• ミュージック
  • 【インタビュー】テツandトモ “なんでだろう”芸人が本格的歌手に!“紅白”目指して二足の草鞋で突き進む
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2014.02.25

【インタビュー】テツandトモ “なんでだろう”芸人が本格的歌手に!“紅白”目指して二足の草鞋で突き進む

トレードマークの赤と青のジャージ姿で、日常の何気ない疑問について「なんでだろう~♪」と歌い踊るスタイルで一世風靡したテツandトモ。2003年には、シングル「なんでだろう~こち亀バージョン~」をリリースし、瞬く間にお茶の間にその名を浸透させた。あれから11年――当時から、歌声に高い評価を得ていた彼らが、アーティストとして本格的に歌手活動をスタートさせる。そんな彼らに、活動に至るまでの経緯や、今後の目標などを聞いてみた。ノリツッコミが入り混じった爆笑トークでお届け!!

文/星野彩乃

まさかのドッキリ!?動き出した本格歌手活動への道

――「桜前線」は、歌謡曲となっていますが、本作がリリースされることになった経緯を教えていただけますか?

トモ 昨年の3月にテレビ東京の『カラオケ★バトル』という番組に一人ずつ出演させていただいたときに、偶然、作詞家の渡辺なつみさんが観ていらして。
テツ 先にあごの長い僕が、五輪真弓さんの「恋人よ」をしゃくれぎみで歌っていたわけですよ~(笑)。
トモ これはひどいわって、テレビを速攻消して……。
テツ ちゃうちゃうちゃう、そしたらそこですべて終わっちゃうから(笑)。
トモ そのときに僕ら二人と一緒にやりたいと思っていただいいて、5月に渡辺さんのお宅の近くに営業にいったときに、楽屋にいきなり来てくださり「私はこういうものなんですが、一緒に歌やりませんか?」って。
テツ でも、そんな夢みたいな話、あり得ないんじゃないのかな?って。「私がこうして足を運んだのは初めてのことなんです」と言っていただいたりしたんですけど、その瞬間は、それがどれだけすごいことか、何が起こっているのかまったく把握できなくて。

――渡辺なつみさんといえば、安室奈美恵さんやBoAさんなどの作詞を手掛ける、ポップス界の大御所、作詞家さんですよね。

トモ そうなんですよ。まさかそんな偉大な方がわざわざ僕らのために足を運んでくれるとは思わないじゃないですか?これはドッキリじゃないのかなって。
テツ 疑いまくりですよ~。
トモ 正直、今もどっかにカメラついてるんじゃないかって(笑)。
テツ (部屋を見渡し、いきなり立って)あそこ怪しいな~(笑)。

――いやいや、大丈夫ですから。

トモ 実は昨年の2月に僕らは結成15周年を迎えまして、そのときに記念ライヴを行ったんです。生バンドを入れて、ひたすら歌うという。
テツ 3時間45分。お笑いのネタをやらず、歌だけで(笑)。
トモ そして、「これからは、お笑いと同時に歌もやっていけるように頑張ります!」と言っていた矢先にこのお話をいただいたんです。
テツ でも、そのときはまだ発売されるレコード会社が決まっていなくて。レコーディングを先に行って、出来上がった作品を持って、レコード会社に売り込みにいったんです。

――そもそもテツさんは、お笑い芸人ではなく演歌歌手を目指されていたんですよね?まさに今回、念願が叶ったわけですが。

テツ いや、まだ僕はどっきりじゃないかと疑ってますから(笑)。
トモ ここまで壮大なドッキリだったら、逆に俺、感心するわ~。

――今回はおなじみのジャージも脱いで、アーティスト、テツandトモとして新たなスタートを切ったお二人のインタビューをさせていただくつもりだったのですが……。

トモ バッチリ、ジャージ着てますね(笑)。(※取材当日は、お馴染みのジャージを着用)
テツ “なんでだろう~!?”ですよね(笑)。

――あははは。さすが「なんでだろう!?」の威力は相変わらずすごいですよね。

トモ 「なんでだろう!?」を歌い始めたのは16年前だったんですけど、そのときに聴いてくれていた子供たちが今、大学生になって、学祭とかに僕らを呼んでくれるんですよ~。
テツ 最近は、社会人になって子供と一緒にライヴに来てくれるファンの人も多くて、毎回感動しますね。
トモ 16年、この赤青ジャージだけでやってきましたからね!
テツ 「これからは歌1本でやっていかれるんですか?」とよく聞かれるんですけど、あくまでもお笑いと歌、両方で活動していきたいなと。
トモ 二刀流ですね。

歌謡曲全盛期を思い出させる「桜前線」で目指せ“紅白”!

――では、改めて今作の聴きどころを。

トモ 初めて聴いたとき、純粋にうわ~いい曲だなって。
テツ この曲を僕らが歌わせていただけるんだ!って、幸せな気持ちがこみ上げてきましたね。作曲家の浜圭介先生といえば、八代亜紀さんの「雨の慕情」とか「舟歌」とか、大ヒット曲を生み出された方で。「桜前線」も、僕らが子供のころに聴いていた歌謡曲全盛期の頃を彷彿させる懐かしさがありつつ、聴いていると自然と情景が浮かんできて、それぞれの想いを重ねやすい曲だなって。歌いながら、自分が過去に好きだった人に馳せる切ない感情がブワ~ッと。
トモ きましたね。叶わなかった恋を歌った淋しい曲で、レコーディングのときは、女性目線で歌ったんですけど、<今もあなたが吹き抜けます>って言いながらも、ちゃんとその後にこうやって元気に生きていますっていう、応援ソングとしてもみなさんに受け止めていただけたらうれしいです。自分のいろんな人生を振り返って、いろんなことがあったけど、また新たな夢や目標に向かって頑張ろうよ!という。

――ご自身たちで、長年愛されてきた秘訣はどこだと思われますか?

トモ よく言われるのは、下ネタを言わない、頭を叩いたりしないから、おじいちゃんおばあちゃん、親御さんが子供と一緒に安心してイベントを見に行けるって言ってくださいますね。
テツ あとは、音楽と動きのわかりやすさじゃないですかね。冠番組を持つことが目標ではなかったのも、良かったのかもしれないですね(笑)。

――そんなお二人がこの先目指す、新たな夢、目標とは?

トモ 2003年に『NHK紅白歌合戦』に出させていただいて、“紅白”は僕らの最終目標だったので、直後は夢が叶ったことで、“ボーッ”と頭が真っ白になってしまったんです。でも、あのときはネタでの出場だったので、今回は歌手としてちゃんと“紅白”に出場したいです。
テツ 芸人なのに(笑)。
トモ そのためにも、この曲をたくさんの人に聴いていただかないと。
テツ どうする?やっぱりドッキリだったら?
トモ どうせなら、“紅白”出場した後に「これ、ドッキリでした」って言ってほしいね(笑)。
テツ いいね~最高だね~!!
トモ じゃあ、ついでに“レコード大賞”と“有線大賞”も(笑)。ドッキリじゃなく、夢を叶えたいですね。そして、「桜前線」をきっかけに、本格的にアーティスト活動をしていきたいと思っていますので、みなさんこれからもよろしくお願いします。

RECOMMEND

KAMIJO、ソロメジャーデビュー作品の4形態のジャケット一挙公開

トレードマークの赤と青のジャージ姿で、日常の何気ない疑問について「なんでだろう~♪」と歌い踊るスタイルで一世風靡したテツandトモ。2003年には、シングル「なんでだろう~こち亀バージョン~」をリリースし、瞬く間にお茶の間にその名を浸透させた。あれから11年― . . . 続きを読む

【インタビュー】T.M.Revolution デビュー20周年に向けて突き進む 自分を磨き続けたいと思う強い意志

トレードマークの赤と青のジャージ姿で、日常の何気ない疑問について「なんでだろう~♪」と歌い踊るスタイルで一世風靡したテツandトモ。2003年には、シングル「なんでだろう~こち亀バージョン~」をリリースし、瞬く間にお茶の間にその名を浸透させた。あれから11年― . . . 続きを読む

大人気ゲームアプリ“ときレス”から誕生したアイドル3 Majesty&X.I.P.がCDデビュー!!

トレードマークの赤と青のジャージ姿で、日常の何気ない疑問について「なんでだろう~♪」と歌い踊るスタイルで一世風靡したテツandトモ。2003年には、シングル「なんでだろう~こち亀バージョン~」をリリースし、瞬く間にお茶の間にその名を浸透させた。あれから11年― . . . 続きを読む

【インタビュー】ユナク 超新星のリーダーが見せるLOVEの形 ソロアーティストとしての新たなはじまり

トレードマークの赤と青のジャージ姿で、日常の何気ない疑問について「なんでだろう~♪」と歌い踊るスタイルで一世風靡したテツandトモ。2003年には、シングル「なんでだろう~こち亀バージョン~」をリリースし、瞬く間にお茶の間にその名を浸透させた。あれから11年― . . . 続きを読む

【インタビュー】SuG 活動休止期間を経て再びステージへ “新星SuG”が魅せる新たな形<前編>

トレードマークの赤と青のジャージ姿で、日常の何気ない疑問について「なんでだろう~♪」と歌い踊るスタイルで一世風靡したテツandトモ。2003年には、シングル「なんでだろう~こち亀バージョン~」をリリースし、瞬く間にお茶の間にその名を浸透させた。あれから11年― . . . 続きを読む

【インタビュー】GACKT 大切な人への贈り物は“ボクの遺言” 渾身の想いを込めた究極のラブソング

トレードマークの赤と青のジャージ姿で、日常の何気ない疑問について「なんでだろう~♪」と歌い踊るスタイルで一世風靡したテツandトモ。2003年には、シングル「なんでだろう~こち亀バージョン~」をリリースし、瞬く間にお茶の間にその名を浸透させた。あれから11年― . . . 続きを読む

“まいまい”ことchayが、パンテーンの新CMソングを記念イベントで初披露

トレードマークの赤と青のジャージ姿で、日常の何気ない疑問について「なんでだろう~♪」と歌い踊るスタイルで一世風靡したテツandトモ。2003年には、シングル「なんでだろう~こち亀バージョン~」をリリースし、瞬く間にお茶の間にその名を浸透させた。あれから11年― . . . 続きを読む

【インタビュー】家入レオ “守りたいもの”ができて生まれた 大人になるための決意

トレードマークの赤と青のジャージ姿で、日常の何気ない疑問について「なんでだろう~♪」と歌い踊るスタイルで一世風靡したテツandトモ。2003年には、シングル「なんでだろう~こち亀バージョン~」をリリースし、瞬く間にお茶の間にその名を浸透させた。あれから11年― . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense