• エンタメ
  • 【インタビュー】川口春奈 抜群の演技力で難役に挑む! “隣人に注意”警報発令中!!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2016.06.18

【インタビュー】川口春奈 抜群の演技力で難役に挑む! “隣人に注意”警報発令中!!

20160601_01_banner_kawaguchiharuna

衝撃のサスペンススリラー映画『クリーピー 偽りの隣人』が6月18日に公開される。未解決の一家失踪事件の唯一の生き残りを演じた川口春奈は、その演技力を監督・黒沢清から称賛されていた。というのも、回想シーンを使わない本作において語られる過去は川口演じる早紀のセリフがすべて。しかもセリフ量も膨大。そんな難役にも落ち着き払った芝居で見事に演じきっているのだ。ちなみに、インタビューでは落ち着いた部分と、チャーミングな部分を見せてくれた彼女。身の毛がよだつ“クリーピー”な体験談も語ってくれました。

文/根岸聖子

【川口春奈 読者プレゼント企画開催】
川口春奈からサイン入りチェキをプレゼント!6月17日、18に掲載されたランキング&インタビュー記事にキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、プレゼント企画記事をチェック!

完成された映画は想像以上 難役で感じたプレッシャー

creepy-saki——映画『クリーピー 偽りの隣人』では説明台詞も多く、非常に難しい役柄を演じていましたが、撮影現場はどんな感じでしたか?
川口 私が関わるシーンは4日間くらいで撮影を終えたのですが、今まで関わった作品とはまた違った雰囲気の現場でした。監督の言葉を聞いて、イメージを近づけるよう頑張りましたが、プレッシャーも大きく、かなり緊張していました。長回しでの撮影も多く、自分がミスをしてしまうと、また最初からやり直しになってしまうので。ただ、現場の空気自体は、ピリピリした感じではまったくなかったです。映画自体は、とても生々しいシーンも多いのですが、入り込みやすく、集中しやすい環境でした。
——謎の多いストーリーに観る人を引き込む役割も担っていましたが、特に意識した部分というのは?
川口 過去を思い返したり、記憶を辿るときの表情や、思い出したくないけれども知りたいという、いろんな感情が入り交じっているところが出せたら…という話し合いをしたので、意識していたのもそこですね。
——共演シーンの多かった西島秀俊さんとは、どんな会話をしましたか?
川口 当時、私が出演していたドラマを観てくれているとか、そんな話をしました。私も現場で共演者の方とお話しするのは好きなのですが、今回、私の役は台詞量が多かったので、ずっと(台本を)読んでいて。
——重めの作品が続いた時期だったんですね。
川口 そうですね。連続ドラマの『探偵の探偵』(フジテレビ系)を1クールやって、映画の撮影はその直後だったと思います。血とかいっぱい見ていた気がします(笑)。緊張はしますが、違う現場に入ると新しいことが吸収できるので、嬉しかったです。
creepy7——完成した作品を観て、改めて気になったところ、ここは見どころだなと思ったのは?
川口 香川(照之)さん演じる西野の家の中で、実際は何が行われていたのかがわかるところですね。私は関わっていないシーンだったので、観ていてすごく刺激が強くて、おもしろかったです。どうやって撮影していたんだろう!?と、すごく気になりました。台本で結末は知ってはいたけど、音の効果とかも含めて、実際の迫力は想像以上でした。

隣人には要注意!自身のクリーピーな体験談を告白!!

creepy1——こういったサスペンススリラーというジャンルは好きですか?
川口 はい。ホラーも含めて、先が読めなくてハラハラする作品は好きです。ドキドキするようなスピード感がおもしろいんですよね。気になる作品があれば家で観たり、ひとりでも映画館に観に行ったりしています。『クリーピー 偽りの隣人』はホラーとは違うけど、こんな風にゾクッとするような作品は初めてだったし、自分の新しい一面が出せたと思うので、今後もっともっと、携わっていきたいです。
——香川さんが演じた西野のような、得体の知れない人物にも挑戦してみたい!?
川口 香川さんのお芝居は本当にすごいので、自分があれをできるかと言われると、相当ハードルが高いですね。でも、経験できたら、お芝居の幅が更に広げられると思うので、サイコパスみたいな役にも、今後挑戦できたら嬉しいです。作品を観て、そう感じました。興味はすごくあります。
——今作では得体の知れない“隣人”が描かれていますが、川口さん自身、自分の隣人、ご近所さんが気になったりというのは?
川口 自分の一番近いところに、こんな人がいたとしてもおかしくない世の中でもあるので、この作品を観て、余計に怖くなりました。近くに住んでいるのはどんな人だろう!?っていうのは、常に気になるタイプなんですよ。なので、自分の生活音で隣人に迷惑にならないようにっていうのも気をつけていますね。よく遅くまで映画やテレビを観ていたりするので。
creepy3——川口さん自身、クリーピー(身の毛もよだつ)な経験をしたことはありますか?
川口 特にないんですけど、今の家に引っ越してから、フロアで住人と会ったことがなかったんです。それがこの間、初めて向かいの家からゴミ袋を持ったおじさんが出てきて、バッタリ鉢合わせをして。「こんにちは」って挨拶したら、無視されたんですよ。絶対に聞こえているはずなのに、あれ!?って。しかも無表情だったんです。それが少し気になっていて、もし、こんな映画みたいなことが起こったらどうしよう!?って悪いほうに想像してしまいました(笑)。多分、気にしない人はしないと思うのですが、私はわりと気になってしまうほうなんです。隣人に限らず、日々そういう感覚です。
——地元との違いを感じているとか?
川口 そうですね。地元では回覧板を回していたり、ご近所さんはみんな知っている人だったので。東京に出てきてからは、自宅の玄関に入るまでは落ち着けない!っていう心境でいます(笑)。この映画を観て、やっぱり自分だけは大丈夫って思わず、怖いことがあるかもしれないと予想しつつ生活したほうがいいなと思いました。本当に、自分の隣人にこんな人、絶対にいてほしくないですね(笑)。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
2つ目→「一面」

応募の詳細>>【プレゼント企画】川口春奈  サイン入りチェキ プレゼント

関連リンク

【ランキング】川口春奈が結婚相手に求める理想の条件BEST3
【インタビュー】川口春奈 探偵の探偵を調査中!? アクションもできる女優になりたい
【ランキング】川口春奈が最近ハマっているアーティストBEST3
【ニュース】川口春奈が『家族ノカタチ』でウエディングドレス姿を披露!
RECOMMEND
20160220_01_banner_iitoyomarie

【インタビュー】飯豊まりえ ドキドキ、葛藤を重ねて役に挑戦! 女性として女優としての素顔

衝撃のサスペンススリラー映画『クリーピー 偽りの隣人』が6月18日に公開される。未解決の一家失踪事件の唯一の生き残りを演じた川口春奈は、その演技力を監督・黒沢清から称賛されていた。というのも、回想シーンを使わない本作において語られる過去は川口演じる早紀のセリフ . . . 続きを読む

takanashirin

ドラマ“ヒガンバナ”に出演する“腐女子”も“リケジョ”もこなす女優・高梨臨の素顔に迫る

衝撃のサスペンススリラー映画『クリーピー 偽りの隣人』が6月18日に公開される。未解決の一家失踪事件の唯一の生き残りを演じた川口春奈は、その演技力を監督・黒沢清から称賛されていた。というのも、回想シーンを使わない本作において語られる過去は川口演じる早紀のセリフ . . . 続きを読む

20160205_01_banner_kiritani_mirei

【インタビュー】桐谷美玲 二十歳から人生をリスタート!!ピュアな“青春”時代を取り戻します!

衝撃のサスペンススリラー映画『クリーピー 偽りの隣人』が6月18日に公開される。未解決の一家失踪事件の唯一の生き残りを演じた川口春奈は、その演技力を監督・黒沢清から称賛されていた。というのも、回想シーンを使わない本作において語られる過去は川口演じる早紀のセリフ . . . 続きを読む

takei-emi

武井咲×滝沢秀明初共演!7月クールで大人の恋愛ドラマに挑む

衝撃のサスペンススリラー映画『クリーピー 偽りの隣人』が6月18日に公開される。未解決の一家失踪事件の唯一の生き残りを演じた川口春奈は、その演技力を監督・黒沢清から称賛されていた。というのも、回想シーンを使わない本作において語られる過去は川口演じる早紀のセリフ . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense