍するエンターテインメント集団として大活躍中!来たる8月24日にはメジャー専属契約第一弾となるシングル「YAMATO☆ . . . 続きを読む

BOYS AND MEN総出演の映画『復讐したい』DVD発売記念トークイベント開催!水野が銀髪の取り立て役を熱望?

2010年に結成され、東海エリア出身・在住の10人組エンタメユニット・BOYS AND MEN。歌やダンス、芝居、ミュージカルと多岐にわたり活躍するエンターテインメント集団として大活躍中!来たる8月24日にはメジャー専属契約第一弾となるシングル「YAMATO☆ . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense