• エンタメ
  • 桐谷美玲×山﨑賢人の月9に胸キュン、若手俳優の青春に胸アツ…夏ドラマを徹底分析!!
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2016.06.30

桐谷美玲×山﨑賢人の月9に胸キュン、若手俳優の青春に胸アツ…夏ドラマを徹底分析!!

リオ五輪も控える2016年夏の連続ドラマは、あらゆる方向から“熱く”なれそうな作品が目白押し。往年の名作に新しい目線を加えて描かれる黒島結菜主演の『時をかける少女』(7月9日スタート/日本テレビ系)や、青春ドラマの傑作『ROOKIES』(TBS系)スタッフが再結集して送る寺尾聰主演の『仰げば尊し』(7月17日スタート/TBS系)、韓国で爆発的な人気を得た作品を中島裕翔(Hey! Say! JUMP)主演で日本版にリメイクした『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(7月17日スタート/フジテレビ系)など、俳優の人気&知名度からだけでは測れない未知数の注目作が多い。様々なジャンルに分けながら7月期ドラマの傾向を見ていこう。

■観るものを虜にする予測不能のストーリー

最初に挙げる“熱い”ジャンルは、先の展開が読めないハラハラドキドキなミステリー。突然、自分の人生を何者かに乗っ取られてしまった男性の戦いを描く藤原竜也主演の『そして、誰もいなくなった』(7月17日スタート/日本テレビ系)だ。藤原といえば映画『カイジ』シリーズや『僕だけがいない街』など、追い込まれ系な主演作が多い実力派俳優。今作でも仕事もプライベートも順風満帆だった生活がひっくり返り、命まで狙われることになるシステム会社の研究員・新一を演じる。住民票や戸籍が別人に乗っ取られ、過去の経歴も何もかもが消されてしまった新一。自分が自分であると証明するものが無くなった彼に救いの手を差し伸べようとする友人たちすら、次の瞬間には消えていなくなり…。誰が信頼できて誰が裏切るのか全くわからない、実に巧妙なストーリー展開が今作の最大の特徴。重要なレギュラーメンバーだと思っていた人物が「ここで!?」というタイミングで裏切ったり死んでしまったりする過激な流れも多々あるのだとか。先が読めないジリジリ感と新一のギリギリの逆転劇に胸を焦がされるに違いない。

先が読めないドラマということでもうひとつ注目したいのが、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』、『世界一難しい恋』(日本テレビ系)での好演も目立った女優・波瑠が主演の刑事ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(7月12日スタート/フジテレビ系)。猟奇殺人事件の解明に立ち向かう刑事の物語、と書けば「あーハイハイ、謎解き系ね」とだけ思われそうだが、今作の最大の味は主人公の比奈子(波瑠)自身が猟奇的な闇を持っていることにある。事件捜査を行う陰で“人を殺す者と殺さない者の境界線”を見極めようとする新人刑事の異常な目線は、ゾクゾクすること必至。前向きで清純なイメージが強い波瑠の熱演にも期待がかかる。

■実力派女優が魅せる、胸に迫るリアルな演技に注目

その“女優の熱演”視点から気になる作品もいくつか。尾野真千子が『家政婦のミタ』(日本テレビ系)などで知られる脚本家・遊川和彦と初タッグを組む『はじめまして、愛しています。』(7月14日スタート/テレビ朝日系)は、特別養子縁組が題材。尾野と江口洋介が演じる夫婦が、実の親に捨てられ自宅の庭に現れた5歳の男の子を葛藤の上に引き取って育てることを決める。養子縁組の厳しい制度や本当の家族とは何か?が浮き彫りになる、観る側の心にもグッと迫ってくるリアルホームドラマ。尾野扮する主人公・美奈のストレス発散法が、便器に向かって絶叫すること、という遊川脚本らしい独特の過激さも物語のいいエッセンスになりそう。

加えて、『営業部長 吉良奈津子』(7月21日スタート/フジテレビ系)に主演する松嶋菜々子の熱演も気になるところ。彼女が挑むのは、結婚と出産を経て職場復帰した40代の奈津子。ママでもありキャリアウーマンでもあるという女にとっては理想の環境になったはずが、職場ではプライドを粉々にされ、家庭では育児が満足にできないことを責められ…。社会現状を巻き起こした『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(同系)の脚本を手がけた井上由美子が贈る女性ドラマ。原田泰造演じる夫がベビーシッター(伊藤歩)に誘惑される!?というドロドロ要素も交えつつの女のリアルな戦いに注目したい。

■青春ドラマ発!ブレイク必至の若手俳優陣にも期待

さらに夏といえば欠かせないのが青春ドラマ。冒頭に挙げた寺尾主演の『仰げば尊し』は、校内暴力がはびこる高校の吹奏楽部を舞台に展開される友情作。元サックス奏者の樋熊(寺尾)が、暴力事件を機にバンド活動を辞め不良グループになってしまった高3男子らを更生させるために立ち上がる。その生徒役に臨むのは、映画『ちはやふる』シリーズも好調な真剣佑、村上淳とUAの息子で映画界では早くも演技派として注目を集めている村上虹郎、DISH//としての音楽活動も目覚ましい北村匠海ら。『ROOKIES』では同作をきっかけに一躍人気を高めた俳優陣が続々と輩出されただけに、ここでもどんな新スターが生まれるのか大いに楽しみだ。そして青春といえば“月9”の『好きな人がいること』(7月11日スタート/フジテレビ系)も見逃せない。職をなくしたパティシエの美咲(桐谷美玲)が、初恋の人の家で住み込みのアルバイトを行うことに。さらにその家には、ほかにふたりのイケメン兄弟がいて…。湘南のレストランを舞台に展開される、キラッキラな王道ラブコメディ。まさに夏にピッタリな暑い(熱い)作品といえる。

他にも山田孝之が闇金社長を演じる人気ダークシリーズ『闇金ウシジマくん Season3』(7月17日スタート/MBS、7月19日スタート/TBS)、武井咲&滝沢秀明(タッキー&翼)がまだまだブーム(?)の火が衰えない禁断の恋を描く『せいせいするほど、愛してる』(7月12日スタート/TBS系)など、観てみたい作品は盛りだくさん。どの作品がアナタのこの夏を最も熱くさせてくれるのか、ぜひ注目の初回からチェックしてみて。

文/林福子

関連リンク

【ニュース】山田孝之主演ドラマ『闇金ウシジマくん Season3』特別映像解禁!史上初の4サービスで見逃し配信も決定!!
【トレンド分析】2016年ブレイク必至の俳優・女優を大予想!今年も若手俳優の活躍に期待大!!
【コラム】ドラマ“99.9”や“グッドパートナー”などの泥臭い調査・検証は本当にあそこまでやっている?実際の弁護士に聞いてみた!
【ランキング】『dTV』で観られる胸キュンドラマBEST3!
RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense