• ミュージック
  • 【インタビュー】住岡梨奈 『テラスハウス』卒業ソングが完成!伝えたい“言葉”を歌に込めて――
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2014.02.25

【インタビュー】住岡梨奈 『テラスハウス』卒業ソングが完成!伝えたい“言葉”を歌に込めて――

『テラスハウス』(フジテレビ系)卒業ソング「言葉にしたいんだ」の完成を持って同番組を卒業した住岡梨奈。本作は、口下手だと語る住岡が、テラスハウスで過ごした日々を形に残したいと思って制作された1曲だ。彼女が、“言葉にしたい”と思うようになるまでの葛藤や、卒業を決意した時の心境、また、番組の流行語にノミネートされたあの名言に隠された本音など、たっぷりと語ってもらった。

文/川上きくえ

“言葉”に対して臆病だった自分との決別

――人気番組『テラスハウス』(フジテレビ系)の卒業ソングとして制作された本作。番組内でメンバーに披露した放送を観て、かなり感動しました。よく最後まで歌い切りましたよね。

住岡 本当ですよね。途中で泣いちゃうとこでした(笑)。

――テラスハウスを出ていくと決めたきっかけは何だったんですか?

住岡 テラスハウスにいたおかげで、何か一歩振り切れたものがあったから卒業について考えはじめたんです。自分のライヴをやりながら、“自分がテラスハウスを出たらどうなるんだろう?”と考えた時に、ここからまた頑張っていきたいと思いました。だったら“いつまでもテラスハウスに甘えちゃダメだな”って思ったんですよね。そんな時に、“もっと人に伝えたいことがあったな”と思って、今回の曲を書きました。『テラスハウス』での思い出を思い返しながら、具体的に何があったかということじゃなく、今まで過ごしてきた時間を詰め込めたらと思って。“泣いたり笑ったり”っていう、みんなが思い浮かべる場面があるであろう言葉を歌詞に入れてみたりしました。

――「言葉にできない」というタイトルが示す通り、今までうまく伝えられないもどかしさがあったんですか?

住岡 もともと“ここで私が何かを言ったからって、何も変わらないだろう”と思ってしまう部分があって。『テラスハウス』でも、例えば誰かが悩んでいたりするときに、求められてもいないのに私が何かを言ったら“一緒に住んでる期間が短いお前に何がわかるんだよ!”って思われそうな気がしちゃって。何かしてあげたい気持ちはあるけど、そこまで私は必要とされてないんじゃないかと思っていたんですよね。でも、(テラスハウスが)引っ越しするタイミングで“私は今まで何も言わなかった分、何も残せていないな”っていうことに気づいて。“何やってんだ私!もっとちゃんと伝えていかなきゃ!もっと誰の目から見てもわかるくらい発信しなきゃいけないんだ”と思ったんです。そこから、ライヴに対する気持ちも変化してきたりしましたね。家(テラスハウス)の中では、まいまい(永谷真絵)が私に「なんで?」っていっぱい聞いてくるから、自分自身もその答えの意味を考えるようになって。そうしているうちに、“これだけ突っ込んで聞いてもいいんだ!”って思って、私も疑問に思ったことは「なんで?」と素直に聞けるようになりました。

――今回は“言葉にできない想い”があることを伝える歌ですが、それを言葉や手紙にせず、歌で聴かせる方法を選んだのはなぜですか?

住岡 私、しゃべっても「え?」って言われることが多いんですよ(笑)。リビングでてっちゃん(菅谷哲也)が面白いことを言ったりしてみんなで盛り上がってるときに、私も面白い話を言ってみたら「あはははは!……え?」って聞き返されたり、どうも伝わんないなぁってことがあるんですよね。声の通り方とか使う言葉のせいもあるのかな。特に、盛り上がると何を言ってるかわからなくなるみたいなんですよ(笑)。それに私自身、物事をあんまり直球で言わないので、まじめな話をしてても変化球に聞こえてしまって、深読みさせてしまうこともよくあるし。だったら歌を歌う人として、一曲聴かせてみんなにわかってもらいたい、という気持ちが強くなったんですよね。

あの名言の裏に隠された本当の優しさとは!?

――なかなか思い通りに伝えることって難しいですよね。番組の中で名ゼリフとなっている「握手意外に触れたいと思わない」という言葉も、他に意図があったのでは?

住岡 本人(今井洋介)は「大丈夫だよ」と言ってましたけど、自分でもまぁひどいなぁと思いました(笑)。かといってあれ以外に言えることがあったかというと、なかったんですけど…。ただ、洋さんの握手はいつも“わかりあえたね”って確認する握手だったり、“よろしく”だったり“ありがとう”っていう意味の握手だったりするんです。信頼の握手っていう意味で、その“握手”は大事だなって思いました。あの言葉は、だからハグしなかったのねっていう納得の言葉でもあるし、いちばん突き放す言葉でもある。でも、家族としては大切に思っているよ、とか……いろんな意味を込めたらあんな言葉になっちゃった(笑)。本人も納得いっていないようなんで(笑)、私の口からいくら言おうと…すいませんでした!でも、あれだけまっすぐ来られたらまっすぐ返さなきゃと思ったんですよね。

――思いやりを感じます。カップリング「センチメンタル」も意外な一面の見える歌ですね。

住岡 これは自分自身に対して“立ち上がれ、住岡!”って曲です。「言葉にしたいんだ」は“人に支えられて成長しました、ありがとう”という気持ちなんですけど、「センチメンタル」は泣いてる自分にも泣いてる人にも“まっ、そういうときもあるけど、それはそれ。はい次!”っていう、自分を落ち着かせるような歌なんですよね。悩みや悲しさをいちいち重くしてたら、立ち直るのに時間がかかってしまうので、“そういう時もあるよ!”って気持ちを軽くして、次へ行こうよっていう歌ですね。

――一番新しい想いと、自分のベースである考え方を曲にできた今回のシングルで、また成長したなと自分自身で思えたのでは?

住岡 ちゃんと足跡を残してこれたな、という感じですね。テレビで私を知ってくれて、人生で初めてライヴに来たという人もいるんです。そういう人達にもっと音楽に浸かってほしい。私も人に何かを与えられる立場なのかなって思えるようになったので、これからは聴いてくれる人にとって、“一緒にいて楽しいね”って言えるような存在でありたいなと思います。

RECOMMEND

【インタビュー】テラスハウス卒業!様々なことに挑戦し続ける宮城大樹の素顔に迫る

『テラスハウス』(フジテレビ系)卒業ソング「言葉にしたいんだ」の完成を持って同番組を卒業した住岡梨奈。本作は、口下手だと語る住岡が、テラスハウスで過ごした日々を形に残したいと思って制作された1曲だ。彼女が、“言葉にしたい”と思うようになるまでの葛藤や、卒業を決 . . . 続きを読む

元格闘家の宮城大樹に聞いた、女性におススメのダイエット法BEST3

『テラスハウス』(フジテレビ系)卒業ソング「言葉にしたいんだ」の完成を持って同番組を卒業した住岡梨奈。本作は、口下手だと語る住岡が、テラスハウスで過ごした日々を形に残したいと思って制作された1曲だ。彼女が、“言葉にしたい”と思うようになるまでの葛藤や、卒業を決 . . . 続きを読む

元テラスハウスメンバーの宮城大樹に聞いた、聴くと気持ちが上がる楽曲BEST3!

『テラスハウス』(フジテレビ系)卒業ソング「言葉にしたいんだ」の完成を持って同番組を卒業した住岡梨奈。本作は、口下手だと語る住岡が、テラスハウスで過ごした日々を形に残したいと思って制作された1曲だ。彼女が、“言葉にしたい”と思うようになるまでの葛藤や、卒業を決 . . . 続きを読む

chayのテラスハウスに持参しているお気に入りアイテムBEST3

『テラスハウス』(フジテレビ系)卒業ソング「言葉にしたいんだ」の完成を持って同番組を卒業した住岡梨奈。本作は、口下手だと語る住岡が、テラスハウスで過ごした日々を形に残したいと思って制作された1曲だ。彼女が、“言葉にしたい”と思うようになるまでの葛藤や、卒業を決 . . . 続きを読む

【インタビュー】chay 試練を超えた先に見たもの―― 崖っぷちシンガーの快進撃が今、始まる

『テラスハウス』(フジテレビ系)卒業ソング「言葉にしたいんだ」の完成を持って同番組を卒業した住岡梨奈。本作は、口下手だと語る住岡が、テラスハウスで過ごした日々を形に残したいと思って制作された1曲だ。彼女が、“言葉にしたい”と思うようになるまでの葛藤や、卒業を決 . . . 続きを読む

元テラスハウスメンバー宮城大樹が、ViViモデルの姉との共演で舞台デビュー

『テラスハウス』(フジテレビ系)卒業ソング「言葉にしたいんだ」の完成を持って同番組を卒業した住岡梨奈。本作は、口下手だと語る住岡が、テラスハウスで過ごした日々を形に残したいと思って制作された1曲だ。彼女が、“言葉にしたい”と思うようになるまでの葛藤や、卒業を決 . . . 続きを読む

『テラスハウス』メンバー・今井洋介がCDデビュー!番組内で弾き語りで披露した「手をつなごう」が原曲

『テラスハウス』(フジテレビ系)卒業ソング「言葉にしたいんだ」の完成を持って同番組を卒業した住岡梨奈。本作は、口下手だと語る住岡が、テラスハウスで過ごした日々を形に残したいと思って制作された1曲だ。彼女が、“言葉にしたい”と思うようになるまでの葛藤や、卒業を決 . . . 続きを読む

“まいまい”ことchayが、パンテーンの新CMソングを記念イベントで初披露

『テラスハウス』(フジテレビ系)卒業ソング「言葉にしたいんだ」の完成を持って同番組を卒業した住岡梨奈。本作は、口下手だと語る住岡が、テラスハウスで過ごした日々を形に残したいと思って制作された1曲だ。彼女が、“言葉にしたい”と思うようになるまでの葛藤や、卒業を決 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense