• ミュージック
  • 【インタビュー】JUNHO(From 2PM)色鮮やかな魅力を放つソロ第2作 伝えたいのは心からの想い
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2014.07.09

【インタビュー】JUNHO(From 2PM)色鮮やかな魅力を放つソロ第2作 伝えたいのは心からの想い

1stソロミニアルバム『キミの声』から約一年を経て、JUNHO(From 2PM)が帰ってきた!ファン待望の2ndソロミニアルバム『FEEL』が7月9日に発売となる。前作同様に、作詞作曲し、プロデュースまで担当した本作は、キラキラした躍動感でいっぱい!アップテンポ、ミディアムチューン、バラードナンバーなど、全6曲がそれぞれ独自の色で輝いている。「いろんな音楽をやってみたい。不安はない」と語るJUNHOにインタビューした。

文/洲崎美佳子

「表現したのは、今の自分自身が感じていること。ジャンルにとらわれたくない」

――約1年ぶりの作品ですが、今作『FEEL』にはどんな気持ちを込めたのでしょうか?

JUNHO 前回に続いて今回もセルフプロデュースしたのですが、今の自分自身が感じていること、今いる環境や年齢から生まれる考え方や価値観を表現しました。前作の『キミの声』がカジュアルで爽やか作品だったとしたら、『FEEL』はポップな面だったり、アクティブな面を盛り込めたと思っています。僕はいろんな音楽を聴いてみたいと思うし、やってみたいとも思う。なので、制作する時はジャンルにとらわれないようにしようと心がけています。

――サウンドの変化はあってもメロディが立っているので、良質なPOPSにこだわっている感じがしました。いろんな音楽に挑戦するのは、時に勇気が必要だと思うのですが。

JUNHO 不安的なものはないですね。自分自身の音楽を作り出して間もないですし、今は自分の中にある様々なものが沸き上がってきて、それらを形にしたい気持ちが強いので。

――セルフプロデュースについては前回よりもスムーズにいきましたか?

JUNHO 前回のミニアルバムは初めてということもあって、僕もスタッフも慎重になっていましたが、今回、制作期間は短かったけれど、スムーズに作業できました。曲を作ることもつらいと思ったことは一度もなかった。本当に楽しく制作できましたね。その仕上がりにとても満足しています。

――JUNHOさんが制作時に感じた楽しさも封じ込められた作品になっているんですね。作詞、作曲で気をつけたことはありますか?

JUNHO 曲に関しては、自分自身の感情を音楽としてうまく表現できているか、というのを常に気にしています。今回もホン・ジサンさん(作曲家)と一緒に曲作りをしたのですが、僕がある程度のメロディを作ったうえで、あれこれ意見交換して完成したものもあれば、ゼロからふたりで作ったものもあります。歌詞に関しては、「Next to you」に一番伝えたかった想いが込められています。まさに今の僕自身の話。家族やファンの皆さんをはじめ、僕を愛してくれる人に向けて作ったので、その想いが届けばいいなと思っています。

――制作期間があまりなかった分、集中力が必要だったと思います。どのようにして、集中力を高めたのですか?

JUNHO とりあえず、時間があればホン・ジサンさんの作業部屋へ行く。食事もほぼそこで済ませていたんですよ(笑)。そのくらい、作業部屋は僕にとっては居心地のいい場所。ホン・ジサンさんとはお互いがまだプロになる前から仲良くさせてもらっている、お兄さん的存在なのですが、ふたりで遊びにも出かけたり、一緒に作業したり、たくさんの時間を過ごすようになって友人のような関係になりました。

「眠いのは耐えられるけど、お腹が空くのは耐えられない(笑)」

――今回の制作で新たに気づいたことはありましたか?

JUNHO 眠いのは耐えられるけど、お腹が空くのは耐えられないことがわかりました(笑)。あと、これは今回発見したことではないですが、できないときはできないということ。無理矢理作っても途中で投げ出してしまったり、翌日聴いたらひどい出来に思うことが多いですね。

――JUNHOさんの空腹を満たしてくれたメニューが気になります。

JUNHO 作業部屋のすぐ隣のカルグクス専門店(※韓国で食べられている麺料理の一種)にしょっちゅう行っていました。たぶん、僕らが一番よく行っていたんじゃないかな。それと、君子洞(クンジャドン)という美味しいお店がたくさんあるところに行って“今日はこの店”と食べ歩きみたいなこともしました。

――それは楽しそうですね。では本作『FEEL』を色に例えるとしたら何色?

JUNHO 虹です。いろんな色がつまっているので。カラフルでキラキラした感じだと思いたいです(笑)。

――リリースされる頃は梅雨も明けていそうですが、今作から夏にぴったりな曲をあげていただけますか?

JUNHO もちろん「FEEL」です! 一辺倒なビートやトレンディなサウンドにするだけではなく、聴いた時にどこか懐かしさを感じてもらえるようにしたくて作ったのですが、夏に聴いたら爽快な気分になれるメロディだと思います。

――MVはストリートやクラブと、シーンに変化がありますね。

JUNHO  MVも僕がアイデアを出して作っていきました。シーンが次々に変わっていく中で、ファンタジー的な要素も込めたいと思っていました。シーンがつながっていく物語的なものにしなかったのは、曲の展開の変化に合わせたからです。

――ちなみに、アップナンバーとバラード、どちらがご自身に合っていると思いますか?

JUNHO じつは、僕にはどのジャンルの歌が合っているのだろうと考えることがあって。ジャンルにこだわらずたくさんの音楽を聴くので、どっちの曲調の方がいいというのは選びづらいですね。より歌いやすくて、笑顔で歌えるものは、2PMでいうと「SAY YES」や「HEY YOU」です。今の自分にしっくり来るのかなぁという気がします。今回のミニアルバムの中では「FEEL」と「Dangerous」。パフォーマンスをどう作るかで表情が変わる曲だと思います。

――最後に、今作でリスナーの皆さんに何を感じてほしいですか?

JUNHO 今の僕、そして僕の心です。ツアーではさらに『FEEL』を感じてもらえるよう、いろんなものを盛り込めるよう努力しているので、楽しみにしてください。

関連リンク

公式サイト
RECOMMEND

2PMのJUNHOのソロツアー、札幌よりスタート 9日発売の新作『FEEL』からいち早く新曲を披露

1stソロミニアルバム『キミの声』から約一年を経て、JUNHO(From 2PM)が帰ってきた!ファン待望の2ndソロミニアルバム『FEEL』が7月9日に発売となる。前作同様に、作詞作曲し、プロデュースまで担当した本作は、キラキラした躍動感でいっぱい!アップテ . . . 続きを読む

Jun. K(From 2PM)が最近ハマっている日本食BEST3

1stソロミニアルバム『キミの声』から約一年を経て、JUNHO(From 2PM)が帰ってきた!ファン待望の2ndソロミニアルバム『FEEL』が7月9日に発売となる。前作同様に、作詞作曲し、プロデュースまで担当した本作は、キラキラした躍動感でいっぱい!アップテ . . . 続きを読む

【インタビュー】Jun. K(From 2PM) 2PMのリードボーカリストが放つ センス抜群の稀有なる才能

1stソロミニアルバム『キミの声』から約一年を経て、JUNHO(From 2PM)が帰ってきた!ファン待望の2ndソロミニアルバム『FEEL』が7月9日に発売となる。前作同様に、作詞作曲し、プロデュースまで担当した本作は、キラキラした躍動感でいっぱい!アップテ . . . 続きを読む

【ライヴレポ】Jun. K、ソロツアー最終日で見せた無限の才能 「僕は本当に幸せなやつです」

1stソロミニアルバム『キミの声』から約一年を経て、JUNHO(From 2PM)が帰ってきた!ファン待望の2ndソロミニアルバム『FEEL』が7月9日に発売となる。前作同様に、作詞作曲し、プロデュースまで担当した本作は、キラキラした躍動感でいっぱい!アップテ . . . 続きを読む

【ライヴレポ】2PMの後輩GOT7、両国国技館でショーケースライヴ 「今日は僕らの新しい記念日」

1stソロミニアルバム『キミの声』から約一年を経て、JUNHO(From 2PM)が帰ってきた!ファン待望の2ndソロミニアルバム『FEEL』が7月9日に発売となる。前作同様に、作詞作曲し、プロデュースまで担当した本作は、キラキラした躍動感でいっぱい!アップテ . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense